リリアン編みでビーズを使いたい方必見!!編み方を紹介!!


 

簡単にアクセサリーや小物を作ることのできる

リリアン。

好みの素材の糸や紐だけで編んでも

シンプルで素敵ですが、

ビーズを使うとより華やかな作品を作ることができます。

image002
 

ビーズにも大ぶりで存在感のあるものから

小さくて可愛らしいものまで様々な種類があり、

使うものによって作品の出来上がりは大きく異なります。

 

糸とビーズの組み合わせで

オリジナリティーを出すこともできますよ!

 

ビーズを入れて編むのはとても簡単。

基本の編み方が出来ていればビーズを入れた作品も

すぐに作れちゃいますよ!

作れる作品の幅が広がる!ビーズを使った

リリアンの編み方についてご紹介していきます!

SPONSORED LINK


ビーズを使ったリリアンの編み方

ビーズを入れる1番簡単な方法はこちら。

 

リリアンであそんだことありますか?


編んだパーツ同士を結び合わせるときに、

ビーズを通して結び目の部分に来るようにする

簡単にビーズを入れることができますよ!


 

ビーズをリリアンで編み込んで行く場合には、

まず編んで行く糸や紐に

事前にビーズを通しておく必要があります。

 

Spool or French Knitting a wire and pearl bracelet


こちらの動画では

なんと細いワイヤーをリリアンで編んでいます。

 

少し編みにくそうですが、ワイヤーのような

硬いものを編めるなんてびっくりですね!

海外ではワイヤーを編んで作るアクセサリーが

人気のよう。

 

ワイヤーやテグスのような硬い素材のものには

簡単にビーズを通すことができますが、

柔らかい糸などビーズを通しにくいものを使う場合は、

糸通しなどの道具が便利です。

 

針に糸を通して、

針からビーズを通していくのもいいですね。

 

ビーズを編むときは

ピンとピンの間にビーズが来るようにしながら

糸を巻き、編んで行きます。

 

編み方は下の糸を編み針で引っかけて

ピンにかけるという

通常と特に変わらない編み方で大丈夫です。

 

編み方は簡単なので、あとは使う糸や紐と

ビーズの組み合わせを楽しみましょう。

 

Making Jewelry with a French Knitter


細いテグスのような糸で編むと

ビーズが映える仕上がりになります。

 

テグスはカラーの入ったものも可愛いですが、

透明のもので編むとよりビーズの目立つ、

きらきらして繊細なイメージの

アクセサリーを作ることができますよ!

 

小さいビーズをたくさん入れてもいいですし、

大ぶりのものをごろりと入れても大人っぽくて素敵。

image004
ビーズだけでなく

スパンコール天然石なども組み合わせて

アレンジしてもいいですね。

 

たくさん編んでいけばブレスレットだけでなく、

ネックレスのような大きな作品にも

アレンジすることができますよ。

 

使う素材や編む長さでアレンジは無限大!

意外な組み合わせから

新しい発見が生まれることもあるかもしれません。

いろいろ試してみてくださいね!

 

リリアンの様々な編み方を紹介している記事



 

 -手芸, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

トマト
トマトを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

  南アメリカ原産のナス科植物であるトマトは、 緑黄色野菜の一種で夏を代表する野菜の一つ

コケ
苔の育て方は?栽培方法を紹介!!

  岩や地表など世界中の至る所で見ることが 出来る苔は湿気の多い暗い場所に自生する イメー

きゅうり
きゅうりの育て方は?栽培方法を紹介!!

  ヒマヤラ山麓原産のウリ科植物である きゅうりは、日本でも平安時代から栽培され ており、

沈丁花
沈丁花の育て方は?栽培方法を紹介!!

  中国南部原産の沈丁花は早春に強い香りを放 つ花を咲かせ、春の訪れを知らせてくれます。

フキノトウの花
フキノトウを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

  日本原産のキク科植物のフキノトウはフキの 花茎の部分を指し、独特の香りや苦みが料理 の