自力でそばかすを消す方法は?おすすめのやり方を紹介!!

投稿日:

 

シミやそばかすはメラニン色素が肌に沈着し

た状態を言います。

 

メラニンは肌に悪いものというイメージがあ

りますが、メラニンは紫外線から肌を守る

めに生成されています。

 

本来は新陳代謝によって、定期的に皮膚から

剥がれ落ちますが、何らかの原因で新陳代謝

が乱れると、そのまま皮膚の表面に残ってし

まいます。

 

遺伝的にもともとそばかすがある場合もあり

ますが、後から出てきたシミやそばかすの場

合、皮膚に残ったメラニンが正体です。

 

遺伝的なそばかすの場合は、大人になれば

んだんと薄くなっていく場合が多いです。

 

私も子供の頃はそばかすがありましたが、今

ではほとんど気にならなくなりました。

 

では、後天的にできてしまったシミやそばか

すは、どのように対処したらいいのでしょう

か?

 

それでは、シミやそばかすを消す方法を見て

いきましょう。

SPONSORED LINK

【どうしてシミやそばかすはできるの?】

女性の顔

シミやそばかすができる原因はメラニンが過

剰に生成されるからですが、メラニンが活性

化するのは紫外線だけではありません。

 

メラニンが活性化してしまう原因を見ていき

ましょう。

 

紫外線

メラニンは、紫外線から肌を守るために生成

されます。

 

これは紫外線が肌の奥まで入ってしまうと、

肌を守る働きが破壊されたり、皮膚ガンの原

因になるからです。

 

ストレス

ストレスを感じやすい人は、シミやそばかす

ができやすいそうです。

 

これはメラニンの生成を促すホルモンが、ス

トレスの影響を受けやすいからです。

 

ホルモンバランス

生理周期で私たちの体からはホルモンが分泌

されますが、黄体ホルモンメラノサイト

刺激します。

 

生理前妊娠中はシミやそばかすができやす

い状態なので気をつけましょう。

 

ホルモンバランスは生理周期だけでなく、

トレスや年齢などでも変化します。

 

炎症・物理的な刺激

ニキビ跡ちょっとした肌への刺激がメラニ

ンを過剰に生成する場合があります。

 

洗顔時に肌をゴシゴシこすったり、チークブ

ラシの毛が肌への刺激になっていることがあ

ります。

 

生活習慣

ビタミンやミネラル不足、喫煙、睡眠不足、

疲労などの生活習慣からもシミやそばかすは

できます。

 

規則正しい習慣は健康な体作りだけでなく、

肌へも影響を及ぼします。

 

【シミやそばかすを消す方法】

輪切りのレモン

シミやそばかすは一度できてしまうとなかな

か消すことができません

 

できてしまう前に対処するのが一番ですが、

すでにできてしまった場合の対処方法を見て

きましょう。

 

サプリメント

シミやそばかすに効果的な、ビタミンA、ビタ

ミンE、ビタミンCを摂取しましょう。

 

ビタミンAは体内に取り入れると、活性酸素を

除去するβカロチンに、ビタミンEは細胞の

陳代謝促進に、ビタミンCはメラニンの定着を

防ぎます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体を配合した化粧品は肌に効果

的ですが、中でもおすすめしたいのが、ASVC

35(活性保持型アスコルビン酸)です。

 

ASVC35は、ビタミンC(アスコルビン酸)、

グリセリン、ジグリセリンのみが含まれてい

て、アスコルビン酸は35%もの高濃度です。

 

長期で海外にいた頃、私は肌が弱いので日焼

け止めをほぼ使っていませんでしたが、日本

に帰国後にASVC35を使い、すぐに肌の白さ

を取り戻しました。

 

睡眠

人間の体は寝ている間に成長ホルモンが分泌

されます。

 

ダメージを受けた肌細胞の再生や修復のため

に睡眠は欠かせません。

 

お肌のゴールデンタイム、22時〜2時は特

に成長ホルモンの分泌が活発になりますので、

この間には睡眠をとるようにしましょう。

 

肌のターンオーバーが正常に行われれば、シ

ミやそばかすは本来肌に残らないものです。

 

帽子や日傘などで日頃から紫外線対策をした

り、ストレスを溜めない生活にしていくこと

が大事ですね。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お肌, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.