つば付きニット帽に合うかぶり方は?メンズにおすすめを紹介!!

更新日:

 

これから寒くなる季節に

必須のアイテムの1つがニット帽です。

 

ニット帽は耳まで隠れるので、耳あてを買う

のが面倒だなと思っている人や自転車に乗る

人にも最適です。

 

通常のニット帽はツバがないのでシルエット

的に丸い雰囲気が出て、中には抵抗がある人

もいるんではないでしょうか?

 

今回はオスロキャップと呼ばれる、

つば付きニット帽のかぶり方について、

ご紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

通常のニット帽との違い

 

オスロキャップはビーニーなどの通常のニット

帽とは違い、シルエット的にはキャップに近い

雰囲気を持っています。

 

印象的には通常のニット帽の方が大きな感じ

がしますが、実際にオスロキャップは折り返し

部分が伸ばして耳をすっぽり隠せるアイテムも

あり機能的にはかなり使えます。

 

また顔の露出度もビーニーよりも遥かに低い

ので、メガネなしでも本人と気づかれないよ

うなかぶり方もできます。

 

スタイル面でもビーニーに比べシャープな

印象があるのでニット帽の丸目な感じは嫌だ

が、あったかいのが良いというワガママさん

でも大丈夫です。

 

 

ニット帽の基本的なかぶり方

近年ではニット帽を目の上ギリギリで深めに

かぶるスタイルはあまり見られなくなりました。

 

どちらかと言うと額を出したり、前髪を上げ

て生え際まで露出するようなかぶり方が主流

になってきています。

 

また、前髪を両サイドに分けてニット帽の外

へ出したり、そのまま前に出したままニット

帽を乗せるような形にして

ニット帽ありきのスタイリングを楽しんだり

するパターンもあります。

 

こちらの動画ではニット帽を使ったオシャレ

なかぶり方を紹介しているので参考にしてみ

てください。

髪セットしなくてもおしゃれで可愛くなるアイテム

 

つば付きニット帽は通常でも露出度が低い方

なので、深めにかぶるよりも、若干顔を見せ

るようなイメージでかぶるといいでしょう。

 

 

つば付きニット帽のかぶり方

つば付きニット帽はビーニーのようなオーソ

ドックスなニット帽よりも、多様なかぶり方

でスタイルを決めることができます。

 

耳だし 耳かくし
フロント深かぶり キャップっぽいスタイルに仕上げる事ができる

短髪にはオススメ

防寒には最適

色んな事情で顔をあまり見られたく無い場合はあり(笑)

フロント浅かぶり 全体的に爽やかな印象を与えるスタイル

メガネとの相性も抜群でニット帽の重い雰囲気を一掃させる

一番多い基本的なかぶり方

耳を隠して防寒にもなり明るい印象も与えるのでファッション的にも機能的にも◯

 

ビーニーで耳を完全に出してかぶるスタイル

はバランス的に非常に難しいですが、

 

つば付きニット帽だと自然で、むしろ爽やか

な明るい印象を与えるかぶり方になります。

 

 

また、フロント部分については額を思いっきり

出しても、つばがある分顔全体のバランスが

シャープに決まりやすく、帽子を深くかぶりが

ちな人でも苦手意識が少なくスタイルを決める

事が出来ます。

 

 

ロン毛にオススメなかぶり方

 

長髪の場合は女性のかぶり方を参考にしてい

ただければ良いと思いますが、フロントを浅

めにかぶっている場合が多いのに気づきます。

 

男性の長髪の場合は全体的に重くなりがちな

ので、どれだけ露出するかでスタイル的にも

良いバランスを保つ事が出来ます。

 

また、前髪も両サイドに出しつつフロントを

浅くかぶる事で額が露出するので、長髪の野

暮ったいスタイルから脱却する事ができます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

つば付きニット帽を目にした事はあるものの、

そこまで注目した事が無い方が多いと思います。

 

店頭に並んでいてもニット帽目当ての場合や、

キャップ目当ての場合のどちらも手に取る事

は無いですが、

 

意外と機能性にもファッションにも優れ

ていて、むしろビーニーよりも汎用性がある

ように感じますよね。

 

今年は、是非つば付きニット帽で

冬を寒い越してみてはいかがでしょうか。

これで厳しい冬の自転車通勤も怖くありませんよ。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-帽子, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.