お彼岸とは何?いつの時期にやるの?の疑問が解決!!


 

「お彼岸」という言葉は誰もが知っている言葉ですよね。

 

では具体的にお彼岸とは何のことでいつの時期に

やるのかと聞かれたら、正確に答えることはできますか?

image001
「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉もあるので、

なんとなく空気が温かくなってくる頃かな、

涼しくなってくる頃かな、というイメージは

あるかもしれません。

お墓参りをする期間、と認識している方も多いでしょう。

 

なんとなく知っているけれど、

意味や由来などはいまいちピンと来ないという方は、

この機会にぜひ「お彼岸」についての理解を

深めてみましょう。

 

何となくやっているのと、

きちんと意味を理解してやっているのでは

気持ちの入り方もまた異なってくるはず。

 

お彼岸とはいったいなんなのか、

いつの時期なのかということについてご紹介していきます。

SPONSORED LINK


お彼岸とは何?


「彼岸」というのは「彼の悟りの岸」。

煩悩や悩みにあふれた現世の人間が修行をすることで

悟りの地に到達できると考えられていました。

 

つまり彼岸は悟りをひらくために

仏道の修行をする期間という意味合い

持っていたのです。

image003
 

お彼岸=お墓参りというイメージが強いですが、

日本以外では同じ仏教でも彼岸にお墓参りをする

習慣はなく、彼岸の墓参りは日本独自の風習です。

 

日本古来の自然崇拝の考えから、

種をまく春、収穫の秋に五穀豊穣を山や先祖に

祈願していたことや、昼と夜の長さが逆転する春分、

秋分の日は生から死、死から生へと渡る時期であると

考えられていたことから

故人、先祖の供養に結び付いたなど諸説あるようです。

 

彼岸には仏壇、仏具、お墓の手入れをしたり、

お供え物をして故人や先祖を供養したり、

悟りをひらくための修行「六波羅蜜」についての

教えを受けたりします。

 

 

いつの時期にやるの?

お彼岸には春彼岸秋彼岸があります。

♦春彼岸は

3月の春分の日とその前後3日を合わせた7日間、

♦秋彼岸は

9月の秋分の春分の日とその前後3日を合わせた

7日間です。

 

仏教の教えでは西方に極楽浄土があるとされているため、

太陽が真東から上がり、真西に沈む春分の日と

秋分の日を含む期間に、仏道修行をしていない人々も

西の太陽に祈りを捧げていたそうです。

image006
 

彼岸の7日間のうち、中日に先祖に感謝し、

残りの6日に「六波羅蜜」の6つの徳目

(布施、自戒、忍耐、精進、禅定、智慧)を

修めることで悟りの境地に達することができる

と言われています。

 

日本では春分の日、秋分の日は共に祝日に

なっていますが、法律では

春分の日は自然を讃え、生物を慈しむ日、

秋分の日は先祖を敬い、

亡くなった人を忍ぶ日とされています。

 

お彼岸の関連記事











 

 -年中行事, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

ハムスター
ハムスターを旅行に連れて行っても大丈夫?を紹介!!

  小さな体で私達に癒しをくれるハムスターを、 旅行の際に一緒に連れて行きたいと考える方

ハムスター
ハムスターの埋葬はどうやればいいの?方法を紹介!!

  手のひらサイズの丸っこい体が愛らしい ハムスターは、飼育しているうちに私たちに 癒しを

ハムスター
ハムスターを病気から守りたい!!予防と治療方法を紹介!!

  手のひらサイズの飼育しやすいペットとして 人気のハムスターですが、体が小さい為病気 な

ハムスター
ハムスターの脱毛で注意しなければならない事とは?注意点を紹介!!

  体全体を密な毛で覆われた愛らしい ハムスターですが、様々な原因で脱毛してしま う事があ

ハムスター
ハムスターの床材はどんな物がいいの?おすすめを紹介!!

  ペットとして人気の小動物であるハムスターで すが、いざ飼育する際に迷う物の一つが床材で