カナヘビを捕まえたい方必見!捕獲方法を紹介!!


 

カナヘビを観察してみたい。飼育してみたい。

それならまずは

カナヘビの捕獲からスタートです!!

 

ふいに見かけることの多いカナヘビですが、

どの時期にどんな場所を探せばいいか知っておけば、

より捕獲しやすくなりますよね。

 

✔ 素早いので捕獲するにはちょっとコツも必要。

カナヘビの捕獲時期や場所、方法についてご紹介していきます!

SPONSORED LINK


捕獲に適した時期は?

image002
カナヘビは冬眠するので冬の間は当然捕獲することはできません。

 

冬以外なら捕獲することができますが、

秋に捕獲するとすぐに冬眠の時期になってしまう

ので、飼育したい場合は春先がおすすめです。

 

捕獲するのに適した時間帯は、

日が出て空気が暖かくなってくる頃です。

 

朝の時間帯に、日光浴をしようと日向に出てくるカナヘビは、

体がまだ温まっていないうちは動きが鈍いので捕まえやすくなります。

 

 

捕獲に適した場所は?

image004

カナヘビが多く生息するのは

餌となる小型のクモやコオロギなど、餌となる虫の

いる場所です。

低い草の生えている庭公園でよく見られるので、

そういった場所で捕獲しましょう。

 

また、カナヘビは苔に卵を産むので、

苔のある場所を探してみると発見できるかもしれません。

 

春先や秋には日当たりのいい塀などで

日光浴をしている姿も見られますが、日差しの強い夏になると

暑さを嫌って日陰にいることが多いようです。

捕獲する時期によって探す場所を変えてみましょう。

 

 

捕獲方法

image005
カナヘビはかなりすばしっこい生き物です。
  1. カナヘビを見つけたら、
    まずはカナヘビの進む先に手を置いて動きを止めましょう。
  2. そしてもう片方の手で押すようにして
    置いた手の上に乗せるようにして捕獲します。
    • カナヘビの上から手のひら全体を被せるようにして
      捕まえる方法も有効です。
 

虫取りなどを使って捕獲するイメージがありますが、

網の下をスルリとくぐって逃げてしまうことも

あるので、確実に捕まえるのなら素手がおすすめです。

* 素手で触ることに抵抗がある場合は軍手を着用しておきましょう。

 

しっぽを掴んでしまうと

しっぽを切り離してしまうことがあるので、

しっぽは掴まないように気をつけましょう。

 

捕獲できる確率はあまり高くありませんが、

ペットボトルに餌となる昆虫や幼虫を入れておいて罠を作り、

カナヘビのいそうな場所に置いておくという方法もあります。

 

なかなか捕まえられないという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ニホントカゲ、カナヘビ素手で捕獲 違いを観察 婚姻色 幼体 Japanese lizard. Hunt and observation


 

関連記事



 

 -ペット, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

人物
パラコードを使ったコブラステッチの編み方は?を紹介!

パラコードをご存じですか? パラシュートで使われるナイロン製の紐、 つまり「パラシュートコード」のこ

人物
パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

アウトドアで人気の素材とは パラシュートで使われるナイロン製の紐 「パラシュートコード」ことパラコー

マフラーを編む
初心者でも簡単!!マフラーの編み方を紹介!!

  手編みのマフラー、自分で身につけるものを 作り上げる楽しさだけでなく、自分の好きな 色

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力