秋冬もアウトドアを楽しむ方必見!!おすすめの防寒着!!


アウトドアな遊びをするのは

だけだと思っていませんか?

そんなのもったいなさすぎます!!

は確かに寒いですが、

とは違って

空気も澄んでいるので

見える景色も素晴らしいですよ。

ただ確かに寒いのは嫌ですよね。

アウトドアでも

楽しくなるような防寒着をご紹介します!!

SPONSORED LINK


釣りにおすすめの防寒着

アウトドア①

の釣りはかなり寒いので、

防寒着選びにも注意が必要です。

空気冷たいですが、

常にのそばなのでかなり冷えます。

おすすめの組み合わせは

インナーフリースを着て、

外側に防ぐようなジャケット

着ることなようです。

・ノースフェイスのフリース

 

・HAGLOFSのゴアテックスのジャケット

 

このような組み合わせであれば、

防寒着しての役目は

果たすと思います。

ただノースフェイス



フリース

は比較的ゆとりを

もったサイズ感で

作られています。

細身な人であれば

他のメーカーのものを

試してみるのが良いでしょう。

 

キャンプにおすすめの防寒着

アウトドア②

キャンプ

気を付けるべきことは、

たき火で暖まろうとしても

なかなか難しいというところです。

なぜなら寒さから

身を守るための防寒着

遮断してしまうので、

たき火で暖まろうとしても

暖まれないのです。

なので防寒対策

ウェアできちんと行いましょう。

おすすめの組み合わせは

ダウン



ゴアテックス

です。

ダウンを焚いていると

火花が散って

だめになってしまうこともありますし、

インナーに着こみましょう

・モンベルのインナーダウン

 

・NORRONAのゴアテックスジャケット

 

こういった組み合わせであれば、

ダウンで中は暖かいですし、

外側はきちんとなども

遮るので防寒着としては

良い組み合わせです。

またそれでも不安な人は

フリースインナーなどを

持って行っても良いでしょう。

 

ロングスリーブインナーとは?

アウトドア③

ロングスリーブインナーとは、

長袖タイプのインナーのことですが、

なぜ大事か知ってますか?

もちろん防寒にも

必要ではあるんですが、

アウトドアの服装では

基本的にアンダーウェア

吸収し、

中間保温

外側を防ぐ

役割なんです。

その時にアンダーウェアの

短かかったりすると、

吸収が上手くいかず

結果的に冷やすことに

つながるんです。

なので

ロングスリーブインナー

とても重要なんです。

 

おすすめのロングスリーブインナー

・モンベルのスーパーメリノウール

 

かなり暖かいうえ

速乾性が素晴らしいアイテムです。

アウトドアインナーとしては

かなり優秀なのではないでしょうか。

 

・パタゴニアのメリノウール

 

こちらも暖かさ、

速乾性ともに

問題ないアイテムです。

また2アイテムとも

メリノウールなんですが、

メリノウールじたいに

防臭効果などもあるので、

意外と気になりがちな

アウトドア時のニオイなども

抑えられますよ!

 

他のアウトドア関連記事

リンク:「アウトドアでテントが簡単にワンタッチで設営できちゃう!!」

リンク:「アウトドアでおすすめのおしゃれなテントを紹介!!」

リンク:「アウトドアでテントを考えている方必見!!テントの選び方を紹介!!」

リンク:「女子はキャンプでトイレが無い場合どうすればいいのか?対応方法とは?!!」

リンク:「キャンプで気になるトイレは作れる!?トイレの作り方とは!!」

 

 -衣服, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

ゾウガメ
ゾウガメの寿命は?長生きさせる為に必要な事も紹介!!

  ゾウガメとは 1mを超す大きな甲羅にそれを支える太い四肢、 長い首が特徴的な世界最大の

ヌマエビ
ヌマエビの飼育方法は?飼い方を紹介!!

  西日本から南西諸島の河川に生息する ヌマエビは、十脚目ヌマエビ科に分類される 淡水生の

ヌマエビ
ヌマエビを繁殖させたい方必見!!繁殖方法を紹介!!

  アクアリウム水槽にて大変人気がある ヌマエビは、西日本から南西諸島の河川に生 息する淡

ピラルク
ピラルクの飼育法は?飼い方を紹介!!

  ピラルクとは、アロワナ目アロワナ科ヘテロテ ス亜科に属する、南米のアマゾン川流域原産の

ヌマエビ
ヌマエビの餌は何がいいの?おすすめを紹介!!

  ヌマエビとは十脚目ヌマエビ科に分類される 淡水生のエビで、西日本から南西諸島に生息 し