コーンスネークは噛むの?なつくの?性格を紹介!!

投稿日:

昨今のペットブームの影響で、爬虫類をペッ

トに飼われる方が急増しています。その中で

コーンスネークは最もポピュラー

で人気が高く、初めて飼育する爬虫類がコー

ンスネークという方も少なくありません。

 

しかし、普段ヘビと触れ合う機会の無い方に

とっては、ヘビは「怖いもの」「噛みつく生

物」「表情が無いから何を考えているのか

からない」といったマイナスイメージをど

うしても抱いてしまいます。コーンスネーク

無毒とはいえ、もしも頻繁に噛みついてき

たら…なんて考えると、やはり購入を躊躇し

てしまいますよね。

 

そこで、コーンスネークはどんな性格なのか

また人間に噛みつかず懐いてくれる生き物な

のかをご紹介していきます。

コーンスネークの性格は?

 

コーンスネーク

 

ヘビというと、どう猛で狂暴な印象を持って

いる方も少なくないと思います。ですが、

コーンスネークはそんな固定観念をガラリと

覆すような性格の持ち主なんです。

コーンスネークはヘビの中でもひときわ温厚

おとなしい性質で、また流通しているコー

ンスネークのほとんどは人間の手によって繁

された個体なので、優しく扱う事で人間に

もすぐに慣れ、ペットとして飼うのに最適な

品種と言えます。

 

コーンスネークは本当に噛まない?噛みつかれないようにする注意点をご紹介

コーンスネーク

 

このようにおとなしい性格のコーンスネーク

なので、人に噛みつくという事はほとんどあ

りません。しかし、どんな状況でも噛みつか

ないという訳ではないんです。それは、人間

の側がコーンスネークの扱い方を間違えてし

まった場合です。

 

よくあるのが、飼い主の手を見てエサと間違

えて噛みついてしまうパターンです。

ヘビは元々、目の前で動く物をエサとして認

する生き物なので、コーンスネークの近く

で不用意に手をプラプラと動かしていると、

エサと思い噛みついてしまう可能性が高くな

ります。

またヘビは目があまり良くなく、動きだけで

はなく温度ニオイでもエサを感知していま

すので、マウス等ヘビのエサになる物を触っ

ニオイが付いた手をコーンスネークに近づ

けるのもやめておいた方が良いでしょう。

 

次に、エサを食べた直後のコーンスネークに

触れる事もNGです。

ヘビは犬や猫とは違い、身体を触られるのが

ストレスとなる生き物です。食後のコーンス

ネークに無理強いして触ることにより、噛み

つかれるだけではなく、便秘消化不良

食症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

 

そして、大人になる前の幼いコーンスネーク

もあまり触らないようにしてください。まだ

人間に慣れておらず警戒心の強い子供のうち

に触られる事は、コーンスネークにとって

いストレスとなってしまいます。

どんな動物もそうですが、生まれたての赤ち

ゃんというのは、他の動物から狙われて食べ

られやすい時期でもあります。そのため非常

警戒心が強く、人間が触ろうとすると威嚇

してくるかもしれません。毎日少しずつ優し

く触れることで、「人間は怖くないんだ」

根気強く教えてあげてくださいね。

 

基本的に“コーンスネークは人間にほとんど

噛みつかない”とは言え、絶対ではありませ

ん。もしも噛みつかれてしまったとしても、

コーンスネークは悪くありません。飼育する

人間側が、コーンスネークにとって強いスト

レスとなり噛みついてしまうほど嫌な事をし

てしまったのなら、それは人間側の落ち度

す。コーンスネークが嫌がらない接し方を十

分に練習してから触れ合ってみてくださいね。

 

コーンスネークになついてもらうには?

 

コーンスネークはある程度人間に慣れてはく

れますが、犬や猫のように近寄ってきて甘え

たりすり寄ってきたりする、いわゆるなつく

ということはありません。飼い主からのスキ

ンシップを嫌がらず、威嚇したり逃げようと

しないのが、コーンスネークがなついている

状態だと思ってください。

 

コーンスネークが人間に慣れてくれるように

するには、まずは優しく接する事から始めて

みてください。例えば、コーンスネークを持

ち運ぶ時には、手荒に強く掴むのではなく

のひらにそっと乗せるように持ち上げたり、

を触られるのを嫌うので胴体の部分を

持ち上げるようにしてみてください。

 

また、ヘビはニオイに敏感な生き物なので、

飼い主の手にタバコや化学薬品等のニオイ

付いていると触れられるのを嫌がります。

ウス等のエサのニオイが残っていても噛みつ

かれる危険性があるので、コーンスネークに

触れる時はしっかりと手を洗う事を心がけて

ください。

 

以上の点に気を付けていたとしても、ヘビの

性質上、人間に思うように慣れてくれること

はありません。なかなか慣れてくれないから

と言って、飼育環境をガラリと変えてしまっ

たり、むやみにコーンスネークに触るスト

レスに感じてしまう危険性があります。そう

いった時は焦らず、ゆっくりと気長に飼育を

続けてみてください。毎日エサをあげたりお

世話をする事で、「この人間は安全だ」と分か

ってもらうつもりで優しく接してみてくださ

いね。

 

-ペット, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.