メンズのトレンチコートで知らなきゃ損する着こなし方!!


 

どんな状況でも自分らしさを失わない精神力の強い男

そんな男性の格好良さ

古いモノクロの映画を見たときに感じます。

 

そんな彼らがしばしば着ているトレンチコート

その姿に憧れてトレンチコートを着ている人も

少なくないのではないでしょうか。

 

トレンチコートは

他の服では真似できない味のあるシルエットを生み出します。

男が憧れる男をめざし、

今年はトレンチコートを着こなしてみませんか?

SPONSORED LINK


トレンチコートとは?

image001
トレンチコートは元々防水型の軍用コートで、

そのため今でもスッキリとまとめられて

シンプルな、ときおり無骨さも感じられるデザインのコートです。

 

トレンチコートには特徴的な装飾があります。

その装飾も戦場で必要な目的から生まれています。

 

襟元や手首にはストラップがついており、

これを締めることで寒風を防ぐことが出来ます。

 

今では水がコートの中に入るのを防ぐ

肩(右胸)に縫い付けられたストームフラップ

銃の銃床を支えて打った衝撃から身体を守る役割がありました。

このように細部まで戦場に合わせてデザインされているコートです。

 

 

レディースとの違いはあるの?

image003
メンズのトレンチコートは前ボタンが

一方レディースの場合は前ボタンが

つけて仕立てられています。

 

そのことにより、重ね合わせも逆になります。

スッキリとしたシルエットとなるように

身体のラインに合わせて造られているため男女の差異があり、

男性がレディースを着た場合ややパツパツな印象になってしまいます。

 

最近では細身の男性向けに

細身のトレンチコートもデザインされていますが、

どちらかといえばパツパツな印象はぬぐえず、

本格的にトレンチコートを着こなしたいならば

やや大きめの身頃のトレンチコートを着ることをおすすめします。

 

トレンチコートは

ベルトを締めることでスッキリとした印象になるので、

あなたが思うよりもダボダボした感じは無くなります。

 

 

おすすめするトレンチコート

おすすめは

トレンチコートの老舗「アクアスキュータム」のトレンチコートです。

 

「アクアスキュータム」は

同じくイギリスの老舗「バーバリー」と共に

第二次世界大戦時に優れたレインコートを開発し

代表的なブランドとなりました。

 

2015年には100周年を迎えた

「アクアスキュータム」のトレンチコートは

シルエットが美しく、凛とした力強さを感じさせます。

 

また伝統的なものにこだわって古いデザインに固執せず、

伝統を大切にしつつも

モダンさを感じさせるデザインがお洒落だと好評です。

 

「アクアスキュータム」は「水の盾」を意味し、

防水加工については他に類を見ません。

雨や雪の日でも安心して着ることが出来、長く愛用することができます。

 

 

おすすめするトレンチコートの着こなし方

image005
トレンチコートは

長く着続けることで味のあるコートとなります。

着なれた感を出すためには

気合をいれて良いトレンチコートを購入して着古すことで、

どんな状況になってもどんな状況でも

自分らしさを失わない精神力の強い男が演出できるようになります。

 

トレンチコートを颯爽と羽織、ベルトをきゅっと締めて

裾を風にはためせる。

そんな風にトレンチコートの着こなしを勉強するのに

最適なのは古い映画です。

 

「哀愁」に出演しているロバート・テイラーがトレンチコートを着る姿、

「カサブランカ」に出演しているハンフリー・ボガード

トレンチコートを着る姿が教本としては最適だと言われています。

 

 -衣服, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、