牡蠣を塩で洗う良さとは?洗い方も紹介!!


 

お鍋にフライ、寒くなってくると牡蠣のシーズン。

美味しいだけでなく、

「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣

積極的に摂りたい食品の1つでもあります。

image002
 

ご家庭で牡蠣を調理する際、

みなさんはどのように牡蠣を洗っていますか?

 

牡蠣の洗い方はいろいろありますが、

「真水では洗わない」というのが基本です。

 

浸透圧の関係で、

真水で洗った牡蠣は膨れてしまい、

加熱すると縮んでしまいます。

 

そうならないために

真水以外で洗うのが鉄則ですが、

今回は塩で洗う方法についてご紹介していきます。

 

塩ならだいたいどのご家庭にも

常備しているものですし、

塩で洗うことによる良さもありますよ!

 

きちんと洗って美味しくいただこう!

牡蠣を塩で洗う方法についてご紹介していきます。

SPONSORED LINK


牡蠣を塩で洗う良さとは?

image003
牡蠣を塩で洗うことの良さは3つあります。

まず、塩は常備しているご家庭が多いので

特別に用意する必要がないこと。

 

塩以外には大根、片栗粉などで洗う方法が有名ですが、

どちらも常備していないこともあるものですよね。

 

家にあるものですぐできるというのは

塩洗いの良さです。

 

次に塩で洗うことで

牡蠣の成分の流出を防ぐことができます。

 

真水で洗うと牡蠣が膨らむのは

牡蠣の成分の流出によるもの。

見た目はふっくらして美味しそうになりますが、

味は水っぽくなり、せっかくの牡蠣の美味しさが

損なわれてしまいます。

 

塩水で洗えば牡蠣の成分を流出させることなく、

美味しさをキープすることができます。

image006
そして最後に塩水だと牡蠣のぬめりを

とりやすいということがあげられます。

 

水に溶けにくいぬめりも、

塩水には溶けやすい性質があるため、

汚れや生臭さを吸着している

ぬめりをしっかり取り除いてくれます。

 

 

洗い方

塩を使って洗う場合、海水程度の塩水を使って

その中で牡蠣を洗う方法

塩だけを牡蠣の身にまぶすようにして洗う方法

があります。

 

どちらも仕上げは真水であらうので、

たくさん塩を使っても、

ひどくしょっぱくなってしまうことはありません。

今回は塩をまぶすように洗う方法をご紹介します。

 

牡蠣貝の洗い方

  1. 牡蠣のむき身をざるやボウルなどにあけ、
    塩をふりかけます。だいたい一握り程度の量です。
  2. 手で揉み込むようにすると
    汚れやぬめりは落ちやすくなりますが、
    牡蠣の身を傷つけてしまうことがあるので、
    心配な方はざるやボウルを円を描くようにして
    回して塩を行き渡らせてください。
  3. 次に真水で汚れやぬめり、そして塩を落としていきます。
    流水で洗い流してもいいですし、
    ボウルに真水をためてその中で優しく手でこすって
    洗っても大丈夫です。
  4. ボウルで洗う場合は数回水を換えながら、
    汚れが気にならなくなるまで洗いましょう。
  5. 最後にざるにあげてしっかり水を切れば完了です!
 

どの方法で洗うにしても、

ポイントは手早く優しく洗うこと。

 

鮮度を落とさず、牡蠣に傷をつけずに

できるだけ美味しく食べたいものですね!

 

牡蠣の洗い方関連記事







 

 -料理, 食べ物

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

室内用ハンモック
ハンモックの編み方は?初心者でも挑戦したくなる方法を紹介!!

  ハンモックって、 屋外で使うイメージがありませんか? キャンプのときに使ったり、折りた

プラカゴバッグ
プラカゴの編み方は?初心者でも挑戦したくなる方法を紹介!!

  ひとつひとつ手編みで編み込んで作る、 ベトナムの女性に定番のプラカゴ。  

ハンキングプランター
プラントハンガーの編み方は?初心者でも挑戦したくなる方法を紹介!!

  プラントハンガーがおしゃれ女子の間で流行 しているのを知っていますか?  

ミサンガ
ヘンプを使った編み物ほ難しい?編み方を紹介!!

  ミサンガを作るときに使うのが、 ヘンプという糸と刺繍糸ですが、最近は、ヘン プを使って

レース編み
レースの編み方は?初心者でも挑戦したくなる方法を紹介!! 

  手作りやDIYが注目され、アクセサリー作りや ちょっとしたインテリアなどを自分で作って