カクレクマノミと混泳させた魚をイソギンチャクが食べる?!


 

身を守るためにイソギンチャクを

住み処とすることが多いカクレクマノミ。

 

ご自宅で飼育する際は

敵から身を守る必要がないので

必ずしもイソギンチャクは必要ではありませんが、

やはりカクレクマノミと一緒にイソギンチャクを

飼育する方も多いのではないでしょうか。

 

しかし

イソギンチャクとカクレクマノミ以外の

魚を一緒に飼育する際に、

ある危険性があることをご存じですか?

 

なんとイソギンチャクが魚を食べてしまう

ことがあると言うのです!

イソギンチャクが本当に魚を食べてしまうの?

食べられないようにするためにはどうしたらいいの?

 

イソギンチャクと共生するカクレクマノミと

他の魚の混泳についてご紹介していきます!

SPONSORED LINK


混泳させた魚がイソギンチャクに食べられるの?

イソギンチャクは毒性のある触手を持っていて、

獲物を毒で麻痺させてから丸呑みにします。

 

イソギンチャクと共生している

カクレクマノミ類は、この毒に耐性を

持っているために共生が可能となっています。

image006
 

しかし毒に耐性のないカクレクマノミ以外の

魚を混泳させるとなると、

種類や大きさにもよりますが、

イソギンチャクの毒にやられて食べられてしまう

というリスクが発生します。

 

もちろん、魚もイソギンチャクを意識して

避けて泳ぎますが、

 

物音や揺れなどで驚いて急な動きをした際に

イソギンチャクに突っ込んでしまい、

捕食されてしまうケースが少なからずあるようです。

 

捕らえられても、自力で抜け出すことができる

こともありますが、薬で治療しなくてはならないほどの

傷を負ってしまうことが多いです。

 

 

食べられない為にはどうすればいいの?

基本的にイソギンチャクと一緒に

クマノミ以外の魚を飼育する場合には、

どんなに対策をしていてもリスクがある

と考えておいたほうがいいと思います。

 

どうしてもクマノミ+イソギンチャクと一緒に

他の種類の魚を混泳させたい場合は、

できるだけ大きな水槽で飼育することをおすすめします。

 

大きな水槽でスペースに余裕があれば、

魚がイソギンチャクを避けて泳ぎ回りやすく、

何かの拍子に急な動きをしても、

イソギンチャクに触れてしまう危険性を

減らしてあげることができます。

image004
 

また、毒への耐性はなくてもイソギンチャクと

相性のいい種類の魚もいますので、混泳させるなら

そういった種類の魚を選ぶのもひとつです。

 

相性のいい魚は

イソギンチャクの種類によって異なるので、

イソギンチャクを飼育する際に調べてみると

いいかもしれません。

 

魚の種類によっては反対にイソギンチャクを

食べてしまうこともありますし、

イソギンチャクと相性がよくてもカクレクマノミとの

相性が悪く、喧嘩をしてしまうようなこともあります。

 

しかし水槽の広さと魚たちの相性が合えば、

様々な魚とイソギンチャクが同居する

美しいアクアリウムを作ることができますよ!

 

興味のある方は相性を調べ、

大きな水槽を用意して混泳させてみてくださいね。

 

カクレクマノミの関連記事













 

 -ペット, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

ハムスター
ハムスターの床材はどんな物がいいの?おすすめを紹介!!

  ペットとして人気の小動物であるハムスターで すが、いざ飼育する際に迷う物の一つが床材で

ハムスター
ハムスターが脱走して見つからない!!捕獲方法や脱走したがる理由を紹介!!

  小動物の中でペットとして人気の高いハムスター ですが、頭が良く飼育者の隙をついて器用に

ハムスター
ハムスターの下痢は危険信号?原因や治し方を紹介!!

  飼育しやすい小動物といえば ハムスターを思い浮かべる方も多いと思います が、体が小さい

ハムスター
ハムスターの火葬はどうやればいの?方法を紹介!!

  手のひらサイズの小さなハムスターですが、 共に過ごせば立派な家族の一員であり愛情 が湧

ハムスター
ハムスターにヒーターを使う時期はいつからいつまでがいい?温度は?を紹介!!

  手のひらサイズの可愛いハムスターは、飼育 しやすいペットとして人気がありますが 気温の