庭の楽しいバーベキューにレンガは必須?!レンガでコンロを作ろう!!


 

家族や親戚で集まって、庭でバーベキュー!!

外で食べたり飲んだりすると気分も盛り上がって、

食べ物も一層美味しく感じられそう。

image002
バーベキューをするにはキャンプ用のコンロなど

特別なアイテムが必要になるから大変・・・と

感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

でもレンガがあれば

立派なコンロができてしまうのです!

レンガは比較的安価で手に入るので、

バーベキューコンロを買うよりもコストを抑えることができます。

 

さらに、レンガは熱の遮断効果が高いので、

遠赤外線効果でお肉も美味しく焼くことができるのです!

 

使い終わったら片付けることのできる

お手軽なものから、セメントでしっかりと

作り付けるものまで、様々なレンガコンロの作り方があります。

 

今年は庭でバーベキューに挑戦したい!という方必見、

レンガで作るコンロの作り方についてご紹介していきます!

SPONSORED LINK


レンガを使ったコンロの作り方

image005
1番簡単なのはレンガを積むだけのコンロ!

セメントなどで接着せずに、ただ耐火レンガを積んで

網を乗せるだけのシンプルな作りです。

 

あまり頻繁にバーベキューをしない、

庭が狭いので作りつけでは邪魔になるという場合に

おすすめです。

 

作り方は簡単!
  • 焼き網のサイズに合わせて
    コの字型に耐火レンガを積んでいくだけ。
    • 高さがあったほうが調理しやすいので、
      5段以上積むのがおすすめです。
  • レンガを積む際、どの段も同じように積むのではなく、
    互い違いになるように積んでください。

    • 互い違いに積んでいくと

      半分サイズのレンガが必要になってくるので、

      石切用ののこぎりやディスグラインダーなどの

      工具で切れ目を入れて、ハンマーでタガネ

      (金属や岩石を削る刃物)を打ち込んで

      カットしてください。

     

    ディスクグラインダーでレンガを切る

    • 積んでいく際に、半分サイズのレンガを1ヶ所背面の部分に入れて隙間を作っておくと、空気の循環がよくなります。
  • 使いやすい高さに積んだらこれだけで完成!
土台となる部分が土で、平らでない場合は

ブロックや平板を置いて水平になるようにしましょう。

 




頻繁にバーベキューをする機会がある方や、

毎回積むのは面倒!という方はセメントで

作り付ける本格的なレンガコンロに挑戦してみましょう!

 

作り方は、基本は積むだけタイプのコンロと一緒ですが、

セメントできちんと接着していきます。

 

レンガ積み


コテを使うと綺麗にセメントを塗ることができますが、

素人ではコテの扱いが難しく、

作業用のグローブをした手でセメントを塗ったり

成形したりした方が早い!という方もいらっしゃるようです。

 

コンロの形は、基本的に決まりはありません。

♦ お好みのデザイン、サイズに仕上げてください。

 

自作バーベキューコンロ


使わないときはテーブルや花を飾る棚として使うという手も。

レンガはおしゃれなインテリアになるので、

バーベキュー以外でも有効活用したいですね!

 

バーベキューコンロを作ってみた件


横に作業スペースも作ると調理がしやすくていいですね!

網を置くための出っ張りを作るのも大事なポイントです。

 

少し手間はかかりますが、作りつければ

いつでも気軽に使えるのが嬉しいポイント。

ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 -ガーデニング, ガーデン用品, 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

人物
パラコードを使ったコブラステッチの編み方は?を紹介!

パラコードをご存じですか? パラシュートで使われるナイロン製の紐、 つまり「パラシュートコード」のこ

人物
パラコードを使ったリードの編み方は?を紹介!

アウトドアで人気の素材とは パラシュートで使われるナイロン製の紐 「パラシュートコード」ことパラコー

マフラーを編む
初心者でも簡単!!マフラーの編み方を紹介!!

  手編みのマフラー、自分で身につけるものを 作り上げる楽しさだけでなく、自分の好きな 色

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力