肉の保存で長持ちする方法は?やり方や期間を紹介!!

投稿日:

 

安いお肉をスーパーでまとめ買いしたら、

蔵庫か冷凍庫にまとめて保存。

 

いざという時にさっと使えてとても便利なの

で、常にストックしている人は多いですよね。

 

すぐに使う分は冷蔵庫へ、それ以外は冷凍庫

で保存しますが、それぞれどれくらいの期間

保存することができるのでしょうか。

 

お肉を少しでも長持ちさせて、美味しく食べ

ることができる方法や期間を見ていきましょ

う。

 

それでは肉の保存方法で長持ちする方法は?

保存方法保存期間をご紹介します。

SPONSORED LINK

【お肉の保存方法】

冷蔵庫

買ってきた肉は新鮮なうちに、冷蔵保存また

冷凍保存しましょう。

 

冷蔵保存は保存期間が短いので、すぐに食べ

る分だけにし、残りは冷凍保存するようにし

てください。

 

それでは肉を冷凍保存する際のポイントを見

ていきましょう。

 

肉は新鮮なものを冷凍する

冷凍保存すれば長持ちするとはいっても、鮮

度がすでに落ちたものでは食べても美味しく

ありません

 

必ず新鮮なうちに冷凍保存するようにしまし

ょう。

 

肉が空気に触れないようにする

肉は空気に触れると酸化が進んでしまい、

菌やカビの繁殖の原因になってしまいます。

 

スーパーで買ってきたトレーのまま冷凍しな

いで、トレーから出してラップにピッタリ包

んでから冷凍保存しましょう。

 

使いやすい量に小分けする

使いたい分量ずつ解凍できるように、小分け

にして保存しておきましょう。

小分けにしているので解凍時間も短くなり、

すぐに調理に使うことができます。

 

急速冷凍する

できるだけ早く肉を凍らせるために、肉を小

分けに包んだら素早く冷凍庫へ移動させまし

ょう。

 

冷凍室に急速冷凍機能があればそちらへ、な

ければアルミのトレーに乗せて冷凍室に入れ

てください。

 

アルミは熱伝導が良いので、そのまま冷凍室

に入れるよりも素早く冷凍することができま

す。

 

空気を抜いて密閉保存

冷凍保存するときは肉をラップに包んでから

ジップ袋などに入れて、しっかりと空気を抜

いて密閉保存しましょう。

 

肉が空気に触れると酸化してしまったり、

がつきやすくなるので、その分傷みやすく

ります。

 

【お肉の保存期間】

ステッカー

肉の保存期間は鶏肉が一番長く、続いて豚肉、

牛肉の順に短くなります。

まずは冷蔵庫で保存する場合の保存期間を見

ていきましょう。

 

  • 鶏肉

ひき肉、内臓:当日中

切り身:1日

 

  • 豚肉

合挽き肉、ひき肉、内臓:当日中

スライス、切り身:2日

ブロック肉:3日

 

  • 牛肉

合挽き肉、内臓:当日中

ひき肉:1日

スライス、切り身、:3〜4日

ブロック肉:5日

 

続いて冷凍保存の場合、必ず肉が新鮮なうち

に冷凍保存しましょう。

 

冷蔵庫に入れておいたものを後から冷凍して

も、すでに肉の鮮度は落ちてしまっています。

肉を買ってきたらその日のうちに冷凍するか、

すぐに食べきるようにしましょう。

 

冷凍保存していても、肉の脂肪やたんぱく質

時間の経過とともに変化していきます。

 

肉を長期で冷凍保存すると、酸化や乾燥して

しまい美味しくないので、冷凍保存の場合で

1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。

 

ジップ袋などに日付を書き込んでおけば、い

つ買った食材なのかすぐにわかるので、使い

忘れを防ぐことができますよ。

 

また肉を長期間冷凍保存しておくと、肉の色

赤茶色にくすんで表面が乾燥していること

があります。

 

空気に触れる状態で冷凍していたり、冷凍と

解凍を何度も繰り返していると、このような

冷凍焼けが生じてしまいます。

 

冷凍焼けしないようにしっかりと密閉保存

るか、早めに食べきるようにしましょう。

 

肉はナマモノなので、新鮮なものを買ってき

て、新鮮なうちに食べきるのが理想的

 

買ってきたお肉を無駄にしないように、冷凍

庫を上手に利用して計画的に食べきるように

工夫してくださいね。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-保存食, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.