フライパンで肉をおいしく焼くには?焼き方のおすすめを紹介!!

投稿日:

 

お肉を柔らかくジューシーに仕上げるには、

肉の温度が大切!肉の旨味である肉汁を逃さ

ないように調理すれば、一般家庭の火力でも

美味しく調理することができます。

 

スーパーで買った安いお肉も、調理次第で十

分美味しくいただくことができますよ。

 

それではフライパンで肉を美味しく焼くに

は?上手な焼き方をご紹介します。

SPONSORED LINK

【お肉を美味しく焼くポイントは?】

フィレ肉

肉を美味しく焼くポイントは、いかに肉汁を

逃さずに焼くことができるかです。

 

肉の中心に火が通り過ぎると、水分が逃げて

パサパサになってしまいます。

 

まずは肉の適温を保つことができる、厚手の

フライパンを用意しましょう。

お肉全体の温度を保つことで、肉全体を均一

に焼き上げることができます。

 

続いてお肉の表面に一気に焼き目をつけて、

肉汁が外に逃げないようにしっかりと閉じ込

めます。

 

味付けはシンプルに塩コショウがおすすめです。

できれば旨味成分が含まれている岩塩で、お

肉のおいしさを引き立てましょう。

 

そして肉の臭みを消す作用があるコショウは、

あまり香りのきつくないものを選びましょう。

挽きたてのコショウで、肉本来の味を味わって

ください。

 

【ステーキ肉の美味しい焼き方】

1 お肉は常温に戻しておきましょう。

 

ポイント1

肉を常温に戻しておくと、表面と内側の温度

が均一になります。

 

焼きムラがなくなり、外はしっかり焼けてい

るのに、中は生焼けという状態を防ぐことが

できます。

 

2 肉に硬い筋がある場合は、包丁で筋を切

  っておきましょう。

 

3 肉の両面にまんべんなく塩コショウを振

  ります。

  あれば岩塩や挽きたてのコショウが、肉

  の味を引き立てます。

 

4 フライパンを煙が出るくらいまで熱して、

  牛脂または油を薄くひきます。

  できれば牛脂の方が、風味よく焼き上げ

  ることができます。

 

ポイント2

肉をジューシーに焼き上げるには、肉汁を逃

さないようにすることが大切です。

肉の表面を一気に焼くことで、肉汁を外に逃

さずに内側に閉じ込めることができます。

 

5 フライパンがしっかり熱したら、肉を静か

  にフライパンに置きます。

  上手に焼くには、フライパンに肉を敷き詰

  めすぎず余裕をもたせましょう。

 

  ※お肉は手前から奥にむかって、ゆっくり

  と置いてください。

  奥から手前に置くと、油がはねやすくな

  ります。

 

6 火加減をを中火〜強火にします。

  中火〜強火で肉の表面に一気に熱を加えて、

  しっかりと焼き色をつけます。

 

ポイント3

肉をフライパンに置いたら、なるべく

動かさないようにしましょう。

揺らしたり、ひっくり返したりすると、肉

の脂や旨みが外に逃げてしまいます。

 

7 お肉にしっかり焼き目がついたら、ゆっく

  りと裏返し、裏面も中火〜強火でしっかりと

  焼き目をつけます。

 

8 肉の両面にしっかり焼き目がついたら、

  火〜中火に火を弱めます。

 

ポイント4

肉の中に火が通り過ぎると、水分が抜けてパ

サパサになってしまいます。

表面は一気に焼き上げてから、火を弱めまし

ょう。

 

9 水分が逃げないようにアルミホイルで軽く

  蓋をして、約2分ほど焼きます。

 

10 お肉が焼きあがったら、アルミホイル

   お肉を包みます。

   アルミホイルで保温しながら、約10分

   ど寝かせます。

 

ポイント5

お肉が焼きあがってもすぐにカットしない

うにしましょう。

すぐにカットすると、旨みである肉汁が流れ

出てしまいます。

 

またアルミホイルで保温することで、中が

少レアでも内側まで程よく熱が加わります。

 

11 こちらはお好みで、最後の仕上げに赤ワ

   インやブランデーで香りづけをします。

   少量の赤ワインやブランデーを振って焼

   くと、香り良く仕上がります。

 

本格的な鉄板がなくても、フライパン一つで肉

柔らかくジューシーに仕上げることができます。

肉の旨味を外に逃さないように火加減に気をつ

けて、自宅でも美味しいお肉を味わいましょう。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-料理, 食べ物

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.