結婚式用コサージュの手作り特集!!色々な作り方を紹介!!


 

結婚式で人気のコサージュですが、

さまざまな素材で自分で作ることが出来るんです。

 

どの素材で作ったものが

一番自分の求めているものかを見極めて、

自分で作ってみませんか?

SPONSORED LINK


布で作る場合

image003
結婚式につけていくコサージュを布で作るのであれば、

布の材料に気を付ける必要があります。

 

布の材料はどのようなドレスに合わせるかで選ぶと

間違いがありません。

サテンのような材質のドレスであればサテンを、

シフォン生地ならシフォン生地でのコサージュを作ると間違いありません。

 

冬の結婚式の場合は

ベルベットのような厚手の生地を使っても

華やかになります。

カジュアル過ぎない布であれば問題ありませんよ。

 

布でコサージュを作る場合は

大きさなども自分で決められるので

ドレスや自分の身体にピッタリと合うものを作ることが出来ます。

 

自分で作ってみたいなと言う場合は

こちらの記事を参考にしてみてください!

結婚式のコサージュが布で作れる?作り方を紹介!!

 

 

毛糸で作る場合

image002
毛糸のコサージュは冬の結婚式に特におすすめです。

ふわふわの素材のモヘアで編まれたコサージュは冬らしいですし、

華やかな印象もあるのでドレスにもピッタリなんです。

 

様々な色が一緒の糸になっている

まだらの毛糸などを使ってしまうと

カジュアルな印象になってしまうので、避けた方が無難です。

 

また理想の毛糸にはなかなか出会えないものなので、

材料選びにはネット通販が絶対におすすめです。

お気に入りのショップを見つけて

どんどんとコサージュを作ってみませんか?

 

毛糸でコサージュを作ってみたい場合は

こちらの記事を参考にして作ってみてください!

結婚式のコサージュが毛糸で作れる?作り方を紹介!!

 

 

造花で作る場合

image005
結婚式のコサージュを作るなら

一番簡単なのは造花での作り方です。

お好みの造花を見つけることが出来れば

ほとんど完成と言ってもおかしくありません。

 

ただ一番難しいのが自分の理想の造花を見つけることです。

そんな時におすすめしたいのがネット通販。

 

ネットで探すと様々な種類のお花

質の良いものが売られています。

自分で歩いて探しに行くよりも簡単に、早く探せるかもしれません。

 

造花のコサージュを自分で作ってみたいなと

考えている場合はこちらの記事を確認してみてください。

結婚式のコサージュを造花で作りたい!!そんな方に作り方を紹介!!

 

 

生花で作る場合

image001
華やかで香りも良い生花のコサージュ

結婚式におすすめしたいアイテムです。

 

ただお花屋さんなどで作ってもらったりするとかなり高いですし、

いくら良いものでも一度限り。

なかなか勇気が出ませんよね。

 

そんな方にお勧めしたいのが生花のコサージュの手作りです。

ある程度の材料をそろえれば

意外と簡単に作れてしまうのです。

 

花材以外にはあまり材料費もかからないので、

自分で作るとお手軽につけられます。

 

一度作り方を覚えてしまえば、その季節ごとに

華やかなコサージュを作ることができますし、

毎回どこかにしまい込んだかな?と

コサージュを探す手間もありません。

自分で作ってみませんか?

結婚式のコサージュを生花で作りたい!!そんな方に作り方を紹介!!

 

このようにコサージュは

自分の好みの素材で作ることが出来ます。

大きさや色も思い通りなので

一度自分で作ると販売されているものでは物足りなくなっちゃいますよ!

 

 -アクセサリー, 手芸, 生活, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、