疲れないおしゃれなサンダルを履きたい!!


暑い季節になると洋服も薄着となり露出度が増えますが、

それに伴い、足元も涼しいもの通気性のいいもの

履きますよね!

でも、夏のおでかけで悩むのが、足がすらっときれいに

見えるサンダル足が疲れるものも多く、

逆に、足が疲れないようなものを選ぶと

ぺったんこのシンプルなデザインになってしまいますよね。

疲れなくておしゃれなサンダルについて

いろいろ調べてみたのでご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK



 

○疲れないサンダルとは?

47d6c122f7007acdc55d840f1299c94d_s

一般的なインソールはインソールと足裏の間に隙間がありますが、

疲れないインソールは足裏全体とインソールの隙間がうまっていて

圧力が足裏全体に分散されて疲れにくい構造になっているものが

いいそうです。

あとは、ソールの厚みによってアスファルト歩行時の衝撃吸収性

違うので厚い物方が衝撃を吸収してくれそうです。

私も2色もっている軽くて柔らかい素材の脱げないサンダル


製品興味がある方は↑クリック

 

○サンダルは夏以外に履いてもいい?

私はファーやボンボンのついたサンダルをお店で

見つけて冬でも履いていました。

今ではオールシーズンサンダルはあるので

履いちゃいけないなんてないと思います。

でも、サンダルを夏に履くものと考えれば、

やはり寒い冬に素足で履くっていうのは

おかしい感じもありますね。

サンダルもいろんなデザインがありますから

夏以外の季節でもそのシーズン用のサンダル

が売っていればチャレンジしてもいいかもしれませんね。

冬用サボサンダル


製品興味がある方は↑クリック

 

 

○サンダルとタイツやストッキングの組み合わせは変?

イメージとしてはタイツやストッキングを履いて

サンダルを履くとすべって歩きにくそうですが、

それでも大丈夫なサンダルってあるのでしょうか?

私はやったことありませんが、今は何でもありの時代なので

調べてみると・・・

 



 



 

全然、大丈夫ですし、おしゃれですよね!

歩きごこちはわかりませんがおかしくありませんね。

秋冬でも春でもこれならいけそうです。

 

○サンダルを履いた時に気になる足の爪のお手入れ方法

サンダルを履くと足先がしっかり見えてしまうので、

せっかくおしゃれしても足元で台無しになってしまったら

もったいないですよね。

お手入れできている方はいいですが、細かく丁寧に

お手入れする時間もなく、やれてもペディキュアを

塗るだけで精いっぱいという方も

けっこういらっしゃるのではないでしょうか?

いろいろある中で私がいいなと思った素敵な

お手入れ方法をひとつご紹介します。

1 血行をよくするためにマッサージをする。

爪をマッサージすると血流がよくなって老廃物が溜まりにくくなります。

2 爪用美容液でトリートメントをする。

美容成分をたっぷりしみこませてひび割れをなくし、爪の色もきれいな薄い桃色になります。

3 爪の中につまっているゴミをかきだす。

つまようじなどでつめに入っているゴミをとりだしましょう。爪の色を黒めに見せ、においの元になってしまうのでていねいにとりのぞきます。

4 最後にペディキュアできれいに仕上げましょう!


 

サンダルの関連記事





















 

 -シューズ, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

トカゲ
ニホントカゲの寿命は?長生きさせる為に必要な事も紹介!!

  日本を代表する最も一般的なトカゲである ニホントカゲは、美しい見た目や愛嬌のある 顔立

トカゲ
ニホントカゲの餌は何がいいの?おすすめを紹介!!

  日本の本州西部から大隅諸島にかけて生息 するニホントカゲは、黄金の縦縞模様に メタリッ

かぶとむし
カブトムシの捕まえ方は?捕獲方法を紹介!!

  体長30mm~88mmに達するカブトムシは、 日本兜の様な立派な角、強靭な甲、圧倒的な

トカゲ
ニホントカゲの捕まえ方は?捕獲方法を紹介!!

  日本の本州西部から大隅諸島に生息する ニホントカゲは、体長16~25㎝、美しい外見 に

クワガタ
クワガタの捕まえ方は?捕獲方法を紹介!!

  強靭な羽鞘と大顎が特徴的なクワガタは、 全世界に1500種確認され 最大種では体長12