アイヌ人は差別されているの?その理由とは?


 

昭和の終わり頃。

中曽根康弘が総理大臣の任期中に

「日本人は単一民族である」

と演説で発言したことを覚えている人はいますでしょうか?

 

この発言からアイヌ民族について

考えるきっかけになった人もいるのではないでしょうか?

 

私は叔父がアイヌの研究をしていたため、

浅い知識ではありますが、昔から興味をもって見ていた話題です。

 

日本は差別のない国だと思っていませんか?

でも残念ながら日本にも少数派はいて、

長い歴史の中では差別も受けてきました。

 

同じ日本人として何も知らないのは恥ずかしいことです。

彼らがどのように生きてきたのかを知ってみませんか?

SPONSORED LINK


アイヌ人とは?

image001

アイヌ人と呼ばれていますが、

彼らは東北や北海道に定住していた縄文人が

独自の文化を築いていった民族と考える方が正しいようです。

 

7世紀頃、本州では農耕文化に移っていきますが、

動物などが豊富な北海道ではまだ狩猟文化が継続されていました。

13世紀頃には海を渡って本州の方とも交易があったようです。

 

北海道が海で離れた大陸だったため

独自の文化も発展しやすい環境にありました。

 

 

どの様な差別がされているの?

アウトドア③

本州との交易を盛んに行っていたアイヌですが、

徐々にその交易の条件はアイヌに不利なものになります。

 

不利な条件を決定づけたのは、

アイヌが蜂起をし、負けてしまったシャクシャインの戦いの後からでした。

 

明治時代にはいると開拓が本格的に開始されます。

屯田兵などが北海道を開拓していき、

和人人口が増加していったのです。

 

アイヌは平民として戸籍制度に組み入れられますが、

一般的な日本人を和人と呼ぶのに対して

アイヌ土人と呼び、彼らの文化を否定し、差別していくのです。

 

もともと保有していた農地も取り上げられ、

移住が余儀なくされます。

困窮の道をたどるアイヌでした。

 

この時期にようやく

北海道旧土人保護法と言うものが施行され、

アイヌにも土地が与えられることになりますが、

すでに良い土地は和人が占領しており、

アイヌの人たちに残された土地は貧しいものばかりだったのです。

 

今まで生きてきた文化も、土地も、

尊厳すら奪ってしまう差別は日本でも行われていたのです。

 

 

差別される理由とは?

差別される理由は、ただ独自の文化を持っていたからでした。

和人とは異なる宗教を信仰し、建築様式、言語、

民族衣装が違う民族を排除しようとしたのが差別の理由です。

 

もとは同じ縄文人なのに、自分たちと違うという点で

差別がおこってしまうというのは悲しいことですね。

 

 

現代も差別が残っているのか?

image003

平成18年に北海道が行ったアイヌの人々への調査としては

かつて差別を受けたことがあるかという質問に

16.8%の人が「はい」と答え、

誰かが差別を受けているのを知っていると答えた人は

19.8%だというものがあります。

このようにアイヌへの差別はいまだに無くならないようです。

 

またこのような差別を避けるために、

アイヌの人々はそれ以外の人々と結婚し、

アイヌを隠してしまう人が多いようです。

 

長く続いた差別によって

アイヌ文化が保護できない状況にあるのも悲しい事ですね。

 

どこか差別と言うとほかの国のことと思っていませんか?

実は私たち日本人にも差別の歴史は存在するのです。

 

自分と違うからと言う理由で差別することは

本当に恐ろしい考えです。

私たちはもっとこの問題について

理解しないといけないのかもしれませんね。

 

関連記事



 

 -生活, 百科事典

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、