アルコール依存性とお酒が大好きな人の違いは?症状と治療方法を紹介!!


 

「お酒が好きだ」と言って飲んでいる人、

その飲み方やスピードに「本当に好きなの?」

と疑問を持つことはありませんか?

 

過剰な「好き」は依存症となっている可能性があります。

アルコール依存症は脳と心の病気であり、

専門の医療機関での治療が必要なものです。

SPONSORED LINK


「たしなみ」と「病気」の境目、アルコール依存症の症状とは?

「お酒好き」と「アルコール依存症」を大きく分けるのは

お酒の飲み方が自分でコントロールできるかどうかです。

 

アルコール依存症は病気なので、

お酒の飲む量、飲むタイミング、飲む状況などを

自分でコントロールできません。

 

アルコール依存症は

覚せい剤麻薬依存症と同じであり、

脳に異常が起きている状態です。

だめだと分かっていても止められないのです。

 

アルコール依存症は

意志の弱い人がなると思われがちですが、

アルコール依存症は病気であり、

本人の意志の強弱に関係ありません。

 
アルコール依存症は
医療機関で治療が必要な病気なのです。
 

お酒が好きな人は習慣的な飲酒をしますが、

「気分が良くなりたいから」という理由で

お酒を飲む人は注意が必要です。

 

習慣的な飲酒は

アルコールに対する耐性をもたらすため、

気分が良くなるまでのお酒の量が徐々に増え、

酔った感じを求めて

自分で飲酒量がコントロールできなくなってしまうのです。

 

 

アルコール依存症チェック!飲み方をよく見よう

アルコール依存症の患者に自覚症状はないので、

アルコール依存症が疑われる兆候を紹介します。

 

まずアルコール依存症の患者は

① 習慣的に飲酒しているため飲酒量が増えます。

② さらに早く酔いたくって堪らないため

飲むスピードが早いです。

以前より飲酒量が増え、飲むスピードが早いときは

「もしかして」と疑ってください。

 

また彼らの身体には常に負担がかかっているので、

③ 以前に比べて回復に時間がかかる様ならば注意が必要です。

 

またアルコール依存症の患者には離脱症状が見られます。

【早期の離脱症状は】

飲酒をやめて数時間後に発症、全身に汗をかき

手や全身が震えたりイライラしたりします。

幻覚や幻聴などの症状も見られます。

 

【後期の離脱症状は】

自分のいる場所や時間が分からなくなる見当識障害

発熱、発汗、全身の震え興奮の症状が見られます。

 

 

「アルコール依存症」、治療はまずは相談から

「もしかしたら」とアルコール依存症に気付いても

なかなか自分から専門の医療機関に行くことはありません。

 

アルコール依存症の治療には

家族や周囲の理解と協力が必要と言われています。

 

アルコール依存症は病気なので

家族で悩んでも解決は難しいといわれています。

 

家族だけで悩まないで

各都道府県にある精神保険福祉センター

断酒会などの自助グループ

精神科や心療内科など相談することから始めて下さい。

 

最寄りの精神保険福祉センターについては

厚生労働省のホームページで検索することが出来ます。

 

 -健康, 病気

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

image001
メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

image002
男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、

image002
女性の名刺入れで相手を不快にさせないモノは?マナーを紹介!!

  社会人になって 初めて名刺を持つようになった時、 自分も社会の一員になったんだなぁ!と

image001
オリーブオイルで髪が健康になる?どんなヘアケア方法なのか紹介!!

  夏は紫外線によるダメージを受け、 冬は乾燥でパサつく髪の毛。   いろいろな

image006
オリーブオイルで便秘とさよなら!?おすすめの飲み方を紹介!!

  なにをしてもなかなか解消しない頑固な便秘。 特に身体が冷えて 内臓の動きが低下しやすく