アウトドアのコーヒで人気のケトルは?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

アウトドアでの醍醐味の一つとして

挙げられるのが、豆から作るいっぱいの

コーヒーですよね。

 

外で飲むコーヒーは、それだけでも格別です

が、火を起こして豆を挽いて時間と手間をかけた

コーヒータイムのひと時は、それだけでも価値が

あります。

 

この感覚を味わいたいが為に、

アウトドアへ出かける人も多いかもしれませんね。

 

今回ご紹介するのは、そんなアウトドアでの

コーヒーでなくてはならないコーヒーケトルです。

 

お家で使うケトルとは違い、軽くてコンパ

クトで耐久性が強くないと、アウトドアグッズ

としては機能的とは言えません。

 

そんなワガママなアウトドアファンの要望に

応えるべく、各メーカーが試行錯誤の上、様々な

コーヒーケトルを販売しています。

 

アウトドドアも手作りコーヒーも未経験という

方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

SPONSORED LINK

アウトドアのおすすめコーヒーケトル

キャメルウィル キャンピングケトル

 

こちらの商品は、キャンピングには最適な

ステンレス製のケトルで、コンパクトに持ち運び

が出来るだけでなく、耐久性も高いと口コミでも

評判です。

 

容量は1.2リットルとたっぷりのお湯を沸かす

事が出来て、中に刻まれているメモリから水量

が一目で分かる仕様になっている優れものです。

 

また容器の直径がカップラーメンのフィル、

ガスカートリッジがぴったり収納できる規格

なので、収納の場所を取らずに持ち運びでも

貢献します。

 

更に、保管に便利な携帯袋まで親切につけて

くれているのが嬉しいですよね。

 

登山やアウトドアだけでなく、有事の際の防災

用にも一つ持っていて損はないアイテムと言える

でしょう。

 

ハリオ コーヒーポット

 

ハリオのコーヒーポットは、アウトドアファン

だけでなくプロも認める本格派なコーヒーケトル

として注目を浴びています。

 

この商品の特徴は、

何と言っても滑らかな注ぎ口です。

 

ケトル本体から伸びた、きれいな注ぎ口の曲線

は、まさに芸術と言わんばかりのシェイプで、

コーヒーケトルの基本であり究極の形と言って

も過言ではないでしょう。

 

コーヒーを淹れる上で一番大切な、ドリップ

させる部分を繊細なお湯の量で豆のポテンシャル

を最大限に引き出してくれます。

 

注ぎ口から出てくるお湯も滑らかでドバドバ出る

ことがなく、香り高いコーヒーを淹れるには最適

なケトルと言えるでしょう。

 

アウトドアでこそ、こだわった美味しいコーヒー

を飲みたいと思っている方は、要チェックです。

 

コーヒーパーコレーター

 

こちらは日本製のパーコレーターで、コーヒー

豆をドリップする方法ではなく、水蒸気による

抽出方法でコーヒーを作る優れものアイテムです。

 

ケトルの上部にコーヒー豆を設置し、下から

沸騰した熱湯の水蒸気が上昇して、再度下へ

落ちる原理を利用しながらコーヒーを作って

行きます。

 

手軽なので、アウトドアアイテムとして重宝

されることが多く、一度に大量のコーヒーを作る

ことが出来るのでチームでのアウトドアキャンプ

等では最適なアイテムとなっています。

 

 

コーヒーケトルの便利アイテム

コーヒーケトルとして一番必要なのは、

やはり注ぎ口の滑らかさに尽きます。

 

通常の急須などでは、日本茶を淹れるのには

適していますが、コーヒーとなるとお湯が飛び

散って豆が暴れるので、均一した香りを楽しむ

事が出来ません。

 

そんな時に、便利なアイテムとしてスキッター

と呼ばれるアイテムがあるのをご存知でしょうか?

 

スキッターは


急須の注ぎ口にマウスピースの

様に嵌めるだけで、滑らかな注ぎ口を実現させて

くれる優れものアイテムです。

 

こちらの動画でも紹介されているので、ぜひ参考

にしてみてください。

 

ソロキャンプ 珈琲 ケトル きゅうすスキッター

 

これだとドバドバお湯が出ることもないです

し、少しずつ出した時にお湯が伝って溢れる事

もないですよね。

 

ケトルを買うまでではないと言う方には、

おすすめのアイテムと言えるのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-食べ物, 飲料

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.