パラベンとは?パラベンフリーが人気な理由がわかる!!

更新日:

 

最近化粧水などのように肌に触れるものは

成分が安心できるものに人気が集まっています。

 

その中でもパラベンフリーと言う言葉は

特によく聞く言葉なのではないでしょうか?

 

パラベンと言う成分が入っていない化粧水などが

人気なのにはどのように理由があるのでしょうか?

 

何となくよく聞くから使うのではなく、

肌につけるものだからこそしっかりと吟味して選びましょう。

SPONSORED LINK

 

パラベンとは?

image001

パラベンフリーと言う言葉はよく聞きますが、

パラベンが何か知っている人はいますか?

 

パラベンとは防腐剤のことなんです。

化粧水だって何も加工してい無ければ

割と早い段階で腐ってしまいます。

それを防ぐのがパラベンと呼ばれる防腐剤です。

 

ではなぜパラベンが入っていない

パラベンフリーの商品が良いと考えられているのでしょうか?

 

 

パラベンフリーがいい理由

女性

パラベンフリーが良い理由は

パラベンがアレルギー症状を引き起こす場合があるからです。

 

多くの人は大丈夫なのですが、

パラベンでアレルギーを起こしてしまう人もいました。

なのでパラベンが入っていない商品を望む人が多くなったのです。

 

しかしパラベンフリーの商品を選ぶ場合には注意が必要です。

それは早めに使い切ることです。

防腐剤が入っていない商品を何度も封を開けて使っていると

いつかは腐ってしまいます。

 

もし腐っている化粧水を使ってしまうのであれば、

まだパラベンが入っている化粧水の方が安全なのです。

 

なのでパラベンフリーの商品を使用する場合は

管理に気を付けましょう。

 

 

おすすめの化粧水

オードムーゲ

昔から愛されている化粧水です。

パラベンフリーなので気になる人でも安心して使用できます。

 

抗炎症成分が配合されているため、

ニキビや肌荒れなどで悩んでいる人にも効果の高い化粧水です。

 

 

アミノ酸浸透水

パラベンフリーに加えてアルコールも入っていない

徹底的に低刺激にこだわった化粧水です。

敏感肌の人などにおすすめ出来る化粧水です。

 

 

おすすめの日焼け止め

脱毛クリーム①

アリー エクストラUVジェル

ジェルでサっと広がるのに、ウォータープルーフなので

汗をかきやすい夏場にはありがたいアイテム。

洗顔料などで落とせるところも魅力です。

 

 

トゥベール ミネラルサンスクリーン

パウダータイプなので

日焼け止めのお直しもしやすいアイテムです。

 

 

パラベンフリーで肌にも優しい成分なので

長時間の使用も安心できます。

 

パラベンは悪いことばかりの成分では決してありません。

メリットとデメリットがあるので、

自分のライフスタイルや、

肌の状態できちんと選ぶようにしていきましょう。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.