毛穴対策にもなる日焼け止めは?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

休日は肌を休めるために、

ファンデーションをしない方は多いですよね。

 

近所にお出かけするぐらいなら、日焼け止め

だけさっと塗って出かけたいですが、同時に

気になる鼻や頬の毛穴を、日焼け止めだけで

隠すことができたら一石二鳥ですよね。

 

それではクレンジングを使わずにさっと落とせ

て、でも毛穴はしっかりと隠してくれる、毛穴

対策にもなる日焼け止めをご紹介します。

SPONSORED LINK

SPF値とPA値とは?

麦わら帽子

日焼け止めに記載されているSPF値とPA値は、

どれくらいの値を選べば良いのでしょうか?

 

SPF値

SPF(Sun Protection Factor)は、UV−Bを防ぐ

値を表しています。

肌に日焼け止めを塗っていない状態で、肌が

日焼けするまでの時が何倍まで伸びるかを

表しています。

 

SPFは約20分で日焼けすると言われています

ので、例えばSPF20の場合

20分×SPF20=400分(6時間半)日焼け

止めの効果が持続する計算になります。

 

SPF10〜20:日常生活

SPF15〜30:短時間のアクティビティー
や、屋外での軽いスポーツなど

SPF30〜50:炎天下でのマリンスポーツ
や、紫外線が強い時など

 

PA値

PA(Protection grade of UVA)は、UV−Aを防ぐ

値を表しています。+の数が多いほど、UV−A

を防ぐ効果が高いとされています。

 

どちらも高い数値の方が日焼けを防いでくれます

が、その分肌への負担は大きくなります。

 

日常生活ではあまり高い値は必要ありませんので、

SPF30、PA++で十分です。

 

 

日焼け止めの種類

日焼け止め

クリームタイプやミルクタイプの日焼け止め

、化粧下地の代わりにもなるので、しっかり

とメイクしたい場合にオススメです。

 

ですが、日焼け止めだけでは多少のテカリが

あるので、上からパウダーをのせるなど手間が

かかってしまいます。

 

そんな時は、

パウダータイプの日焼け止めがオススメです。

 

休日や短時間のお出かけなら、さっとパウダー

をのせるだけなので、とってもお手軽です。

 

もちろん、化粧直しに普段のメイクの上から

重ねて使うこともできます。

 

 

オススメのパウダータイプの日焼け止め

 

SPF50、PA++++と強い紫外線から肌を

守ってくれる、トゥヴェールの日焼け止めパウダーです。

 

ミネラルと美容液成分でできた、まるで美容液の

ようなUVパウダーで、肌にダメージを与える

ロングUVAまで防ぐことができます。

 

陶器肌のような仕上がりのセミマットタイプと、

上品なツヤのある仕上がりのシマー(ツヤ)タイプ

からお好みの仕上がりを選べます。

 

ノンケミカル処方で、石鹸で簡単に落とせるので、

敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

 

SPF50、PA++++の紫外線カット力は

そのままで、より繊細でふんわりとツヤめく

仕上がりを実現した、エトヴォスのUVパウダーです。

 

皮脂を吸着しながらも、

くすみにくく透明感のある仕上がりを持続します。

 

肌トラブルになるロングUVAやブルーライトを

カット、さらに保湿成分ヒト型セラミド5種、

ヒアルロン酸Na、保水力に優れたシロキクラゲ

多糖体を配合しています。

 

 

合成シリコンや、パラベン、フェノキシエタノール

などの化学合成物質(防腐剤)が使われていない

アンナトゥモールのナチュラルUVルースパウダーです。

 

無添加・無香料・無着色で、乾燥肌・オイリー

肌・混合肌・コンビ肌など、どんな肌タイプの方

でも使用することができます。

 

SPF14、PA+と紫外線カット力は弱めですが、

透明感のあるヴェールを作り、キメの整った美しい

肌に仕上がります。

 

パウダータイプの日焼け止めを使えば、

気になる肌の悩みをカバーしながら、日焼け

からもしっかりと肌を保護してくれます。

 

肌に負担をかけずに上手に日焼け対策をして

くださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.