パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

更新日:

アウトドアで人気の素材とは

パラシュートで使われるナイロン製の紐

「パラシュートコード」ことパラコードです。

頑丈で軽いので扱いやすく、ナイロン製なので

水に濡れても大丈夫、という特長があります。

 

パラコードは、スポーツショップのアウトドア用

品コーナーやインターネットで購入することが

できるのですが、パラコードを使った犬のリード

(ドッグリード)も販売されています。

 

愛犬家の方はご存じとは思いますが、犬のリード

は散歩の必需品です。

ドッグリードについての選び方とともに、パラコード

を使ったドッグリードの編み方をご紹介します。

SPONSORED LINK

 

パラコードのドッグリードをオススメするワケ

犬の散歩が10倍快適になるおすすめのリード

犬との散歩では、飼い主が飼い犬を繋いでおくこ

と、つまりリードを使うことが常識です。

 

「犬を引き回しているみたいでかわいそう」とい

う考え方をする人もいますが、ノーリードで行動

していたために散歩中に犬が攫われそうになった、

 

あるいは車や自転車に衝突しかけた、などといっ

たことを防ぐため、犬の安全のためにも、散歩時

のリードは必要です。

 

リードの素材には

  • 犬の力に耐える強度
  • 犬の動きに対応できる伸縮性
  • 雨や汚れを考慮した耐水性

が求められます。

よく用いられるのは金属製革製のものです。

犬種や用途によってメリット・デメリットがあ

りますが、

 

金属製は

重さがあり、連続して長期間使用すると金属

アレルギーを発症することもあります。

 

革製は

馴染むのに時間がかかる、犬の毛や皮脂が絡まっ

て皮膚を痛める、時間経過とともに強度・耐水性

が低下するなどのデメリットがあります。

 

パラコードはナイロン製の7本の芯線を外側から

被った二重構造になっています。ナイロンですか

ら軽量で水にも強く、水洗いもできます。

 

また、ある程度の伸縮性もあります。

特に、小型犬~中型犬のリードとしてオススメです。

 

ドッグリードを作るなら何を準備すればいい?

パラコードのドッグリードは市販されているもの

もあり、製作キットも販売されています。

 

また、パラコードの加工には特別な道具は必要なく

カラーが豊富で編み方も何種類かありますので、

オリジナルのドッグリードを作ることができます。

 

基本的なパラコードの扱い方と、いろいろな編み

方で作るドッグリードをいくつかご紹介しましょう。

 

 

最初に覚えよう パラコードの基本「焼き止め」

パラコードで編んでみよう第0回 準備編

ナイロン製の二重構造であるパラコードは、

熱で溶ける性質があります。

 

これを利用して切断面をライターなどの火で

焙って固める「焼き止め」を行い、糸の切り口

のほつれを防ぎます。この方法を使えば、二本

のコードを一本に繋ぐことも出来ます。

 

やり方は、切断した部分をライターなどの火で

焙り、溶けたところをはさみの平たい部分を押し

当てて平らにしながら、指先で伸ばすように固め

ていきます。

慣れないうちは火傷をしないように注意してください。

 

【パラコード】 【004】端の処理 焼き止め処理

 

<パラコードで作るドッグリード>

 

用意するもの:パラコード、はさみ、ライター、

Dカンやナスカンなどのパーツ

 

 

基本の編み方1 [4本編み]

丸い組紐編みのような出来上がりです。

小型犬・中型犬に向いています。

 

Paracoed Weaving Four Braid/パラコード:4つ編み

 

 

基本の編み方2 [コブラステッチ]

コブラステッチは、ソロモンステッチ、平編み

または平結びとも言います。

丈夫でしっかりとしたリードが作れます。

 

[分かり易い]パラコード編み方

※こちらでは、軸用と編んでいくコードの二本を
用意して編み進めています。

 

平結び

※こちらの動画では、リングを使い、一本の糸で
コブラステッチを進めています。

 

 

お出かけ前に 犬をリードに慣らすことを忘れずに

最近は室内飼いの犬が増えています。しかし、

犬が健康に長生きをするためには、適度な運

動が欠かせません。

 

また、好奇心が強い犬にとって、散歩は気分

転換やストレス発散になります。

 

リードに慣れてもらうために

散歩の時にリードにじゃれついたり引っ張りす

ぎたりといったことを防ぐために、子犬の頃

リードに慣れさせておくことも大切です。

 

犬の外出には飼い主の言いつけに従って行動す

るよう、犬の成長に伴ってしつけと訓練を行い

ましょう。

 

散歩の運動量は犬種によって違いますので、獣医

師さんやトレーナーに相談しましょう。

 

 

まとめ

犬をしっかりと繋ぎ止めることができ、犬にとっ

ても軽くて動きやすいパラコードのドッグリード

をご紹介しました。

 

手作りのドッグリードで、ブレスレットやストラッ

プなどとお揃いも素敵ですね。

愛犬家の方へのプレゼントとしてもオススメです。

 

おすすめの関連記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ペット, 手芸, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.