クローン病とは?気になる症状と原因も紹介!!


 

クローン病という病気はご存知ですか?

クローンというと

DNAや細胞、生体のコピーを指す言葉を思い浮かべて

遺伝子に関連する病気?と思われる方もいるかもしれませんが、

全く関係ありません。

 

比較的若い世代に多く見られる疾患で、

日本でも7万人以上に発症しています。

 

どんな病気なのかを知ることで、

もしもの場合にすぐに気が付き治療を受けることができます。

ぜひクローン病という病気について知っておいてください。

SPONSORED LINK


クローン病はどんな病気?

image002
クローン病は、

口腔から肛門に至るまでの消化管に炎症が起きたり、

粘膜に傷がつく潰瘍ができたりする病気で、

炎症性腸疾患のひとつに分類されます。

 

同じく炎症性腸疾患に分類されている

潰瘍性大腸炎に比べて罹患者数は少ないですが、

クローン病の方がより粘膜の深い部分にまで、

そして消化管全体に炎症が起こります。

 

20代を中心に、

10~30代の比較的若い世代に多く発症しており、

中高年にはほとんど見られない疾患です。

 

罹患者は欧米諸国に特に多く、

日本国内の患者数は比較的少ないほうですが、

最近は増加傾向が見られています。

 

命の危険に繋がるような病気ではありませんが、

完治することが難しい慢性的な疾患です。

 

 

クローン病の症状は?

image003
初期段階の主な症状は腹痛、下痢。

これはクローン病患者の殆どに見られる症状です。

 

腹痛も下痢もただの体調不良として捉えられがちで、

この時点でクローン病と気づくことは難しいかもしれません。

 

炎症が進んでくると発熱の症状が出てきます。

下痢を繰り返すことで

体重が低下してくるのも初期から

一歩進んだ時期に見られる症状です。

 

そして更に炎症が進むと腸に穴が空くこともあり、

下血の症状が見られるようになります。

症状が肛門に出ると

痔のような症状が出てくることもあります。

 

病状が進行してくると、

肘やひざの関節炎や目の虹彩と呼ばれる部分の炎症など

体のあらゆる部位での炎症を併発する恐れがあります。

 

 

クローン病の原因は?

image006
クローン病の原因はまだはっきりとは解明されていません。

遺伝的な要因や食品や薬品などの要因、

そして免疫系の異常が複雑に組み合わさることで

引き起こされると考えられています。

 

喫煙はクローン病を引き起こすリスクを

引き上げると考えられていて、

喫煙者のクローン病発症の可能性は

1・8倍にもなると言われています。

 

 

クローン病の治療方法は?

クローン病を完治することはできませんが、

炎症を抑えて通常の生活が送れるように

様々な治療方法がとられています。

 

「クローン病はどうすれば治せるか?治療方法を紹介!!」

詳しい治療方法については

こちらの記事に記載してありますのでご参照ください。

 

 -健康, 病気

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

編み物
ミニマフラーの編み方を紹介!!

  マフラーは手編みの作品の中でも幅、長さ ともに大きいもので、編みあげるのに根気と 時間

毛糸
初心者でも簡単!!エコなアクリルたわしの編み方を紹介!!

  カラフルなアクリルたわしは便利な上に ちょっとエコ。そんなアクリルたわしの優れた 実力

バッグ
クラッチバッグの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  最近のオシャレさんはみんな持っている クラッチバッグ! 街中で見ていると色んな可愛らし

毛糸
小物入れの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  雑貨屋さんでも目を惹かれる編み物で作る 小物入れ。すっごく可愛らしくて素敵ですよね!

編み物
ひざ掛けの編み物は難しい? 初心者におすすめの作り方を紹介!!

  寒い季節に大活躍するひざ掛け! 特に女性の方なら冬には欠かせないアイテム ですよね。