役立つ情報サイト

Japan Treasure Media search

フトアゴヒゲトカゲの脱皮の時期はいつ?飼育の注意点も紹介!!

投稿日:

爬虫類である

フトアゴヒゲトカゲ

犬や猫といった一般的なペットとの違いのひ

とつは、やはり脱皮をするという事でしょう。

フトアゴヒゲトカゲにとっては定期的に行わ

れる日常生活の一部であり、生きていく上で

欠かせない行動である脱皮ですが、脱皮をし

ない私達人間にとっては分からない部分も多

ですよね。

 

そこで、フトアゴヒゲトカゲの脱皮はいつ頃

行われるのか、また脱皮の際に注意すべき点

をご紹介いたします。大切なペットに安心安

全に脱皮してもらえるよう、万全に準備して

おきましょうね。

 

フトアゴヒゲトカゲはいつ脱皮する?

 

脱皮と聞くと、皮を脱ぐたびに身体が大きく

なり成長するという印象が強いですが、実は

古い皮膚をはがして新しい皮膚と交換する

新陳代謝の役割が大きいんです。人間で言う

と、お風呂に入って垢を落とすイメージに近

いですね。

しかし、私達人間と違いフトアゴヒゲトカゲ

の身体は、この新陳代謝が一定期間ごとに

自然に起こるという事です。

 

脱皮は基本的に、成体よりも新陳代謝が活発

ベビーの方が頻繁に行われるようで

ベビーは1~2週間に1回

成体は2~3週間に1回くらいの頻度

脱皮が行われます。

 

しかしこれはあくまで目安であり、年齢や

摂取する餌等その個体によって脱皮の頻度は

様々に違ってきます。脱皮の頻度が目安より

も多い、またはなかなか脱皮しないといった

場合でも、病気ではありませんのであまり心

配しすぎなくても大丈夫ですよ。

 

脱皮は毎回同じくらいの頻度で行われます

で、飼育されているフトアゴヒゲトカゲの

皮頻度をしっかりと記録しておいて、次回は

いつ頃脱皮するのかをある程度予測できるよう

にしておくと良いでしょう。

 

脱皮時期を予測するには?

 

脱皮頻度以外にも、脱皮時期を予測するため

の目安となる前兆があるんです。

 

フトアゴヒゲトカゲの脱皮は、ヘビの脱皮の

ように全身の皮がひとつながりで剥がれるの

ではなく、身体の一部分がヒビ割れて古い角

質層がポロポロと剥がれ落ちていくように行

われます。

そのため、脱皮前になると、身体の表面にあ

る古い角質層と新しく生まれた角質層との間

に空間ができ、古い角質層が浮き上がってく

ので、フトアゴヒゲトカゲの身体が白っぽ

なっていきます。

 

また、エサの食いつきが悪くなったり食べる

量が減る等の食欲不振や、動きがやや鈍くな

という傾向が表れます。個体によりその差

はありますが、こういった身体の変化をよく

観察して、いつ脱皮しても良いように備えて

おきましょう。

 

脱皮に備えて注意する点は?

 

本来は脱皮が始まったら、自然と皮が剥がれ

落ちるものですが、古い皮が剥がれきらずに

身体の一部に残ってしまう場合があります。

これを脱皮不全と言います。

この脱皮不全の状態が続いてしまうと、皮が

残っている部分が黒ずんだり炎症を起こして

しまう恐れがあります。

特に指先や尻尾の先等の細い部分脱皮不全

を起こしやすい場所なので注意が必要です。

古い皮が残ったまま放置してしまうと、残っ

た皮が硬くなって指先や尻尾を締め付けて

行不良となります。そうなると最悪の場合指

や尻尾が壊死・欠損してしまう可能性があり

ますので、脱皮が始まる前や脱皮中に飼い主

さんはどういった事に注意すれば良いのか

ご紹介いたします。

 

適正な湿度を保つ

 

ケージ内の湿度低く乾燥しすぎていると、

脱皮不全を引き起こす原因となります。そこ

で飼い主さんに脱皮前に気を付けていただき

たいのは、ケージ内の湿度を適正に保ってお

という事です。ケージ内に霧吹きでお湯を

吹きかけて、湿度を60~70%程度に保湿して

おくと良いでしょう。

ただしあまり吹きかけすぎると、フトアゴヒ

ゲトカゲの身体を冷やしてしまう恐れがあり

ます。身体に直接吹きかけてしまわないよう

注意しながら霧吹きを使用してくださいね。

 

また、バークチップ・赤玉土・ヤシガラ等の

保湿性の高い床材をケージ内に敷いたり、湿

らせたミズゴケを入れた容器を設置しておく

のも効果的です。

 

温浴をさせる

 

脱皮の際、フトアゴヒゲトカゲの身体に皮が

残ってしまった場合は、ぬるま湯で温浴をさ

せてあげましょう。温浴をすると皮がふやけ

柔らかくなり、脱皮がスムーズに行われや

すくなります。

 

日光浴や紫外線ライト等でバスキングをして

フトアゴヒゲトカゲの身体を十分に温めた後

35~6度くらいのお湯5~10分を目安に

温浴をさせてみてください。お湯の深さは

に足が付く程度にしておいてくださいね。

 

人間の手で無理やり剥がさない

 

どうしても皮が剥がれないからと言って、飼

い主さんの手で無理やり剥がそうとしてしま

と、フトアゴヒゲトカゲの身体を傷つけて

しまったり出血してしまう恐れがあります。

最後の手段として、湿らせた綿棒で残った皮

を軽くこすったり、ピンセットで皮を取り除

くという方法もありますが、出来る限りフト

アゴヒゲトカゲが自然に脱皮できる環境を整

えてあげてくださいね。

 

 

このような脱皮促進剤をひとつ用意しておく

と安心です。天然成分を使用しているので、

生体の目を傷めず、舐めてしまっても安全

のが嬉しいですね。

 

脱皮時のトラブルにも落ち着いて対処できる

よう、日頃から脱皮頻度や健康状態を観察し

て、しっかりと脱皮に備えておきましょう!!

 

-ペット, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.