キャンプで持って行く枕にお悩みの方必見!!おすすめを紹介!!

投稿日:

 

キャンプは数日の事なので適当な枕ですまして

しまう方も多いと思います。

 

自宅で使っている枕を持って行くのはかさばり

ますし、だからと言って適当な枕では疲れが

溜まってしまいますよね。

 

近ごろではアウトドア用の枕でも使いやすく

性能もいいものが多く販売されています。

 

アウトドア用の軽くて持ち運び便利な枕を

持参すれば、野外でも快適な夜を過ごすことが

できるので一つは持っておきたいアイテムです。

 

それでは、

キャンプにオススメの枕をご紹介します。

SPONSORED LINK

アウトドア用枕のタイプ

枕

アウトドア用の枕の特徴は軽くて持ち運びが

便利、そして使い勝手が良いことです。

 

コンパクトに収納できる枕なら荷物が

かさばることもありません。

 

インフレータブルタイプ

バルブを開くだけで自動で空気が入るので、

枕を膨らます手間がかかりませんし、空気を

抜くのも簡単です。

 

枕の中にウレタンチップが入っているので、

エアーだけの枕に比べてクッション性は

ありますが、その分ある程度の大きさにしか

小さく折りたためません。

 

エア注入タイプ

枕の中が空気だけなので、空気を抜けば

とてもコンパクトに折りたたむことができます。

 

少し残念ポイント

空気だけなのでクッション性はなく、

穴が開くと使えなくなるのが難点です。

 

スポンジタイプ

枕の中がスポンジになっているので、寝心地が

とてもいいのが特徴です。

コンパクトに収納できないのが難点です。

 

 

キャンプでオススメの枕

 

枕のサイドのバルブを開くだけで、自動的に

空気が入るロゴスのインフレート枕です。

 

枕の膨らみが止まったらバルブをしっかりと

閉めて使用します。

 

張りのある枕がお好みなら、更に口で空気を

吹き込めば枕の硬さを調節できます。

 

 

FIELDOORのインフレータブルピローです。

コンパクトサイズでリュックの中にも入るので、

持ち運びにとっても便利です。

 

インフレータブルピローの中は、空気だけでなく

チップウレタンが入っているので、空気のみの

ピローと比べてクッション性に優れています。

 

さらに、

中央部に凹みを施すことで頭にフィットしや

すく、寝心地も快適です。

 

 

Bears Rockのインフレータブルピローです。

枕についているバルブを緩めると空気を吸収し

膨らみます。空気の量が少ないときは、息を

吹き込んで調節が可能です。

 

枕の中央部が分が窪んでいる設計なので、

頭から首の部分にしっかりとフィットして、

包み込むように頭を支えてくれます。

 

万が一枕が裂けても、

それ以上の進行を防ぐリップトップという縫い

込み方を採用。汚れにも強いので、アウトドア

に最適です。

 

 

キャンプだけでなく、旅先や車内などでも

活躍するスノーピークのマット&ピローです。

 

どこでも使えるので

コストパフォーマンスの高いアイテムです。

 

 

収納袋がついたロゴスの小さくたためる携帯用

です。空気を注入する量で枕の柔らかさや

高さを調整できます。

 

 

ベルベット仕上げで肌触り抜群な、ロゴスの

スカイマルチクッションです。

 

二つ折りにすると枕、広げるとクッション

として使える2way枕です。

収納サイズはコンパクトな単行本サイズです。

 

 

枕の黒い円形部分をモミモミすれば空気が

入る、ロゴスのソフトなエア枕です。

口をつけずに膨らますことができ、

約3〜4分間モミモミすれば枕が膨らみます。

 

アンダーウェアにも用いられている生地を

使用しているので、肌触りがとてもいいです。

 

畳むときは白い小さなボタンを指で押さえ

ながら空気を抜くだけなので簡単です。

 

 

枕の中に角切りのウレタンチップが入った、

ソフトで伸縮性のある枕です。

 

枕を広げて放置しておけば、普通の枕サイズ

まで広がり、使わないときは、ラグビーボール

状に圧縮して収納します。

 

あまり小さく収納はできませんが、自宅の枕と

同じ使用感で眠りたい方にオススメです。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-キャンプ, 旅行・おでかけ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.