4本ピンでリリアン編みはどうやるの?編み方を紹介!!

更新日:

 

本体にセットするヘッドの部分を交換するだけで

簡単に糸をかけるピンの本数を変えることのできる

リリアン。

 

ピンの本数を変えることで

仕上がりの雰囲気が変わってきます。

 

どのピンの本数がいいかは個人の好みや

使う糸の太さ、素材感によっても異なるので、

いろいろ試してみて

ベストの編み目を探してみるといいですね!

 

今回ご紹介するのは4本ピンでの編み方です。

image001

基本の5本ピンが星形のように糸をセットして

編み始めるのに対して、

 

4本ピンの場合は

四つ葉のクローバーのような形に糸をセットします。

 

下の糸を編み針ですくってピンにかける

という編み方は一緒なので、

糸のかけかたさえ分かれば大丈夫ですよ!

 

5本ピンは編んだことがある方が多いかと思いますが、

それ以外は編んだことがないという方は

ぜひチャレンジしてみてください!

4本ピンでのリリアンの編み方をご紹介していきます。

SPONSORED LINK

4本ピンでの編み方

今回は1ループ(シングル)と2ループという

2種類の編み方をご紹介していきます。

どちらも糸のかけ方や編み方は同じです。

 

クロバー フレンチリリアン〈ジュエル〉

  1. まず筒状の本体に少し長めに糸を垂らし、
    4本のピンに糸を巻いていきます。
    1周糸を巻くと四つ葉のクローバーのように
    葉っぱが4枚あるような形に糸がかかりますね!
  2. 1ループの編み方の場合はまず2周糸を巻きます。
  3. 4本のピン全てに2回糸がかかったら、
    糸のセットは完了!ここから編み始めていきます。
  4. ピンにかかった2本の糸のうち、
    下にある1周目にかけた方の糸を編み針で引っ張り、
    ピンにかけます。
  5. 4本分全てピンにかけ終えたら、
    また四つ葉のクローバーの形に1周糸をかけ、
    下の糸をすくってピンにかけていきます。
  6. あとはこの編み方を
    お好みの長さになるまで繰り返すだけ!

image002

 

次に2ループの編み方。

1ループに比べてきっちりとした細かい編み目になるので、

作りたい作品やお好みで使い分けるようにしてください。

 

1ループの場合は最初に2周糸を巻きましたが、

2ループの場合は3周巻いてから編み始めになります。

巻き方は同じ、四つ葉のクローバーの形に巻いていきます。

 

ここからの編み方は1ループも2ループも同じです。

1番下の糸を編み針ですくってピンにかけ、

4本のピン全てにかけたら最初と同じように1周糸をかけ、

編んでいく編み方を繰り返します。

 

image003

テグスを使ったり、ラメの糸を使ったり、

革紐を使ったりと素材を変えることで

同じ編み方でも作品の雰囲気ががらりと変わります。

 

ビーズなどを組み合わせながら編んでいくと

より凝った作りになるので、自分の好みに合わせて編み方、

素材をアレンジして楽しんでみてくださいね!

 

リリアンの様々な編み方を紹介している記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-手芸, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.