菌活ダイエットに役立つサプリは?おすすめを紹介!!

更新日:

 

外食や飲み会が続くと、油っこい料理や塩分

が多い食事になりがちです。食生活の乱れは

腸内環境にダイレクトに影響します。

 

食生活が乱れると、腸内に悪玉菌が増え、

便秘になりやすく、太りやすい体質になって

しまいます。

 

太ってしまってからでは、

脂肪を落とすのは大変です。菌活は腸が活発

に動くことによって代謝を上げる効果もあり

できれば積極的に取り入れたいですよね。

 

基本は規則正しい生活とバランスのとれた

食事をすることですが、忙しくてなかなか食事

にまで手をかけることができない時があります。

 

そんな忙しい時には、サプリメントで菌活を

サポートしてみてはいかがでしょうか。

 

それでは

菌活におすすめのサプリメントをご紹介します。

SPONSORED LINK

菌活ダイエットで役立つおすすめサプリ

サプリメント

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも善玉菌ですが

全く異なる菌です。

 

ビフィズス菌は


酸素のない大腸内に、1~10兆個もの菌が住ん

でいて、乳酸と酢酸を作り出します。

 

酢酸は殺菌作用があるので腸内環境を酸性にし、

悪玉菌の増殖を抑制します。

 

乳酸菌は体内の色々な場所に住んでいて、糖を

分解し乳酸を作り出します。乳酸菌はビフィズ

ス菌の100~1000分の1程度の量しかいません。

菌

 

ビフィーナSには、1日の目安摂取量である

1包あたりに、ビフィズス菌(ロンガム種BB

536)を50億個含まれています。

さらにオリゴ糖、乳酸菌のアシドフィルス菌

とガセリ菌を配合しています。

 

ビフィズス菌は年齢とともに減少してしまい

ますし、運動不足や偏った食事でも減少して

しまうので、継続的に摂取する必要があります。

 

アレルケアは、カルピス社独自のL-92乳酸菌

を含んでいるサプリメントです。

 

L-92乳酸菌はアトピーやアレルギー症状の

カサカサやむず痒い症状を整える働きがあり

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に悩

む方に人気です。

 

花粉症の症状が出る一ヶ月ほど前から飲み始

めると効果が出るとも言われています。

 

L-92乳酸菌は食事からの摂取が難しいので、

アレルケアでの摂取がオススメです。

 

食物繊維

ビフィズス菌が住みやすい環境作りには、

食物繊維が重要な役割を担います。食物繊維

には、体の中で菌を増やす効果があり相乗効

果が期待できます。

 

ビフィズス菌と食物繊維のサプリメントを

飲むことで、腸内はより活発に動き出します。

食物繊維を含む食品

イージーファイバーには、1パック(食物繊維

4.2g)で1日に不足しがちな食物繊維を補う

ことができます。

 

スティックタイプですので持ち運びにも便利で、

コーヒーや紅茶など飲み物に入れても味を変え

ず、手軽に摂取することができます。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内で善玉菌の栄養源となり、

善玉菌を増やす働きがあります。腸内環境を

整えてくれるので便秘改善に効果が期待できます。

 

オリゴ糖はサプリメントもありますが、ハチ

ミツの様なトロッとした液体のものもあります。

 

夕食後にティースプーン一杯程度飲むと、

早い方は朝には便意をもよおします。便秘薬

のような薬ではなく、菌の力で腸を動かします。

 

ご注意!

飲みすぎるとお腹がゆるくなりすぎるので、

自分の体調を見ながら量を調節してください。

オリゴ糖

 

北海道てんさいオリゴは、北海道産の甜菜

(さとう大根)から作られた甘味料です。

 

甜菜由来のラフィノースなどのオリゴ糖が含ま

れており、砂糖の代わりにヨーグルト、コーヒー、

紅茶などに入れて摂取することができます。

 

ラフィノースはオリゴ糖の一種で、

主に甜菜から抽出、精製されます。砂糖と比べ

て甘味は1/5、カロリーは1/2程度です。

 

ラフィノースは難消化性オリゴ糖と呼ばれ、

大腸までしっかり届きます。そして、砂糖は

急激に血糖値を上げてしまいますが、難消化

性オリゴ糖は血液に吸収されないので、血糖

値の上昇を穏やかにします。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-サプリメント, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.