スタッドレスタイヤで燃費が悪くなるのはなぜ?


スタッドレスタイヤって絶対必要ですが、

必要な期間が短すぎますよね。

履き替えたと思ったら

すぐにまた夏タイヤに履き替えなくちゃいけない。

面倒だなと思うことはありませんか?

 

私はいつもその繰り返しです。

本当に履き替えなくてはいけないのでしょうか?

スタッドレスタイヤで燃費が悪くなる原因と対策についてご紹介します。

SPONSORED LINK


原因

image005

♦タイヤが柔らかい。

スタッドレスタイヤ

冬場の悪路を走ることを想定されています。

 

雪道、凍った道、ふわふわの雪道、

ベチャベチャになってしまっている雪など様々です。

 

なぜそのような道を走ることができるかというと、

タイヤがとても柔らかく作られており、

雪でも氷でもしっかりと捕まえるようにできているんです。

 

極寒の場所でタイヤが硬くなってしまうと

せっかくのスタッドレスの効果が得られないので、

柔らかく作られているんです。

しかしこのタイヤの柔らかさが燃費を悪くするんです。

 

アスファルトの上を走る時には

抵抗が大きくなってしまい燃費が悪くなってしまうのです。

タイヤが柔らかいことで

道路と触れる面積が大きくなるからですね。

 

♦夏タイヤは最近では低燃費にするために軽く作られているものがほとんどです。

しかしスタッドレスタイヤ

雪や氷にしっかりと食い込むことができるように

溝を大きくするために厚めに作られています。

 

なので最近の夏用タイヤと比較すると

重たくなってしまうのです。

当然のことですが、

重たいとそれだけ燃費も悪くなってしまいます。
 

 

対策

image003

最近ではスタッドレスタイヤでも低燃費のものが発売されています。

ヨコハマタイヤ アイスガード5

こちらのタイヤの売りは

「氷に効く」

「長く効く」

「燃費に効く」

というものです。

 

前モデルのタイプと比較すると

5%は改善されているようです。

これは単純に5%燃費が良いということのようなんです。

 

このように最近では燃費にも気を使った

スタッドレスタイヤが発売されているんです。

 

夏でもタイヤの交換をしたくないという人であれば、

スタッドレスタイヤを購入するときには

燃費にも注目して購入するべきのようです。

 

 

スタッドレスから夏タイヤに履き替えた方が燃費がいいのか?

image001

もちろん一番良いのは夏タイヤへきちんと履き替えることです。

いくら性能が良くなっていても

夏タイヤの方が性能は良いからです。

 

ただ、夏タイヤへ履き替えることが面倒だという場合、

無理に履き替えさせなくても良いかもしれません。

 

一般的にスタッドレスで運転を続ける事よりも

エアコンを使うほうが燃費には悪いといわれています。

 

なので履き替えがあまりにも面倒に感じる方は、

そのままでも良いかもしれません。

 

 -生活, 自動車

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

人物
パラコードを使ったコブラステッチの編み方は?を紹介!

パラコードをご存じですか? パラシュートで使われるナイロン製の紐、 つまり「パラシュートコード」のこ

人物
パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

アウトドアで人気の素材とは パラシュートで使われるナイロン製の紐 「パラシュートコード」ことパラコー

マフラーを編む
初心者でも簡単!!マフラーの編み方を紹介!!

  手編みのマフラー、自分で身につけるものを 作り上げる楽しさだけでなく、自分の好きな 色

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力