役立つ情報サイト

Japan Treasure Media search

ダンボールを使ったスタンプの作り方は?手作り方法のおすすめを紹介!!

投稿日:

 

自宅にあるダンボールを使って、

簡単なスタンプ作りを楽しんでみませんか?

 

いつもは

廃材になるだけのダンボールが、スタンプの

材料になるのはコストパフォーマンスが良い

ですよね。

 

作っている間も楽しいですが、出来上がりは

実用性を感じることができるため、子供の

遊びや仕事などで役に立ちます。

 

今回はそんなダンボールを使った

スタンプの作り方についてまとめました。

ダンボールスタンプの魅力

スタンプは様々な場所で販売されており、

可愛いイラストや使いやすい文言が書かれて

おり、使うのが楽しみになってしまいますね。

 

しかし、そんなスタンプを自分で作れば、

絵や文字も自分の思い通りになって楽しい

と思いませんか?

スタンプ

 

仕事でスタンプを使うことがあったり、

子供がスタンプで遊ぶのが好きだったり

すると、非常に便利に感じるでしょう。

 

大きさや形も自分の好みに作ることが

可能なので、使い手がしっくり来るような

スタンプを作ることが可能なのです。

 

手作りでないと

どうしてもこれは実現できません。

 

さらに、ダンボールは解体すると

かなりの面積を占めているので、1枚でも

材料が十分に足ります。

 

スタンプを複数作ることも可能なので、

コストパフォーマンスが非常に良いのです。

軽くて丈夫なので、劣化の心配もありません。

 

 

ダンボールスタンプの作り方

子供と一緒に作れるほど簡単にできる

スタンプですが、仕事で使って

支障が全くないレベルのクオリティです。

 

手作りすると市販品より愛着が湧くので、

動画を参考に作ってみましょう。

 

子どもの感性を引き出す!ダンボールハンコ遊び

 

材料はどれも家にあるものばかりで、

思い立ったらすぐに作れるお手軽な方法です。

 

ダンボールを巻いてテープで固定するだけで、

スタンプの芯部分が出来上がります。

 

少し大きめサイズに仕上がるので、

大きなスタンプを使って思い切り遊びたい

子供にぴったりの作り方ではないでしょうか。

 

もちろん

サイズは自分で調節することができるので、

細く小さくすることも可能です。

 

ダンボールで好きな形を切り取って

貼るだけで押し面ができるので、掘る

作業は必要ありません。

 

カッターも彫刻刀も使わない手作りはんこキットスタンパ

 

こちらはスタンプ本体に使用する素材を

ダンボールに置き換えて作ることができる

方法です。

 

ボールペンで

素材を押しつぶすことで凹凸を

作りだし、線を描く方法です。

 

まるで職人になったかのような気分で

作ることができ、細かいイラストも

調整しながら表現することができます。

 

彫刻刀やカッターの扱いには自信が無い

という人でも、この方法であれば実践でき

ますね。

 

 

細部まで表現できるスタンプを作りたい人におすすめの方法

細かいイラストや文字を表現するには、

掘ったり素材をつぶしたりするのでは

難しいと感じてしまいがちです。

 

目から鱗の方法で、

繊細な線も簡単に表現する方法があります。

ついつい何個も作りたくなる方法なので、

ぜひご覧ください。

 

粘土はんこの作り方

 

この動画ではイラストをボンドで

書いた後に乾燥させ、固まったら粘土に

取り付けることでスタンプを作っています。

 

動画内で使用されている粘土を

ダンボールに置き換えるだけで、細かい

イラストや文字が書かれたスタンプの完成です。

 

ボンドで作った下絵とダンボールさえあれば、

いくらでも量産することができます。

 

さらに絵や文字を反転させる必要が無い

ため、手間がかからず簡単に作れます。

 

手作りのスタンプを作るには、

扱いなれていない刃物を使用するイメージ

が定着している人は非常に多いでしょう。

 

しかし様々なアイディアによって、刃物を

使用せず自宅にある物を使って、気軽に作る

ことができる方法が実現しています。

 

自分だけのマイスタンプが欲しい人は、

動画を参考にしてみましょう。

 

見ているうちに

何個もスタンプを作りたくなるはずです。

-手芸, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.