グリルで魚をおいしく焼くには?焼き方を紹介!!

投稿日:

 

グリルは後片付けが面倒だから・・・という

理由で使っていない人は多いですよね。

 

高温で短時間に調理できる魚焼きグリルは、

素材の旨味をギュッと凝縮してくれる万能調

理器具

 

効率よく熱が伝わるので、スーパーで売られ

ている魚もまるで定食屋さんのような、ふっ

くらとジューシーな焼き魚に仕上がります。

 

焼き魚以外にも色々な活用方法がある魚焼

グリルですが、まずは基本の焼き魚を美味

く焼く方法から見ていきましょう。

 

グリルがあるのに、使ってないなんてもった

いないですよ!

 

それではグリルで魚を美味しく焼く方法は?

魚焼きグリルを上手に使いこなすポイント

ご紹介します。

SPONSORED LINK

【魚焼きグリルを使った魚の焼き方のコツ】

魚に塩を振り、約30分〜1時間置く

干物や粕漬けなど、塩気や味付けがしっかり

ついているもの以外は、切り身全体に満遍な

く塩を振り、約30分〜1時間置きましょう。

 

約30cmの高さから振ると、ムラなく全体

に行き渡ることができますよ。

 

塩を振ることで魚の臭みが抑えられ、身が崩

れにくくなるだけでなく、魚の旨味も凝縮さ

れます。

 

サンマ、サバ、アジ、イワシなどの青魚は臭

みが強いので、特に長めに時間を置きましょう。

 

魚から出る水分を拭き取る

塩を振り時間を置くと、魚から臭みを含んだ

水分が出てきます。

 

新鮮な魚でも、特に切り身からはドリップ

出てくるので、キッチンペーパーを軽く押し

当てて、ドリップを拭き取りましょう。

 

または魚を水道水でサッと水洗いしてから、

キッチンペーパーで水分を拭き取ってください。

 

塩焼きにしたい場合は、水分を拭き取った後

に、もう一度塩を振ってから焼いてください。

 

グリル内をしっかりと温める

グリル内をあらかじめ温めておきましょう。

予熱することで、魚がグリルの網にくっつき

にくくなります。

 

網に油か酢を塗る

グリル内を温めておくのに加え、網に少量の

油か酢を塗りましょう。

 

ペーパータオルに油か酢を染み込ませ、菜箸

を使って網に満遍なく塗ってください。

魚料理

中〜強火(250〜260度)で一気に焼く

魚を焼く時間が長くなるほど、水分や旨味が

逃げてしまい、身はパサパサになってしまい

ます。

 

中〜強火で一気に焼くことで、中身はしっと

りと、皮目はパリッと仕上がります。

 

焼き時間の目安は、両面焼きグリルが中〜強

火で約7〜8分片面焼きグリルが中〜強火

約4〜5分、さらに裏返して4〜5分焼い

てください。

 

余熱を利用する

魚の厚みにもよりますが、中まできちんと火

が通っているか心配な時は、焼き上がり後す

ぐにお皿に盛らずに、しばらく魚をグリルの

中に置いておきましょう。

 

グリル内の余熱でもジワジワと火が通ります。

 

グリル内の魚の置き場所を工夫する

グリル内のバーナーの場所によっては、火が

通りやすい場所と通りにくい場所があります。

 

グリルの奥と両端にバーナーがある場合、火

が通りにくい頭を奥に、尻尾を手前にして並

べます。

 

そしてなるべく中央に置くのは避けて、両端

に並べて焼いてください。

 

盛り付けた時に表になる面から焼く

魚一尾の場合は頭が左になるように、切り身

の場合は皮目が表になるように盛り付けます。

 

盛り付けた時に表になる面から先に焼いてい

きます。

 

魚を何度も返すと身が崩れやすくなるので、

裏返すのは一度だけにしましょう。

 

また表面に適度に焦げ目がついたら裏返し、

裏面からじっくりと火を通すことで、盛り付

けた時の見た目もキレイに焼き上がりますよ。

 

コツさえ掴めば魚焼きグリルの使い方はとて

も簡単です。

 

手軽で美味しい焼き魚、ぜひ今夜の晩御飯の

おかずに作ってみてくださいね。

 

他にもグリルは色々なレシピに活用できるの

で、グリルを使ったアレンジレシピにも挑戦

してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-料理, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.