ヒバカリの餌はどうすればいいの?飼育方法を紹介!!


 

ヒバカリいう名前のをご存じでしょうか。

かつては毒蛇と考えられており、

「噛まれたら命はその日ばかり」と

恐れられていたためにヒバカリという名前が

ついていますが、

 

実際には無毒で扱い方を間違えなければ

噛みつくようなこともありません。

 

首の付け根部分にエリのような白い模様が

あるのが特徴的で、

見た目の美しさやあまり大きくならない生態、

 

そして比較的入手しやすい

餌で育てることができるという点などから

ペットとして飼育されることの多い種類です。

image002
 

しかし実際には耐久性が低かったり、

環境の変化の影響を受けやすかったり

飼育には気をつけなくてはならない

ポイントがたくさんあります。

 

それでも飼ってみたいという方は

ぜひこれからご紹介する飼育方法を参考に、

しっかりとお世話をしてあげてくださいね!

SPONSORED LINK


ヒバカリの飼育方法

飼育するのは60cm程度の

できるだけ底面積の大きなプラケースがベスト。

 

餌を食べる際に体を伸ばしたりするので、

十分なスペースを用意してあげましょう。

 

また、ケースの上部が開いていると

逃げ出してしまうので、

通り抜けられない網などでフタをしてください。

image004

ヒバカリは

湿気を好むヘビなので乾燥させないことが大切です。

湿らせたミズゴケを厚めにケースに敷き、

その上に落ち葉の混じった土を敷いてあげると

自然に近い環境になるので

ヒバカリにとって落ち着く環境になります。

 

土を入れる前に

天日干しをして殺菌しておくと安心です。

 

土の他には木の枝や石などを入れてあげてもいいですね!

植木鉢の破片などを入れてあげるといい隠れ場になります。

 


こういったウェットシェルターを用意してもいいですね!

それから水入れも用意しましょう。

☆ 清潔な水が常に入っているようにしてください。

 

餌はカエル、おたまじゃくし、どじょう、ミミズなどです。

いろいろな種類の餌を

基本的には食べるだけ与えるようにしてください。

 

水入れに餌を入れて食べさせるので、

水の汚れには十分に気をつけてください。

☆ 水が汚れていると餌を食べないことがあります。

image006
☆ 25℃以上の環境が続くと調子を崩しやすくなります。

20℃前後がヒバカリにとってベストな環境です。

 

霧吹きで土を湿らせてあげるだけでなく、

夏などは湿った床材を厚く敷き、

通気性をよくして気化熱で涼しくなるようにしてあげます。

 

通気性を良くするにはケースの底や

底面に小さな穴をたくさんあけてあげるといいですね。

 

☆ 気温が10℃以下になったら冬眠させましょう。

秋頃からエサを多めに食べさせておき、

気温の安定した場所にケージを置いて

カバーをかけてあげます。

 

ただし飼育下での

ヒバカリの冬眠は難しいと言われています。

 

冬眠できないと死んでしまうことも多いので、

自信がない場合は

秋のうちに自然に還してあげるなどしてあげてくださいね。

 

ヒバカリの関連記事




 

 -ペット, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

人物
パラコードを使ったコブラステッチの編み方は?を紹介!

パラコードをご存じですか? パラシュートで使われるナイロン製の紐、 つまり「パラシュートコード」のこ

人物
パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

アウトドアで人気の素材とは パラシュートで使われるナイロン製の紐 「パラシュートコード」ことパラコー

マフラーを編む
初心者でも簡単!!マフラーの編み方を紹介!!

  手編みのマフラー、自分で身につけるものを 作り上げる楽しさだけでなく、自分の好きな 色

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力