輪針でレッグウォーマーの編み方は?初心者も挑戦したくなる方法を紹介!!

投稿日:

 

寒い時期になると体が冷えて抵抗力が下がり、

風邪をひきやすくなります。

 

人間は「首」とつく部分から冷えて病気になる

と言われています。

 

首・手首・足首にはリンパが集中しているので、

リンパの流れが悪くなると体内の循環が鈍り、

体調を崩す原因の一つとして返ってきます。

 

レッグウォーマーは

足首を冷やさない為の必須アイテムです。

 

しかも手編みだと、より暖かみが増すのではな

いでしょうか?今回は輪針によるレッグウォー

マーの編み方をご紹介いたします。

SPONSORED LINK

毛糸を選ぶ

編み物で使う毛糸も多種多様なものがあり、

素材も豊富なので何を選べばいいか分からなく

なります。

 

まず太さについては、大抵「並太」であれば間

違いありません。

毛糸

 

素材についても、種類によっては繊維が太いも

のがあり、身につけた時に肌に当たるとかゆみ

の元になる可能性があります。

 

普段使いのレッグウォーマーであれば、ほぼ心

配はないですが睡眠時に身につける場合は、

接素肌に触れるので、用途によって素材選びは

重要です。

 

繊維が細い素材ではカシミアがオススメですが、

それ以外の素材でも柔軟剤を使ったり素肌で履

く前にクリーム等を塗ることでかゆみを出にく

くすることが出来ます。

 

 

輪針の特徴

輪針ってあまり聞きなれないし、目にする事も

少ないんじゃないでしょうか?

 

輪針は通常の棒針とは違い、編み針とコードが

セットになっているので、複数の棒針を使わな

いとできないような編み方がこれ一本で出来て

しまう優れものです。

 

 

しかも通常の棒針としての役割も果たす事が

できるので、汎用性の高いアイテムとして重

宝できます。

 

 

作り目

輪針の作り目は通常の棒針と同様で、片側の

針に作り目を作っていきます。

 

一通り作り終えたら、作り目をコードへずら

して針1と針2で半分ずつ分けます。

この時に、作り目の最初と最後は抜けないよ

うに結んでおくことがポイントです。

 

 

 

輪針で編むレッグウォーマー

輪針は筒状のものを編むのには最適は道具です。

編んだ物が自然と輪になってくれるので、

ビギナーにも優しく自分がどこを編んでいるの

か迷走することがありません。

 

こういった観点から輪針でレッグウォーマーを

編むのは、初心者にも入りやすいですし理にか

なっていると言えます。

 

ここで紹介する動画は同時編みというやり方で

レッグウォーマーを編んでいます。

 

輪針同時編みレッグウォーマー前半

 

 

輪針の裏技マジックループ

輪針の裏技とも言えるマジックループを紹介します。

輪針のデメリットとも言える特徴として、コード

の前兆より短い輪が編めない点があります。

 

輪針は通常、針とコードで輪を作っていくので、

自ずとその全長が輪の大きさになるんですが、

マジックループという方法を使えば、この懸念

点は解消されます。

 

大まかにポイントを押さえた手順を紹介します。

マジックループの編み方

  • 必要な作り目により1目多く作って、
    目をコード側へ移動させます。
  • 作り目を半分に折り、そのまま針1と
    針2へそれぞれ移動させます。
  • 糸端が出ている針1を引き出して作り
    目全てをコードへ移動させます。
  • 針1で針2の作り目を拾って編み進めます。
  • 結果、こんどは逆に針2が裸で針1に
    作り目が移動している状態になります。
  • コードを引っ張って作り目の中に針2を
    引き寄せます。
  • 以下、③〜⑥を繰り返します。

 

マジックループは高度なテクニックとされてい

ますが、ちゃんと覚えれば誰でも出来ますし、

何より作る作品の幅が広がります。

これを機に是非習得してくださいね。

 

輪針は棒針の種類の一つですが、コツさえ掴め

ば棒針に比べてはるかに汎用性が高く使いやす

い道具です。

 

その形状から抵抗がある方も多いと思いますが、

レッグウォーマーのような筒状のものを作るのに、

これほど最適なアイテムはありません。

 

一つ一つ心を込めて大切な人の健康を願って、

編んで見てはいかがでしょうか?

 

この記事を見て、最初は失敗しても

めげずに頑張っていただければ幸いです。

 

レッグウォーマーの編み方に関する記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-アクセサリー, 手芸, 生活, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.