冷凍梅で梅ジャムを作る良さとは?作り方を紹介!!

更新日:

 

暑くなる頃に始まる梅仕事。

梅干し梅酒梅シロップと、旬の梅の実で

あれこれ手作りするのが毎年の楽しみ♫という方も

多いのではないでしょうか。

 

パンやヨーグルトと相性のいい

梅ジャムもぜひ作っておきたいところ。

食欲の出ない夏でもさわやかな酸味のジャムがあれば

ついついパンに手が伸びちゃいますよね!

 

梅ジャムの作り方はいろいろありますが、

梅を冷凍させて作る梅ジャムは

凍らせた梅ならでは美味しさがあるのです。

冷凍梅で作る梅ジャムについてご紹介します!

 冷凍梅を使う良さとは?

image002

冷凍させた梅は繊維が壊れやすい状態になります。

ジャムにするともろくなっていた梅の繊維が壊れ、

そのことによりきめ細かく口当たりのよい梅ジャムが

作れるようになります。

 

果肉の食感が残っている、粗さを残したジャムも

もちろん美味しいですが、なめらかなジャムが

お好みの方はぜひ冷凍梅でジャムを作ることをおすすめします!

 

また、凍らせた梅はいつでも時間のあるときに

調理ができるというのも嬉しいポイント。

 

ジャムはどうしても焦げにくいので、

調理の際は鍋から離れることができません。

 

なかなかまとまった時間のとれない方は、

冷凍させておくことで手のあくタイミングで

ジャム作りに取り組むことができますよ。

 

 

作り方

image004

材料は梅の実1kgに対して砂糖800g~1kgです。

量はお好みで調節してください。

砂糖の量が多いほうが日持ちはするようになります。

 

  1. 梅の実は洗って爪楊枝などでヘタを取り、
    ビニール袋や密閉袋などに入れて24時間以上冷凍庫で凍らせます。
  2. 次に梅の実と砂糖を煮詰めていきますが、
    この時に使う鍋はホーローやガラス鍋など
    酸に強いものを使うようにしてください。
    image005
  3. 鍋に凍ったままの梅の実と、砂糖の半量を火にかけます。
  4. 弱火~中火で、水分が出てくるまで煮詰めていきます。
  5. 梅の果肉が柔らかくなってきたら木べらなどで
    果肉をほぐしていきます。
  6. 果肉がくずれたら種を取り除き、残りの砂糖を加えて
    更に弱火~中火で煮詰めます。
  7. あくを取りつつ、焦げないように混ぜながらとろみが
    でるまで15~20分ほど煮詰めます。
  8. ジャムは冷えると固まってくるので、
    仕上がりはサラッとした状態で大丈夫です。
  9. あまり煮詰めすぎると
    冷えた時に固くなりすぎてしまうので要注意!
  10. 粗熱がとれたら
    殺菌処理をしたビンに入れて冷蔵庫で保存してください。

 

未開封のものは1~2ヶ月ほど保存できます。

開封したものはできるだけ早く召し上がってくださいね。

 

梅ジュース・梅ジャム・梅酒・梅干しの作り方

より口当たりのよいなめらかなジャムを作りたい方は、

少し手間にはなりますが火にかけるまえに

梅の実を室温で半解凍し、包丁で剥ぐように皮をむいてください。

 

煮詰めて果肉が崩れてきたタイミングで

ザルなどで裏ごししてもOKです。

その際果肉は熱くなっているのでやけどには

十分に注意してくださいね!

 

関連記事

「完熟梅で梅ジャムを作る良さとは?作り方を紹介!!」

「梅酒や梅シロップで残った梅で梅ジャムが作れる?!作り方を紹介!!」

 

-保存食, 健康食, 料理, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.