アウトドアではくレディースのシューズで知らなきゃ損する夏のおすすめを紹介!!

投稿日:

 

キャンプ、トレッキング、フェスなど、アウト

ドアで履くシューズは使う用途によって使い分け

が必要です。

 

機能性が高い本格的なものから、普段使いも

できる自由度が高いものまでアウトドアシューズ

の種類は様々、自分のアウトドアシーンに合った

靴選びが重要です。

 

今回は、アウトドアシーンだけでなく

デイリーユースにも使いやすい、使う用途が限定

されにくいアウトドアシューズを選びました。

 

本格的な登山やトレッキングには向きませんが、

まずは日帰り登山や軽めのトレッキングを始めた

い方の最初の一足に選んでみてはいかがでしょうか?

 

それでは、アウトドアで履きたいオススメの

レディースシューズをご紹介します。

SPONSORED LINK

アウトドアシューズの選び方

靴(アウトドア用)

ローカットシューズ

足首周りが自由に動きやすい

ローカットシューズ。道が舗装された軽めの

トレッキングやウォーキングなどにオススメです。

 

【注意ポイント】

靴底が柔らかく軽量な分、安定感がなく

悪路には向きません。

 

ミドルカットシューズ

ローカットシューズよりも足首を適度に固定

し、安定感があり動きやすいミドルカットシューズ。

 

靴底は硬すぎず軽量なものも多いので、岩場

の少ない低山登山や、凹凸のない道などに

おすすめです。

 

ハイカットシューズ

くるぶしまでしっかりと固定してくれる

ハイカットシューズ。靴底は厚くて硬く、岩場

や急斜面など足場がよくない場所を歩くときでも

安定感があります。

 

【注意ポイント】

ケガのリスクを減らすことができますが、

硬い靴底は歩きづらく、登山靴に慣れていない

初心者の方は歩きにくいです。

 

 

アウトドアで履きたいオススメのシューズ

 

イギリス発祥のアウトドアブランド、HI−TECの

レディース向けのアウトドアスニーカーです。

 

高いグリップ性と安定性のあるソールは、

アウトドアシーンだけでなく、デイリーユース

の様々なシーンで活躍すること間違いなし。

 

ソールの接着面から水が入りにくい形状は、

水たまりに足が入った程度では靴の中に水が

染み込むことはありません。

 

クッション性の高い素材を使用した

インソールは、抗菌・防臭機能も搭載しています。

 

 

クライミングシューズからインスピレーション

を受けた、スエード地のアッパーデザインが

特徴的な、KEENのアウトドアスニーカー。

 

トレッキングシューズの頑丈さと、コンフォート

シューズの快適さ、いいとこ取りをした一足です。

 

足の疲れや衝撃を軽減してくれる滑りにくい

ソールユニットは、トレッキング、自転車、

スケートボードなど、あらゆるシーンで活躍

してくれます。

 

つま先まであるシューレースはホールド感抜群、

付属のアディッショナルシューレースでカスタ

マイズも楽しめます。

 

 

トレイルランニングのテクノロジーを取り入れ

た、コロンビアの防水トレッキングシューズ。

 

山道を走るために開発されたミッドソールを

応用して快適なクッション性を実現しました。

 

高い防水機能は足を濡れから守り、通気性に優れ

インソールは靴の中の蒸れを軽減します。

 

 

裏山ハイキングから、日帰りトレッキングまで、

幅広く使用できるアディダスのトレッキングシューズ。

 

アッパーには

通気性の高いリップストップナイロン、アウト

ソールにはアディダス独自の防滑TRAXION

ソールを使用することで、抜群のグリップ力

発揮しました。

 

かかと部分に挿入されたADIPRENEは、下る時

の衝撃を吸収し、膝への負担を和らげます。

 

 

低山の縦走やファストパッキングに適した、

ノースフェイスの超軽量シューズ。

 

防水透湿性素材・ゴアテックスをアッパー部分

に使用することで、トレイルランニングシューズ

のような軽さを実現しました。

 

ビブラム・エクスクルーシブソールの

高いグリップ力は、荒れた路面でも安心して使用

できます。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-シューズ, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.