183cmで体重の標準と理想は何kg?男性編を紹介!!

投稿日:

 

昔は食べても太らなかったのが、

最近になって太りやすくなっている

男性は多いのではないでしょうか?

 

男性は、塩分濃度の高い食べ物や油分の

多い食べ物を比較的好む傾向にあると

言われています。

 

そのくせ自分の体重には無頓着なので、

健康診断で久々に体重を測定して愕然とする

場面も多いのですよね。

 

必要以上に体重が増加すると、健康状態の

悪化にも繋がるので先ずは日々の体重を把握

する事が健やかな日常を送るための第一歩と

言えるかもしれません。

 

今回は身長183cmの男性にとって

理想的な体重とは?その方法は?について

ご紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

身長183cmの正しい体重

体重計

まず理想的な体重や体型を目指すには、

現時点の体重を測定して自分の体重に興味を

持つことが大切です。

 

現時点の体重に興味を持てば自ずとその推移

にも興味を持つことになるので、どうすれば

どれぐらい減るのかが分かってきます。

 

標準体重とは

あとは目標設定が大切ですが、体重には統計

上の指標として標準体重と呼ばれる基準値

あります。

 

標準体重は「身長/100×身長/100×平均BMI

(ボディ・マス・インデックス)」で計算でき

るので、身長183cmの場合だと体重73.6kg

なります。

 

いかがでしょうか?

もしかしたら自分の体重はそこまで重くない

という方も多いかもしれませんね。

 

しかしながら、

軽いからと言って理想的な体重とは限りません。

 

もう一つ、理想的な体重を目指す上で大切な

ポイントとして筋肉量があります。

 

 

身長183cm男性の体脂肪率

男性

標準体重には一定の筋肉量が考慮されている

為、少し重めの設定がされていると言われて

います。

 

筋肉量は体脂肪率を測定することで把握する

ことが可能で、低い体脂肪率で平均BMIぐらい

のあれば一定の筋肉量があると推測できます。

 

平均的な体脂肪率は性別や年齢によって異なって

きますが、男性の場合はおよそ15%〜20%

言われています。

 

アスリートにもなると10%未満である事が

普通なので、理想を目指すなら10%〜15%

ぐらいが妥当ではないでしょうか?

 

この事から身長183cm男性の場合は、

体重73.6kgの体脂肪率10%〜15%付近で

理想的な体型を維持することが出来る

言えるでしょう。

 

皆さん、日常生活において筋肉量がそこまで

重要なのか疑問に思うかもしれませんね。

 

しかしながら、

腹筋や背筋が低下することによって腰痛を

引き起こしやすくなったり、血液の循環が悪く

なることで冷え性になりやすくなる場合もあり

ます。

 

good point!

また筋肉量を増やすことで、代謝が良くなり

太りにくい体質を作り上げることも出来る

で、日常生活における一定の筋肉量は重要で

あることがうかがえますよね。

 

 

効果的なダイエット方法

では実際にダイエットを始めるにあたっての

ポイントを紹介していきますが、ダイエットで

一番大切は何でしょうか?方法?回数?

 

実はダイエットを始めるにあたって、

最も大切なことは方法や回数などではなく

マインドと言われています。

 

どのようなマインドかと言うと、目標に向

かって成功するイメージを維持する気持ちです。

 

例えば、ダイエットが成功した後の自分の

体型や、それに似合う服をイメージしたり

するのも良いでしょう。

 

その目標に向かって確実に一歩ずつ進んでいる

という確信的なモチベーションがダイエット

には必要と言われています。

 

人それぞれマインドの持ち方は違うので、

自分でその方法を見出しながら続けて行く

のも良いかもしれません。

 

ダイエットにはジョギング等の有酸素運動が

効果的と言われているので、いくつか紹介

していきます。

 

ウォーキング

腕をしっかり振りながら、足の親指に力を

入れて地面を掴む感じで歩きます。

実際この方法でちゃんと歩いてみると結構な

スタミナを消費します。

 

ジョギングと違って、極端な疲労感がないので

続けやすいのがメリットですね。

 

ジョギング

ジョギングはダイエット方法の中で

一番効果的と言われています。

 

およそ1日30分走ればひと月で1kg痩せると

いうデータもあるぐらいなので、継続できる

自身があって早く結果を出したい人には最適

です。

 

ご注意!

但し、準備運動をしっかりしないと怪我を

してしまうこともあるので、走る前には必ず

体を十分に伸ばすようにしましょう。

 

水泳

水泳のカロリー消費量はトップレベルと言われ

ています。

 

水泳のポイントとしては、息が上がらない程度に

ゆっくりと長時間継続して行うことです。

 

がんがん短時間で泳いでしまうと、休憩ばかり

して消費カロリーが少なくなるので、ゆっくり

水の中を歩いたりするような運動を心がけましょう。

 

その他、ダイエット器具を使う方法も注目され

てきています。今回は、その中でも比較的

レビューの高いSIXPADを紹介します。

 

SIXPADは、身体中のどこでも貼るだけで、

周波数から脂肪を燃焼させ筋肉量を増やす

効果があります。

 

SIXPADについて以下の動画でも紹介している

ので是非参考にしてみてください。

 

シックスパッドの使い方をご紹介します

敬遠されがちなダイエット器具ですが、

正しく使うことで一定の効果を得ることが

出来ます。

 

器具メインというよりは、基本のダイエット

に加えたサポート役として使用すれば目標達成

までの距離が縮んでくるのではないでしょうか。

 

今からでも決して遅くはないので、

是非挑戦してみてください。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ダイエット, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.