日焼け止めのスプレーを顔に直接してもいいの?を紹介!

投稿日:

 

日差し強くなると日焼けが気になりますが、

日焼け止めクリームはベタベタして嫌という方

は多いですよね。

 

日焼け止めを塗り直す度に

手を洗わないといけないのも、とても面倒です。

 

そんな時に便利なのが、

スプレータイプの日焼け止めです。

スプレータイプなら、吹きかけるだけで満遍なく

日焼け対策をすることができて、手を洗う手間も

ありません。

 

数時間おきに日焼け止めを塗り直したい時

も、シュッとひと吹きするだけでとても手軽

ですよね。

 

ですが、スプレータイプの日焼け止めは、

顔に直接スプレーしてもいいのでしょうか?

 

それでは、スプレータイプの日焼け止めの疑問

と、オススメの日焼け止めをご紹介します。

SPONSORED LINK

スプレータイプの日焼け止めの違い

日焼け止め薬

スプレータイプの日焼け止めには、顔用と

体用(または全身用)があることをご存知ですか?

 

全身用の日焼け止めを顔に使用しても構いません

が、全身用のスプレーは噴射力が強く、顔には

少し刺激が強いです。

 

全身用を使用したい場合は、日焼け止めを

手の平にスプレーしてから、顔に押さえて

塗る方法をオススメします。

 

また日焼け止めが目や鼻に入って炎症を

起こしたり、粘膜を傷つける可能性があります

ので十分注意して使用してください。

 

他に顔用と体用で大きく違う点が、

  • メイクの仕上げに使用してもメイクが
    崩れない。(メイクのキープ力が増す
    日焼け止めもあります。)
  • 髪の毛の日焼け対策にも使用できる。
  • 耳の裏、足の指の間など細かい箇所に
    使いやすい。
  • 背中など手が届きにくい箇所も自分で
    スプレーができる。

などがあります。

 

スプレータイプにもデメリットはあります。

  • ムラになりやすく、クリームタイプと
    比べて皮膚に着く量が少ないので、
    しっかりと日焼け対策をしたい方には
    不向きです。

 

 

【スプレータイプの日焼け止めの使い方】

日焼け対策

  ムラを少なくするために、顔から15〜20

センチほど離してスプレーをしてください。

 

  必ず目は閉じて使用してください。

 

  顔に吹きかけた後、軽く手で押さえるとより

日焼け止めが馴染みます。

 

  メイク直しに使用するときは、余分な皮脂は

ティッシュオフするなどしてからスプレーをして

ください。

 

 

オススメのスプレータイプの日焼け止め

 

顔、髪、体まで

全身に使える日焼け止めスプレーです。

 

紫外線吸収剤をカプセル化し、肌への負担

を軽減、メイクの上やストッキングの上からも

スプレーすることができます。

髪や肌をヘアできる植物成分を配合。

 

 

 

ノンアルコール、ノンパラベン、無鉱物油、

無着色でパッチテスト・スティンギングテスト

済みの日焼け止めです。

 

髪やメイクの上から使用しても白残りせず、

さらっとした使用感で塗り直しにも便利。

 

3種類のヒアルロン酸と3種のコラーゲンが

配合されています。ウォータープルーフなのに

石鹸だけで落とせます。

 

 

世界的オーガニック基準、”エコサート認証”を

取得した日焼け止めです。

 

天然成分のみでUVカット、子供の肌には刺激

が強すぎる、合成紫外線吸収剤は使用されて

いません。

 

アロベビーUV&アウトドアミストの主成分は、

レモングラスとローズマリーの植物成分で、

清涼感のある優しい香りが特徴です。

 

100%天然成分なので、赤ちゃんの肌にも

負担なく使用することができます。

白浮きせずに使いやすいミストタイプで、お湯

だけで洗い流せます。

 

 

オレンジ油、ローズヒップ油、6種類の

オーガニック成分を配合し、保湿しながら

日焼けから肌を守ります。

 

ミュゲは、すずらんとジャスミンの透明感の

ある香り。マグノリアは、オレンジフラワーと

ジャスミンの華やかで上品な甘さのある香りです。

 

2種類の香りを楽しみながら、毎日の紫外線

から肌を守ってくれます。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.