折り紙好き必見!!お雛様の折り方をご紹介!


 

3月3日。

それは、女の子なら一度はあこがれる

「お雛様」が主役の日である。

 

そんな、女の子のあこがれ雛人形が、

なんと手軽に折り紙で作れるのです。

 


雛人形は、基本的には3月に合わせて出して、

片付けてしまいます。

 

しかし、折り紙で作った「お雛様」は、

その手間も不要!子供と一緒に、楽しみながら

作ることができるのです。

それでは、早速作り方を見ていきましょう!

SPONSORED LINK



 

作り方

【用意するもの】

男雛:寒色系の折り紙1枚

女雛:暖色系の折り紙1枚

 

【男雛、女雛共通】

男雛も、女雛も基本的にほとんど同じですので、

共通している部分を途中まで一緒に見ていきます。




  1. 折り紙を1枚用意する。
※白い面を上にして置く

image002
  1. 斜めに半分に折り、三角形にする。
image004
  1. 開く。
image006
  1. 中央の線に合わせて折る。
image008
  1. 三角の部分を下に折る。
image010
  1. ⑤の三角に折った部分の先端に合わせて、上に折る。
image012
  1. 内側に折る。
ポイント:線に沿ってギリギリのところで折らず、

おにぎりのように、ゆったりとした三角に折ります。

後でとても苦労することになります。

 
  1. 裏返す。
 
  1. 下の部分を折る。
※⑦のポイントは、ここで響いてきます。

見ての通り・・・下の折るスペースがない!?

なんてことになりますので、注意が必要です。

image014
 

【女雛】
  1. 頭の部分を、⑨の面のまま折る。
image015
  1. 表に向ける
 
  1. 完成!!!
image017
 

【男雛】
  1. 表面にひっくり返す。
 
  1. 少し長めに、顔の部分を下に折る。
image020
  1. 下に折った、顔の部分を上に折り返し、段にする。
 
  1. 完成!!
image021
 

こんな感じで、なんだかんだお雛様が完成しました!

完成したお雛様を二つ並べてみました。

その画像がこちらです。

image024
はい、なんとかそれらしく見えますね。

 

みなさん、お気づきかと思いますが、

私とても不器用なんですよ。

 

そのため、折り目が折れず、

多少余計な線が何か所か入ってしまうんですよね…。

 

 

ワンポイントアドバイス

image005
さて、折り方をわかったところで、

不器用な私からワンポイントアドバイスです。

 

お雛様を折ってみて、私が思ったことを踏まえて

アドバイスしていきます。

折った方はわかると思うのですが、

このお雛様は「手が浮く」のです。

 

私、これが気になって気になって仕方ありませんでした。

画像取る際にも、浮いてうまく取れないし…と、

考えに考えた結果、セロハンテープで裏から止めました。

 

しかし!普通のサイズのセロハンテープだと、

幅が太くてはみ出てしまうのです。

そこで、

セロハンテープの幅を半分に切って

使用することをお勧めします。

 

「ノリでいいじゃん」と、私も最初は思ったのですが、

子供にノリを持たせるのは危険ですよね。

 

なぜなら、ベタベタした手のまま

あちこち触ってしまうからです!

ノリの掃除って意外と大変ですよね。

なので、セロハンテープの使用を勧めます。

 

折り紙「お雛様」はいかがでしたでしょうか?

うまく折れましたか?

大人から子供まで楽しめる遊びというものが

「折り紙」の魅力です。

あなたも、ぜひ折ってみては?

 

 -手芸, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力

バッグ
クラッチバッグの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  最近のオシャレさんはみんな持っている クラッチバッグ! 街中で見ていると色んな可愛らし

毛糸
小物入れの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  雑貨屋さんでも目を惹かれる編み物で作る 小物入れ。すっごく可愛らしくて素敵ですよね!

編み物
ひざ掛けの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  寒い季節に大活躍するひざ掛け! 特に女性の方なら冬には欠かせないアイテム ですよね。