ルバーブで漬物の作り方は?保存方法や期間も紹介!!

投稿日:

 

ルバーブという野菜をご存知ですか?

ルバーブには栄養がたくさん含まれていて、

今注目されている野菜です。

 

今回は、ルバーブを使った誰でも簡単に作れ

る漬物をご紹介します!

SPONSORED LINK

ルバーブって何?

ルバーブという野菜をご存知ですか?

初めて聞いたという方も多いと思うので、

ルバーブを簡単に説明しますね。

 

ルバーブ、見た目はフキの茎部分によく似て

います。ルバーブの方が、少し赤紫がかった

ような見た目をしています。

 

気にしていないから、見たことがないと思っ

ていても、ここ最近、スーパーでも売ってい

るので、買い物に行ったら、是非探してみて

くださいね。

 

その名前からして、

原産国は日本ではなさそうですよね。

ルバーブ自体は、シベリア南部で栽培されて

いたものでした。

 

日本では、長野県や北海道で多く栽培されて

いて、寒さに強い野菜だと言われています。

 

また、ルバーブは、日本名では食用大黄(ショク

ヨウダイオウ)と呼ばれていて、多年草なので、

毎年収穫することが出来るのですよ。

 

ルバーブ

 

 

ルバーブの栄養って?

ルバーブには、注目したい栄養がたくさん含

まれていて、健康にも良いですし、美容にも

良いと食事に取り入れる女性も増えています。

 

まずは、多くの女性が悩んでいる便秘です。

ルバーブには、食物繊維が大変多く含まれて

いるのが特徴です。

 

みなさんご存知だと思いますが、食物繊維に

は便秘解消に働く効能があり、またダイエット

中の方にも、食物繊維は満腹感を得られるの

で、おすすめです。

 

食物繊維と言えば、糖尿病や高血圧など、

糖やコレステロールを抑えてくれる効果もあ

ので、生活習慣病の予防はもちろんですし、

改善したいという方にも、ルバーブはおすす

めの食材です。

 

美肌になりたい方にも、ルバーブにはビタミン

Cが含まれているので、アンチエイジングにも

効果がありますよ。

 

むくみで悩んでいる方にも、カリウムという

成分が体内の余分な水分を排出してくれる

割があるので、おすすめです。

 

ルバーブは野菜ですが、カルシウムも多く含

まれているので、牛乳が苦手という方には、

良い食材になると思いますよ。

 

健康な歯や骨を作るために、お子さんはもち

ろんですが、骨粗しょう症予防に高齢者も積

極的にカルシウムは摂った方が良いです。

 

目の健康に、アントシアニンという成分が良

いのですが、ルバーブにもアントシアニンが

含まれており、視力維持や向上、PCやスマ

ホの見過ぎで疲れた目の回復にも役に立ちま

すよ。

 

目の病気で怖いのが、白内障や緑内障ですが、

そられ眼病予防としてもアントシアニンは積

極的に摂取した方が良いですよ。

 

このように、ルバーブの栄養には、生活習慣病

や女性に嬉しい栄養がたくさんあります。

 

 

ルバーブの漬物を作ってみよう

栄養豊富なルバーブを簡単に食べる方法として、

ルバーブの漬物がおすすめです。

とても簡単なので、作ってみてくださいね。

 

 

ルバーブの葉を食べるとよくない理由とは

なぜ葉を食べないのかと言うと、ルバーブの

葉にはシュウ酸が多く含まれています。

 

シュウ酸を多く摂取すると、体内に蓄積して

いたカルシウムと結びつき、結石や骨粗しょ

う症になりやすいと言われています。

 

ご注意!

ルバーブの葉を食べると中毒を起こすことも

あるようなので、葉は食べないように注意し

てくださいね。

 

<作り方>

今から、ご紹介するのは、

5人分で使うルバーブは7本になります。

量は、必要な分で調節して作ってみてくださいね。

 

  1. ルバーブは、茎だけ使うので、食べやすい
    ように皮を剥きましょう。

皮は、フキの筋を取るのと同じ要領で取ると

簡単に剥くことが出来ます。包丁で剥くと食

べる部分が減ってしまうので、手で剥くと良

いですよ。

 

  1. 皮を剥いたルバーブの茎は、食べやすい
    2センチくらいに切りましょう。
  2. 切ったら、ルバーブを塩10グラムで
    塩もみします。
  3. 塩もみしたら、ルバーブに塩20グラムを
    振って漬物の容器に入れます。

 

このような

重しのある容器を用意すると良いですよ。

作る量や重しの重さによって、漬ける時間は

異なりますが、2日漬ければ、ルバーブの漬

物の完成です。

 ルバーブ

 

 

ルバーブの漬物の保存方法と期間は?

ルバーブの漬物は、

作ったら冷蔵庫で保存しましょう。

 

漬けていると汁がたくさん出てくるので、

汁ごとジップロックなど密封容器で保存する

と漬物が空気と直接触れるのを防いでくれる

ので、長持ちしますが、それでも1週間以内

に食べるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-健康食, 料理, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.