健康のための運動で1日の量はどのくらい?頻度は?を紹介!!

投稿日:

 

健康を目指して運動を始めたのは

良いものの、1日の目安量が分からない

という人は多いのではないでしょうか。

 

また、週にどれくらいの頻度で続けるのが

良いのか知っておけば、スケジュールや

目標も立てやすくなりますね。

 

今回は健康を目的とした場合、どれくらいの

頻度・量の運動を行えば良いのかをまとめました。

SPONSORED LINK

健康のためには1日どれくらい運動したら良いのか

適度な運動は健康に良い

言われていますが、果たしてどの程度の

運動を「適度」と呼ぶのでしょうか。

 

これについては

各国の主要な健康機関で意見が一致しています。

 

健康を目的とした場合、1日の運動量を

約30分間行うべきと言われているのです。

 

短すぎると体に負荷を与えることができない

ため、できるだけじっくり体を動かし、脂肪

を燃やすことが重要になってきます。

 

10分間エクササイズ🔥【ダンスダイエット】マンションでもOK!有酸素運動#027

 

例えばこの動画のような

軽い運動を室内で行うだけでも、健康促進

には十分効果が期待できます。

 

ダイエットを目的としていないため、

筋トレやランニングなどの激しいスポーツ

ではなく、サイクリングやウォーキングなど

で十分です。

 

もちろん様々な運動を混ぜても差し支え

ありませんので、自分の好みで有酸素運動

が行えます。

 

 

健康を目的とした場合、運動の頻度はどれくらいが良い?

運動の頻度についても、各国の健康機関の

意見が同じです。体調不良や病気が無い限り

は、運動をできるだけ毎日続けるのが理想的です。

 

運動を毎日続けることで体力が向上しやすく、

風邪や病気に対しての免疫力も強くなります。

ジョギング

 

仮に1週間に1日だけ150分行っても、

効果はほとんど期待できないと言われている

ため、根気よく続けることが重要でしょう。

 

1週間のうちにまんべんなく運動すると、

ストレス発散されるだけでなく、疲れが軽減

していくのが実感できます。

 

また、毎日行ってさえいれば、

1日30分以上行っても差し支えありません。

 

年をとっても活発でいたい場合は、筋トレ

を追加で行うのもWHOで勧められています。

 

長く行うほど健康に良いのですが、

体の限界を超えて疲れすぎないように

気を付けましょう。

 

あまりにも疲労を感じているようで

あれば、すぐに休むことが重要です。

 

 

健康目的としたおすすめのトレーニング

運動を行っていると、様々なメリットがあります。

ハードな運動を長時間行う必要は無いので、

体を動かすことを楽しみながら続けられる

トレーニングを行いましょう。

 

【バニトレ】マンションでもOK!有酸素運動

 

手足を大きく動かして心拍数を適度に

上げることができ、たった14分でも

良い汗がかける運動です。

 

音楽を聴きながら行えるので、ダンスや

エアロビクスが好きな方や、運動が退屈に

感じる人に良いでしょう。

 

筋トレがトレーニングの中に少しだけ

組み込まれているので、効率よく体力が

向上していきます。

 

筋トレは負荷の少ないものを少量のみ

なので、体力に自信が無い人でも行える

でしょう。

 

【10分】エア縄跳びで痩せる!0円で家で楽しく簡単脂肪燃焼有酸素運動! | Muscle Watching

 

子供のころ大好きだった

縄跳びで、楽しく有酸素運動ができます。

 

エア縄跳びは、実際に道具を使わなくても

良いので、いつでもどこでも運動ができる

のが特徴です。

 

様々な機関でも、健康やダイエットに

効果的だと言われていますね。

 

縄跳びは足の屈伸しながら腕を回す必要が

あるので、かなりの運動効果が期待できます。

 

楽しみながら運動を行えるので、飽き性の

人でも続けやすいです。

 

【4分ラジオ体操】内臓脂肪と皮下脂肪を落とすねじり有酸素運動ラジオ体操#2

 

こちらは有酸素運動ができるオリジナル

のラジオ体操です。たった4分ですがじんわり

と汗をかいて、血行が良くなっているのを実感

できるでしょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪を落とすことができる

ので、生活習慣病予防に効果的です。

 

他の運動と比べて負荷が少ないので、

ストレッチ感覚で行うことができます。

低血圧の人や運動が苦手の人におすすめです。

 

運動は約30分間をできるだけ毎日まんべん

なく行いましょう。突発的に運動を行って

も、体に変化は起こりにくいです。

 

継続することによって体は徐々に健康的に

なっていくので、無理なく楽しめる運動を

選択することが重要なポイントです。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-健康, 運動

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.