コーンスネークの脱皮の時期はいつ?飼育の注意点も紹介!!

投稿日:

ご自宅で過ごす時間が多くなっている昨今

ペットブームが加速しています。

 

ペットショップで購入できる動物の中でも特

人気急上昇中なのが、鳴き声を上げず飼育

場所も小型のケージで済ませられる為、マン

ション等の集合住宅でも飼育しやすい爬虫類

とりわけヘビ科のコーンスネーク

初心者さんでも飼いやすく、そのミステリアス

な容姿も相まって男女問わず高い人気を誇って

います。

 

ですがヘビは、犬や猫等のメジャーなペット

とは生態が異なる部分が多く、中でもひとき

わ大きな違いは脱皮をするという事です。

 

「ヘビが脱皮する」というのは知っていても

具体的にヘビはいつどのように脱皮して、飼

い主さんは脱皮に向けてどんな準備をしなけ

ればいけないのかはご存じ無い方がほとんど

かと思います。

 

そこで、コーンスネークはどのくらいの周期

で脱皮するのか、飼い主さんはどのような点

に注意しなければいけないのかをご紹介いた

します。大切なコーンスネークが安心安全に

脱皮できるよう、しっかりと準備しておきま

しょうね!

コーンスネークが脱皮する時期は?

 

脱皮とは、古くなった角質層を脱ぎ捨てる

いわゆる新陳代謝の事で、人間で言うと

お風呂に入ってアカを落とすようなものだと

考えると分かりやすいですね。

 

若い頃ほど脱皮は頻繁に行われますが、その

周期は一定ではありません。幼体の間は2~3

週間に1度成長するに従って2~3か月に

1度成体になれば年に1~2回くらいと

脱皮の頻度はどんどん少なくなっていきます。

脱皮にかかる時間も30分~1時間ほどと

こちらも個体によってまちまちのようです。

 

日頃からコーンスネークが脱皮した時期の記

を残しておけば、飼い主さんも脱皮の周期

が把握しやすくなり、次回の脱皮に備えて飼

育環境を整えておきやすくなりますよ。

 

脱皮時に気を付ける注意点は?

 

それでは次に、脱皮に際して飼い主さんに気

を付けていただきたい注意点をご紹介してい

きます。ヘビがスムーズに脱皮するためには

飼い主さんが脱皮しやすい環境をしっかり準

備しておく事が肝心です。

 

これを怠ると、ヘビが正常に脱皮できず脱皮

不全に陥り、失明肺炎等を引き起こす可能

性があります。幼体だと、最悪の場合死亡

てしまう恐れがありますので、十分注意して

くださいね。

 

脱皮の前兆を見逃さないよう、よく観察する

 

脱皮前に、コーンスネークの身体に現れる

とっても分かりやすい兆候は、脱皮の一週間

らい前から目が白く濁ってくるという事で

す。

ヘビにはまぶたが無い代わりに、アイキャッ

と呼ばれる透明な鱗がまるでコンタクトレ

ンズのように目を覆っています。このアイキ

ャップも脱皮時に剥がれ落ちる為、脱皮前に

なるとこのような変化が表れるという訳です。

 

目が白濁してくるのと同時に、身体もくすん

でツヤが無くなり乾燥したような状態になっ

ていきます。また、エサも食べなくなったり

神経質になってシェルター等に身を隠して

っとする事が多くなります。これらの状態は

決して病気ではありませんので、落ち着いて

対処してください。

 

目は白濁してから3日ほど経つとまた元の

明な状態に戻り、更に3日後位にいよいよ

が始まりますので、このような数々の変化

を見逃さないよう普段からコーンスネークを

よく観察しておいてくださいね。

 

水分や湿気をしっかりと与える

 

脱皮をするには適切な湿度や水分が必要不可

欠となります。

通常なら、水を入れた容器を設置してあげる

だけで十分なのですが、乾燥しがちな日本の

は脱皮を迎えるヘビにとって湿度不足とな

り、脱皮に時間がかかったり脱皮不全を引き

起こすおそれがあります。いつ脱皮が始まっ

ても対処できるよう、ケージ内に湿度計を設

置しておいて、湿度には常に注意を払ってお

いてくださいね。

 

もしケージ内が乾燥しているようでしたら

霧吹きでケージ内を湿らせてやったり、水を

含ませたミズゴケを容器に入れて設置してお

くと良いでしょう。

 

皮をひっかけやすい物を設置する

 

野生のヘビは脱皮時に、木の枝や岩等に身体

をこすりつけて皮をはがしやすくします。ケ

ージ内にも皮をひっかけやすい物があれば

皮しやすくなりますので、是非設置してあげ

てください。

あまり小さくて軽い物だとヘビが身体をこす

りつけにくいので、植木鉢や流木等頑丈で

重みのある物がオススメです。

 

脱皮の手助けをする

 

もし、コーンスネークの目が白濁した状態か

ら透明に戻ったにも関わらず1週間以上経っ

ても脱皮が始まらなかったり、また脱皮の際

に綺麗に脱ぎきれず細かい皮が身体に残って

しまっていたら脱皮不全の可能性があります。

 

その場合は、約30度ほどのぬるま湯を、ヘビ

の背中が浸かるくらいの容器に入れ、フタを

して20~30分放置しておいてください。

こうする事で、ヘビの皮がふやけてキレイに

脱皮が行えます。

 

 

このような脱皮促進剤も販売されています。

水よりも細かい分子の微細ミストがヘビの身

体に浸透して、新陳代謝を向上させて脱皮不

全を解消してくれる優れものです。化学薬品

を一切使用していないので、大切なコーンス

ネークにより安全でスムーズに脱皮してもら

いたい方は是非ご用意してみてください。

 

-ペット, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.