歩きやすいおしゃれなレディースサンダルは?おすすめを紹介!!


 

暑くなってくるとサンダルの出番!

最近では夏以外でも

靴下とサンダルを組み合わせて履くなどして、

サンダルが長く活躍するようになってきました。

 

今日はたくさん歩く!という日は

歩きやすいサンダルを選んで履きたいですよね。

 

でもどんなサンダルが歩きやすいか、

どんなサンダルを選べばいいのかご存知ですか?

 

快適なサンダルライフを過ごすために、

歩きやすいサンダルのポイントと

おすすめのサンダルをご紹介していきます!

SPONSORED LINK


歩きやすいサンダルとは?

image001
歩きやすいサンダルのポイントは

安定感フィット感、そしてサイズ感の3つです。

 

<安定感>

安定感のあるサンダルは

足に余計な力が入らないので歩きやすさ抜群!

 

足の甲をしっかり覆っているものや

ストラップのついているものが安定感のある

サンダルの特徴です。

 

また、最も歩きやすいと言われているのは

5・5〜6センチほどのヒールの高さですが、

細いヒールのものよりも太いヒールのほうが

安定感が増すため歩きやすくなります。

 

ウエッジソールタイプのものは

特に安定感があるので

ヒールが高いサンダルを履きたい方におすすめです。

 

<フィット感>

歩きやすそうに思えるぺたんこのサンダル。

楽ちんではありますが

土踏まずをサポートするクッションなどがないものは

歩いた時の衝撃がダイレクトに足に伝わるので

足が疲れやすいのです。

 

ヒールのないサンダルを選ぶ場合は

土踏まずのサポートが付いているなど、

足の形にフィットするものを選ぶようにすると

格段に歩きやすくなります。

 

<サイズ感>

サイズの合っていないサンダルを履いていると、

歩いている間に足が前方にずれてきてしまいます。

 

そのためずれないようにするために

無意識に足に力が入ってしまい、

足が疲れてしまいます。

 

サンダルを購入する際は

必ず試着をして自分の足に合ったサイズのものを

選ぶようにしましょう。

 

足が小さくて自分に合うサイズのサンダルが

なかなか見つけられない人は

市販の滑り止めなどを貼り付け

足がずれていってしまうのを塞ぐことで

足の疲労を軽減する事ができますよ!

 

 

おすすめのサンダル



歩きやすいサンダルの代表格とも言えるビルケンシュトック。

足にフィットするのでとても歩きやすく、

履いている間に足に馴染んでくるので

長年愛用する人の多い逸品です。

 



こちらも足の裏にフィットするタイプのフラットサンダル。

ストラップもついているので安定感抜群!

水に強いラバータイプなので

水場でも大活躍してくれそうですね!

 



ヒールのあるものをお探しの方はこういったタイプがおすすめ。

適度な高さのウエッジソールで歩きやすい安定感。

バックストラップがゴムになっていて

痛くなりにくいのが嬉しいポイントです。

 



柔らかい素材のソールに

足の甲をしっかり支えてくれるストラップ。

ストラップはマジックテープで調節することができます。

優しい色合いも服装に合わせやすそうですね!

 

足の形は人によって異なるので

自分の足にあうサンダルは

きちんと履いてフィットしているか、

サイズは合っているかよく確かめることが大切。

 

インターネットなどで購入する場合は

サイズをよく確認するようにしてください!

 

サンダルの関連記事





















 

 -シューズ, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

人物
パラコードを使ったコブラステッチの編み方は?を紹介!

パラコードをご存じですか? パラシュートで使われるナイロン製の紐、 つまり「パラシュートコード」のこ

人物
パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

アウトドアで人気の素材とは パラシュートで使われるナイロン製の紐 「パラシュートコード」ことパラコー

マフラーを編む
初心者でも簡単!!マフラーの編み方を紹介!!

  手編みのマフラー、自分で身につけるものを 作り上げる楽しさだけでなく、自分の好きな 色

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力