ライスミルクの作り方とおすすめ紹介!!

更新日:

まずライスミルクって知っていますか?

もし知らない人は早めにチェックした方が良い言葉です!
なぜなら日経トレンディで
2015年のヒット商品として予測されたものなんです。

私最初に聞いた時、
牛乳がゆ的なことかと思ってしまいました。

でも全然違うらしいんです。
気になってしょうがないので、作ってみようと思います。

ライスミルクとは

image001

簡単に言うとお米から作られたミルクなんです。

ダイエット目的だったり、

牛乳アレルギーの人なんかにおすすめらしいです。

 

お子さんなんかで牛乳アレルギーがあったら、

普段は食べられないシチューやグラタンも

これで作ってあげられますよね?

それってすごいことだと思います。

 

牛乳や豆乳はクセがあって苦手

という方にもおすすめできますね。

 

 

どんな栄養が含まれているか?

image003

栄養は基本的にはお米なので炭水化物です。

炭水化物は良いエネルギー源なので、

忙しい朝には1杯飲むだけでずいぶん違うと思います。

 

脂質がすくなく、コレステロールを含まないので、

牛乳を飲むよりヘルシーなんです。

 

また玄米で作った場合は食物繊維も多いので、

おなかの調子を整えてくれますよ。

 

 

作り方

image005

[材料]

ごはん 100g
(白米でも良いが玄米の方が栄養価は高いです)
500ml
一つまみ

 

  1. 全てをブレンダーに入れてかき混ぜます。
  2. トロっとして完全に液体になるまで混ぜます。
  3. これで出来上がりです。

余った場合は冷蔵庫などで保管することで数日は楽しめます。
牛乳の代わりに調理に使ったり、

紅茶やコーヒーに入れても良いです。

少し甘味が欲しいという方は、

混ぜる段階で甘味料を入れてください。

 

実際に作ってみたところ、

牛乳とはまた違うかなと思いますが、

牛乳や豆乳ほどのクセはないので飲みやすかったです。

 

これでシチューなどを作ると結構あっさり目になるので、

普段シチューは胃が疲れるなと感じている方には

牛乳より良いかもしれません。

 

また甘味料としてはちみつを少し入れてみたんですが、

甘味料を入れた方がまろやかになったので、

より牛乳に近くなった気がしました。

 

おすすめのライスミルク

植物性飲料 GEN-MY

 

  • 原料は玄米と水だけのかなり安心できるライスミルク
    香料、保存料、着色料、甘味料は無添加なので、
    お子さまにも安心して飲ませられます。

 

プレミアム ライスミルク(1000ml)

 

添加物不使用!お米と米麹だけで作られた

ライスミルクです。

 

原材料は国産の契約栽培米米麹の2つだけ。

天然アミノ酸含有、低脂肪、コレステロール

ゼロなのが体に嬉しいですね。

また、アレルゲンとなる食品や添加物を使って

いないので、食物アレルギーをお持ちの方に

特におすすめです。

 

牛乳と違い、飲んだ時におなかがゴロゴロ

する原因となる乳糖も入っていませんので

牛乳がどうしてもダメなんて方にも

是非お試しいただきたい一品。

 

砂糖・食塩も不使用。お米本来のおいしさを

お楽しみください。

 

有機ライスミルク ビタリッツ アーモンド(1L)

 

こちらはアーモンド味のライスミルクです。

 

イタリア・ピエモンテ州で取れた有機米

地下水からのナチュラルウォーターで作った

ライスミルクに有機アーモンドのペースト

風味豊かに仕上げてあります。

 

原材料は100%植物性だから安心安全。

牛乳よりも低脂肪・低カロリーなのも嬉しい

ですね。また消化吸収も良いので、体の事を

考えた食生活を送りたい方におすすめです。

 

ブリッジ 有機ライスドリンク(チョコレート)250ml

 

フレーバー付きのライスミルクを

もうおひとつご紹介。こちらは口当たりの

良いチョコレート味です。

 

イタリア産有機米を使用したライスミルクに

有機ココアパウダーでほどよい甘さのチョコ

レート味に仕上がっています。

これなら小さいお子様でも飲みやすいですね。

-食べ物, 飲料

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.