どくだみで化粧水を作りたい方必見!!作り方を紹介!!

投稿日:

 

十薬と呼ばれ、優れた薬効のあるどくだみ。

生命力が強くどんな環境でも育ちやすいため、

自生しているのを目にしたことのある方も

多いのではないでしょうか。

 

どくだみといえば

体にいいどくだみ茶がよく知られていますが、

実はどくだみを使って化粧水を作ることもできます。

 

市販されているものもありますが、

どくだみを採取することが可能ならば

自分で化粧水を手作りしてみるのはいかがでしょうか?

 

手作りすれば、余計なものの入っていない

安心できるものが作れますよ。

 

どくだみ茶と同様に、どくだみ化粧水にも

もちろんお肌に嬉しい効果がいっぱい!

植物の力を存分に活用した天然のどくだみ化粧水、

ぜひ一度チャレンジしてみてください。

SPONSORED LINK

どんな効能があるの?

image002

どくだみにはデカノイルアセトアルデヒドという

精油成分が含まれています。

 

これは人工的には生成することのできないもので、

殺菌抗菌作用で肌を清潔にしたり、

肌の炎症を抑えたりする効果があります。

 

それにより

  • ニキビや吹き出物
  • アトピー性皮膚炎の改善

が期待できます。

 

他にもクロロフィルによる

  • 美肌美白効果、
  • 毛穴の引き締め効果、
  • 新陳代謝促進でシミ・そばかすの改善など

 

これでもか!というほど

お肌に嬉しい効能が見込まれています。

 

手作りすれば無添加で肌に優しい

化粧水になること間違いなし!

 

ただしどうしても肌との相性というものがあるので、

どくだみ化粧水が肌に合わずに

状態が悪化してしまうこともあります。

 

初めて使う前にまずは狭い範囲に塗って、

肌に異常が出ないか確認してから

使うようにしてくださいね。

 

 

作り方

<材料>

image004

  • どくだみの葉
  • 焼酎やホワイトリカーなどのアルコール
  • (お好みで)植物オイル
  • はちみつ
  • グリセリンなどの保湿剤
  • 保存ビン

保湿剤はなくても大丈夫です。

お好みで加えてください。

 

アルコールは度数が高いものの方が

保存はきくようになりますが、

その分肌への刺激が強くなりますので

肌の弱い方はあまり度数の高いものを

使わないようにしてください。

 

<どくだみエキスの作り方>

image005

  1. 地上部分をハサミや鎌でざっくり刈り取った
    どくだみをよく水洗いし、
    輪ゴムや紐で束ねて水気がとぶように
    干して置きます。

    • 水気が残っているとカビの原因になるので
      水気がなくなるまで干しましょう。
      カラカラに乾燥させる必要はありません。
  2. エキスを抽出するのに使うのは葉の部分だけです。
    水気がなくなったら汚れや虫がついていないかを
    確認しながら葉を摘み取ってビンに入れていきます。
  3. 次に焼酎やホワイトリカーを
    葉のかさの2~3倍を目安に入れていきます。
    なんとこれだけで仕込みは終了!

あとは寝かせてエキスが抽出されるのを待つばかり。

最低2週間、できれば3ヵ月以上寝かせるのが理想的です。

1年待つという方も!

 

<エキスを化粧水にアレンジ>

image003

肌の強い方はそのまま肌につけることもできますが、

刺激が強い場合は

水道水や精製水で倍くらいに薄めて使ってください。

入れる場合はお好みの保湿剤も加えてください。

 

薄めたものはあまり長期間保存がきかないので、

冷蔵庫で保存して1週間以内に使い切りたいところ。

  • 一度にたくさん薄めてしまうと
    使い切れなくなってしまうので、
    必要な分だけ別容器に移して
    薄めて使うと便利ですよ!

 

自分の肌に合った

濃度のどくだみ化粧水を見つけてみてくださいね。

 

どくだみの関連記事

「どくだみ茶の作り方は?気になる効能も紹介!!」

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.