冷凍した魚をおいしくフライパンで焼くには?おすすめの方法を紹介!!

投稿日:

 

たくさん買ってきた魚や、食べきれずに余っ

た魚はラップに包んで冷凍保存、数日後に調

理して食べると何だか前よりも美味しくない

ときがありませんか?

 

水っぽくてべちゃっとしていたり、生臭さ

感じる時があります。

 

もちろん買ってきてすぐに食べきるのが一番

新鮮で美味しいですが、冷凍後もなるべく美

味しくいただけるような焼き方を知りたいで

すよね。

 

それでは冷凍した魚を美味しくフライパンで

焼く方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

冷凍した魚の解凍方法

魚

冷凍してカチカチに凍った魚は必ず解凍して

から調理をします。

 

凍ったまま調理をすると、水っぽくて生臭く

なりあまり美味しくないので、必ず解凍して

から調理してください。

 

電子レンジに解凍機能はついていますが、解

凍具合にムラが出てしまうので、自然解凍

方が上手に解凍することができます。

 

オススメの解凍方法は、冷凍庫から冷蔵庫に

移動させ、ゆっくりと自然解凍させることで

す。

 

前日の夜に冷凍庫から冷蔵庫に移動しておけ

ば、次の日の夕食の準備のときには解凍され

ているので、すぐに調理を始めることができ

ます。

 

時間がなくて急いで解凍したいときは、ジッ

プ付きの袋に魚を入れて、水が入らないよう

にしてから、流水につけて解凍しましょう。

 

どちらにしても、急速に解凍すると魚から

リップが出やすく、そのまま焼くと生臭さ

残ってしまうので、キッチンペーパーなどで

しっかりドリップを拭き取ってから調理して

ください。

 

冷凍した魚をおいしくフライパンで焼くには?

調理道具

塩をふり生臭さを消す

解凍した後の魚からはドリップがたくさん

てきます。

 

そのまま焼くと生臭さが残ってしまうので、

まずはドリップをキッチンペーパーなどで拭

き取り、塩を多めにふって約10分ほど置き

ます。

 

魚から臭みが抜けるだけでなく、魚の身も

き締まります。

 

干物や塩鮭などの加工食品は、あらかじめ水

気が抜けているので、冷凍のまま焼いても大

丈夫です。

 

フライパンにクッキングシートまたはアルミホイルを敷く

クッキングシートまたはアルミホイルを、フ

ライパンの大きさに合わせて敷きます。

 

アルミホイルは1度クシャクシャにすると、

魚の身がくっつきにくくなります。

 

アルミホイル全体にシワをつけてから、薄く

油をひいて焼き始めます。

 

フライパン用ホイルの方が、魚の身がくっつ

きにくく扱いやすいので、あればそちらを使

ってください。

 

盛り付けた時に上になる面から焼く

先に焼く面の方がきれいに焼けるので、お皿

に盛り付けた時に上になる面から焼き始めま

す。

 

切り身は皮目から、頭つきの魚は頭が左

が手前になる面から焼きます。

 

干物の場合は身が表になるように盛り付けま

す。

 

魚の種類によっては皮から焼くと、皮が縮ん

で身が反り返ってしまうことがあります。

 

弱火で焼く

”魚は強火の遠火がいい”という言葉とおり、

グリルやBBQの場合は強火の遠火で焼きま

す。

 

ですがフライパンの場合、火が強すぎると外

側だけ焼けて中は生焼けになる場合があるの

で、弱火でしっかり中まで火が通るように焼

いてください。

 

あまり焼きすぎると身が固くなるので、菜箸

押してみて弾力があるぐらいがちょうどい

い焼き加減です。

 

粕漬けやみりん漬けなどは焦げやすく、グリ

ルで焼くと一気に黒くなってしまうので、フ

ライパンで弱火で焼いた方が簡単です。

 

一度冷凍した魚はドリップがたくさん出るの

きれいに拭き取ること、フライパンで焼く

場合は弱火でじっくり焼くことで上手に焼く

ことができます。

 

後片付けはアルミホイルやクッキングシー

捨てるだけでとっても楽チン、フライパ

匂い移りもしにくいのでオススメです。

 

グリルは後片付けが面倒だから使いたくない

・・・という方もフライパンで焼く焼き魚

ぜひ試してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-料理, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.