生姜紅茶でダイエットできる?!効果と作り方を紹介!!


 

ぴりっと辛い生姜

豆腐などの薬味にしたり肉や魚の臭みをとってくれたりと

様々な料理の美味しさを支えてくれる存在です。

image002
そんな生姜を入れた生姜紅茶という飲み物をご存知ですか?

 

飲み物で生姜と言うとジンジャーエールの

イメージが強い方も多いかと思いますが、

生姜+紅茶にはなんとダイエット効果があると言われているのです!

 

ダイエットをしたい方だけでなく、冷え性にお悩みの方も必見!

生姜紅茶のダイエット効果と作り方についてご紹介していきます。

SPONSORED LINK


生姜紅茶はダイエットに効果があるの?

image004
生姜紅茶にはダイエットに繋がる作用があります。

まずは利尿作用。紅茶にも生姜にも利尿作用があり、

これによってむくみや体の冷えの原因となる余計な

水分を体外に排出し、水太りを解消してくれます。

 

そして体を温める作用。

体内の糖分や脂肪分を燃焼し、代謝をアップし、

発汗作用でデトックスにも繋がります。

デトックスについてはこちらをご覧下さい。

「デトックス効果とは?効果が得られる食べ物や飲み物を紹介!!」

 

生姜の辛味成分であるジンゲロールショウガオール

紅茶に含まれるテアフラビンに体を温める効果があるので、

生姜だけ紅茶だけの場合よりも

この2つを組み合わせることでさらに温め効果がアップします。

 

これらの作用によって

生姜紅茶のダイエット効果が期待できるのです!

 

ダイエットだけでなく、

体を温めることは様々な体の不調の改善繋がります。

冷えは万病のもと、とも言われるので、体を内側から温めることが

健康的な生活を送るうえで大切なことなのです。

 

 

作り方

生姜紅茶にはいろいろな作り方がありますが、

 

最も手軽なのはティーバッグで入れた紅茶に

チューブの生姜を入れる作り方です。

 

これならすぐにできるので簡単に続けられますね!

 

時間のある方はすりおろした生姜をしぼって、

絞り汁だけを入れると飲んだ時に繊維が気にならないのでおすすめです。

 

生姜紅茶(しょうがティー)の作り方(レシピ)03 – 冷え性改善に!


他にも乾燥生姜のスライスや粉末などを加える方法もあります。

 

ポットで紅茶を入れる場合は、ポットに茶葉と生姜を入れます。

もちろんカップに紅茶を注いでから

生姜を入れる飲み方でも大丈夫です!

 

生姜紅茶(しょうがティー)の作り方(レシピ)01 – 冷え性改善に!


1回にたくさん生姜を入れて飲むのではなく、

1日3~5杯程度に分けて

少しずつ生姜を入れて飲むようにするとお腹の負担にもなりません。

 

飲むタイミングは自由ですが、

朝や入浴前に飲むことをおすすめします。

 

甘みのない生姜紅茶が飲みにくいという方や

胃腸が弱くて刺激が心配な方は、

体を温める作用もある蜂蜜や黒砂糖で甘みをプラスしてみましょう。

 

他にも牛乳を加えてミルクティー、リンゴを入れて

アップルティーにするなどアレンジすると

飽きずに飲み続けることができます。

続けて飲むことが大切なので、いろいろ飲み方を工夫してくださいね!

 

関連記事

リンク:「風邪とさよならできる生姜湯の作り方」

リンク:「生姜ダイエット対決!!乾燥生姜VSチューブ!!」

リンク:「酢しょうがって体によいの?効果と作り方を紹介!!」

リンク:「生姜はどうやって保存すれば長持ちするの?保存方法と保存期間を紹介!!」

リンク:「家庭菜園でもできる生姜の栽培方法を紹介!!」

 

 -ダイエット, 健康, 健康食, 食べ物, 飲料

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

image001
メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

image002
男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、

image002
女性の名刺入れで相手を不快にさせないモノは?マナーを紹介!!

  社会人になって 初めて名刺を持つようになった時、 自分も社会の一員になったんだなぁ!と

image001
オリーブオイルで髪が健康になる?どんなヘアケア方法なのか紹介!!

  夏は紫外線によるダメージを受け、 冬は乾燥でパサつく髪の毛。   いろいろな

image006
オリーブオイルで便秘とさよなら!?おすすめの飲み方を紹介!!

  なにをしてもなかなか解消しない頑固な便秘。 特に身体が冷えて 内臓の動きが低下しやすく