振袖にはどんな帯締めがいいの?選び方を紹介!!

投稿日:

 

振袖を着よう!というと、

まず気になるのは振袖、それからですよね。

 

そして他にも髪型着付けなど、用意しなく

てはいけないことが次々とあります。

 

小物もたくさんあって、「どうしよう?どこから

はじめればいいの?」とお悩みの方も多いのでは?

 

小物の中でも帯締めは、着姿の中心になる重要な

アイテムです。そんな振袖姿のための帯締めの選

び方のポイントをご紹介しましょう。

SPONSORED LINK

帯締めという細い一本の線が着姿の印象を決定します

帯締めとは、着姿から言うと、帯の上にある

一本の紐状の小物です。

 

その名のとおり帯を締めて固定する働きをする

のですが、着姿全体の中で中心に位置するとい

う重要なポイントを担っています。

 

着物や帯の色とのバランスも重要ですが、振袖

姿の華やかな装いを引き立てる力を持っています。

 

このため、振袖用の帯締めは、個性的で華やか

なものが用意されています。小紋や訪問着など

では使われない種類やデザインのものも多いの

です。

 

そんな振袖用の

帯締めの種類をまずご紹介しましょう。

 

 

見てると楽しくなってくる?!振袖用の帯締めは特別なものがずらり

帯締めは、現在では組紐で作られているものが

主流です。その組み方によって、「平組」、

「角組」、「丸組」と呼ばれ、格付けは上から

平>角>丸の順となっています。

 

また、かつては「丸くけ」という種類がありま

したが、明治以降は一般的には用いられなくな

りました。

 

しかし、振袖の場合、

帯締めは、振袖様のものとして、平組、丸組、

丸くけのものが作られています。

 

丸くけの帯締めは刺繍が施された華麗なものが、

丸組の帯締めもトンボ玉や苧環があしらわれ

り数種の色が組まれていたりと、多種多様です。

 

振袖用の帯締めを、種類別に見てみましょう。

 

丸くけ

参考画像:丸くけ・刺繍の帯締め

丸くけの帯締めは正絹の生地に真綿を芯として

作られたもので、明治時代までは主流でした。

 

振袖用の丸くけの帯締めは、色鮮やかな刺繍が

美しく、また丸くけならではのふっくりとした

立体感が特徴です。

 

平組

参考画像:平組の帯締め

平組の帯締めは組紐で作られた帯締めで、断面

が平たいものになります。

 

特に金糸・銀糸を使ったものや、高麗組のもの

は礼装用としても用いられています。上品な正

統派の装いにお勧めです。

 

丸組

参考画像:丸組の帯締め

丸組の帯締めは平組と同様に組紐で作られてい

ますが、断面が丸いのが特徴です。

 

振袖用の丸組の帯締めは、さまざまな装飾が施さ

れていたり、複数の色の組紐を使っていたりと、

遊び心にあふれたものが豊富です。

 

 

帯締めの色選びは振袖と帯と両方とのバランスが大切

一般的に帯締めの色は、振袖か帯に使われてい

る色を一色取るか、振袖か帯の主な色の補色を

使うのがよいとされています。

また、帯揚げと同色を使うのは避けます。

 

振袖の着こなしでも、色についてはほぼ同じです。

着物の地色と合わせた場合は全体の雰囲気と

馴染みやすく、地色の補色を合わせた場合に

は帯締めが全体を締める印象が強くなります。

 

レンタルショップや呉服店などでの振袖・帯選

びの時に、帯締めも合わせてショップの方に相

談し、複数のパターンを見せてもらいながら決

めるといいでしょう。

 

参考画像:赤系の振袖 帯締めが同系色(赤)の場合

振袖は松竹梅の絞り染めで古典柄、帯は金色が

主の花づくしです。帯締めは金と赤の平組で花

(おそらく菊花)の模様がポイントとなってい

ます。

 

帯揚げも金と同系色の鮮やかな山吹色で、統一

感のある着姿となっています。

 

参考画像:帯締めが補色(緑)の場合

振袖は花づくしに御所車でこちらも古典柄、

帯は金の七宝柄です。

 

明るい緑の平組の帯締めが合わせられています

が、金色も使われているので帯とよく馴染んで

います。

 

帯揚げは振袖の色から取った青紫で、伝統的な

中にも個性が光る着姿です。

 

 

着付けでも重要な役割を果たす帯締め 品質がいいものを選びましょう

帯締めの一番の役割は帯の固定ですので、

しっかりと締めることが出来る、確かなものを

選ぶことも大切です。

 

特に振袖の帯は飾り結びをしますので、長さが

必要な場合もあります。

 

着物・帯選びの時には

参考動画:振袖の帯締め

いかがでしたか? 帯締めは、和服の小物の中

でも重要なものなのでいろいろと細かい決めご

と=ルールがあるのですが、振袖と合わせる場

合はそのルールが例外となっているアイテムです。

 

細い一本の帯締め選びを通じて、振袖ならではの

着こなしを楽しんでくださいね!

 

 

振袖の関連記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-衣服, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.