アウトドアで人気のコーヒードリッパーは?おすすめを紹介!!

更新日:

 

アウトドアの醍醐味の一つとして挙げられる

のが、自分で淹れる一杯のコーヒーです。

 

山登り等のアウトドアで淹れるコーヒーには、

日常的には味わえない美味しさがあり、この時間

を目的としてアウトドアへ出かける方は後を立ち

ません。

 

ストレスにまみれた日常的な生活から、時間を忘れ

てホッと一息できる世界へ飛び込みたいと思って

いる方には、アウトドアにおけるコーヒータイム

格別な物があると言えます。

 

今回は、そんな手作りコーヒーに欠かせない

アイテムの一つであるドリッパーを紹介していきます。

 

自分でコーヒーを作った事がない人も、

この機会にぜひチェックしてみてください。

アウトドアで使いやすいおすすめドリッパー

木製 コーヒードリッパー

 

アウトドア気分をさらに盛り上げてくれる、

おしゃれなコーヒードリッパーです。

 

なんと、フィルター以外の部分がで作られ

ています。

 

自然に囲まれた中で、木の香りに包まれなが

らコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒーを淹れているときからワクワクする

ような素敵なデザインですよ。

 

使用後はお湯ですすいで自然乾燥するだけな

ので、余計なごみが出ず、環境にも配慮した

アイテムです。

 

インテリアとしてもオシャレなので、自宅で

も使って見てほしいです!

 

マイクロ コーヒー ドリッパー

 

こちらのドリッパーは、見た目も可愛い軽めな

アイテムで、父の日や母の日ギフトでも贈られる

商品です。

 

アウトドアでも活躍するドリッパーで、折りたたみ

が出来るシリコンホルダーとフィルターメッシュ

ポイントの特徴的な商品です。

 

特にホルダーの折りたたみは、持ち運び時にも

場所を取らないので、荷物が多いアウトドアには

最適な機能と言えるでしょう。

 

また、元々ろうと型になっているメッシュ

フィルターは、長く繰り返し使える素材を採用

しているので、安定したドリップを実現させる

事が出来ます。

 

不安定な地べたでのコーヒー作りには、

ぴったりな機能と言えますよね。

 

キャプテンスタッグ コーヒードリッパー

 

持ち運びに便利な、折りたたみ式のコーヒー

ドリッパーです。

 

コーヒードリッパーは特殊な形なので、普通

に持っていくと荷物としてはかさばりがちで

す。

 

こちらはシリコン製で柔らかいので、使わな

い時には折りたたんでコンパクトに収納可能

です。

 

ウィロー ポータブルコーヒーセット

 

アウトドアでは荷物を最小限に抑えたいもの

ですが、コーヒーを本格的に楽しむにはコー

ヒーミルを持参することもおすすめです。

 

こちらはコーヒーミルまでセットになったア

イテムです。

 

ドリッパーやコーヒーマグも入っているので、

ポーチのまま持っていけばこだわりのコーヒ

ーを楽しむことができます。

 

都会の喧騒から離れて、雄大な自然の中でコ

ーヒー豆を挽く時間がアウトドアの醍醐味

言えるでしょう。

 

豆の挽き具合を調整できるのも嬉しいポイン

トです。

 

超手軽な携帯用コーヒードリッパー

最後に、超簡易的なコーヒードリッパーを紹介

すると同時に、コーヒーの淹れ方も合わせて紹介

しようと思います。

 

こちらの簡易ドリッパーは、骨組みが紙で出来て

いて組み合わせることで、ドリッパーの形を作り

上げることが出来る便利アイテムです。

 

コーヒードリップのコツは、淹れた豆を水平に

する事から始めます。

 

豆の表面に凹凸があると、満遍なく香りを出す

事が出来ないので、味にムラがでて豆本来の風味

が出てくれません。

 

お湯を入れる前に、少し振る事で豆を水平にして

準備するようにしましょう。

こちらの動画でも、その商品を紹介しているの

で、ぜひチェックしてみてください。

 

Tetra Dripz

 

次にお湯を入れますが、いきなりドバドバ入れ

ると、これまた香りが飛んでしまうので、真ん中

少しだけ垂らして豆を蒸らします。

 

数十秒そのまま放置する事で、豆の香りが

どんどん抽出されるので、時間が経ったら少し

ずつお湯をぐるぐる回しながら入れて行きましょう。

 

おいしいコーヒーを入れるには

コーヒーは、高い豆を使っても淹れ方ひとつで

味が落ちると同時に、

 

安い豆でも淹れ方が丁寧であれば、

最大限の豆のポテンシャルを引き出す事が出来

ので、とても美味しいコーヒーに仕上げる事が

出来ます。

 

時間がない人は、ついドバドバとお湯を入れて

しまいがちですが、ドリップコーヒーだからこそ

ゆっくり時間をかけて作って行きたいものですね。

 

-食べ物, 飲料

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.