無痛分娩で出産するとどんなリスクがあるの? 気になる費用も紹介!!


 

 

出産を控えている妊婦さんにとって何より不安なのは

出産時の痛みなんじゃないでしょうか?

 

鼻からスイカはよく聞く話ですが、

出産時の痛みの話を聞くだけで冷や汗が出てきますよね。

 

そこで気になってくるのが無痛分娩!

日本では出産の痛みに耐えて母になるという考え方があるので

無痛分娩を選ぶ人は少ないようですが、

欧米ではほとんどの妊婦さんが無痛分娩を選ぶそうなんです。

 

もし少しでも興味があるなら

無痛分娩について理解してみませんか?

SPONSORED LINK


まったく痛みを感じないの?

image005

無痛分娩という名前から、

一切痛みが無いのかと勘違いされがちではありますが、

陣痛の痛みを和らげる出産方法なんです。

 

無痛分娩とは子宮口が5㎝くらいになり、

陣痛が有効になってきたころから麻酔治療を始めます。

麻酔を注入することで腰付近の痛みを弱めることで

分娩時の痛みを和らげるんです。

 

しかし子宮口5㎝までは痛みを和らげることができないので、

その間の痛みを強く感じたという人は多いようです。

 

無痛分娩で痛みを回避することはできませんが、

出産後の回復は早くなるようです。

 

 

どんなリスクがあるの?

image003

無痛分娩を選ぶ際にどのようなリスクがあるのかと

心配する人も多いようです。

しかし出産の際に麻酔を使ったとしても

悪影響は認められなかったという研究結果が出ています。

 

麻酔量が普通より多い場合は

出産直後に音や光に反応しにくいこともあるようですが、

あくまでも一時的なようです。

 

無痛分娩では

自閉症の危険性がたかまるという噂もあるようですが、

このような調査結果は報告された記録はありません。

 

そもそも欧米では無痛分娩が主流になっているので、

大きなリスクはないといわれています。

 

ただ陣痛による痛みがないため、

上手くいきめない人も多いようです。

その場合は吸引となってしまいます。

 

しかし吸引は

通常の分娩でも行われる可能性があるので、

無痛分娩だけのリスクではないようです。

 

 

費用はどれくらいなの?

image005

無痛分娩の費用は普段の出産費用と同じで保険適用外です。

なので無痛分娩の費用は病院によって異なってきます。

 

通常の分娩に

5万から10万程度加算した費用の病院が多いようですが、

大学病院などになると

20万程度の上乗せになることもあるようです。

 

無痛分娩を精神論で否定してしまうのは問題です。

特に2人目の出産で、産後ゆっくりとできない方などは

産後の回復が早いにこしたことはありません。

自分の納得のいくバースプランを選びましょう。

 

 -生活, 百科事典

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力

バッグ
クラッチバッグの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  最近のオシャレさんはみんな持っている クラッチバッグ! 街中で見ていると色んな可愛らし

毛糸
小物入れの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  雑貨屋さんでも目を惹かれる編み物で作る 小物入れ。すっごく可愛らしくて素敵ですよね!

編み物
ひざ掛けの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  寒い季節に大活躍するひざ掛け! 特に女性の方なら冬には欠かせないアイテム ですよね。