キャンプで持って行く布団にお悩みの方必見!!おすすめを紹介!!

更新日:

 

キャンプを快適に過ごすためには、

アウトドア用寝具は必須アイテムです。

 

シュラフ(寝袋)は、種類がたくさんある

のでアウトドア初心者の方では選び方が

よく分からないですよね。

 

夏用、冬用、3シーズン兼用と、季節に

あった形や素材を選ぶ必要がありますし、

価格帯もピンキリです。

 

それでは、

キャンプでオススメのシュラフをご紹介します。

シュラフの形

シュラフの形

封筒型

封筒型はジッパーの開閉が自由にできるので、

掛け布団と敷布団で別々に使用が可能です。

 

シュラフ同士の連結も可能なので、家族で

一緒に寝ることも可能です。

 

マミー型

体をすっぽりと包み込むようなマミー型は、

保温性が高いので一年を通してアウトドア

を楽しむ方にオススメです。

 

コンパクトに収納できるので、登山やツーリング

などにも持ち運びがしやすいです。

 

 

シュラフの素材

シュラフ

ダウン

ダウンは空気をたくさん含むので保温性が

高く、ふかふかしていて寝心地がいいです。

 

コンパクトに収納が可能です。水や汚れに

弱いので洗濯には専用の洗剤が必要です。

 

ダウンに含まれる羽毛の体積が大きいほど、

軽くて暖かく高機能です。

 

ポリエステル

ダウンと比べて重量がありかさばりますが、

みずや汚れに強く手入れがしやすいのが特徴です。

車移動や車中泊が多い方にオススメです。

 

 

使用する季節

キャンプ

使用する季節で選ぶシュラフは変わります。

夏なら温度調節が簡単な封筒型、冬なら

保温力が高いマミー型がオススメです。

 

快適使用温度と限界使用温度が表記されて

いるので、選ぶ際に参考にしてください。

 

※快適使用温度とは、この温度域までの使用

であれば暖かく快適に使用できる温度です。

※限界使用温度とは、この温度域までの使用は

オススメしないが、使用は可能な温度です。

 

つまり、冬のキャンプでは死の危険性もある

ので、この限界使用温度はとても重要です。

 

限界使用温度の基準は、夏なら5〜10℃、

冬なら–5℃以下、3シーズン兼用なら–5

〜5℃です。

 

 

キャンプにオススメの布団

 

スノーピークの”オフトン”(セパレートシュラ

フ)です。”掛け布団”と”敷き布団”に分離できる

ので、普段のお布団と同じような感覚で使うこと

ができます。

 

一般的なシュラフは、マミー型と呼ばれる人が

包み込まれるようなタイプですが、窮屈な感じ

が苦手な方もいます。

 

暑い時期は足元だけ解放してトンネル型にした

り、オフトン同士の連結も可能な自由度の高い

シュラフです。

 

通常サイズとワイドサイズを選べるので、体の

大きな男性でも快適に眠ることができます。

 

 

洗濯機で丸洗い可能なコールマンのシュラフ

です。ストッパーにより収納時のスリーピング

バッグのズレを防止し、簡単にロールアップ

することができます。

薄手のシュラフなので、夏のキャンプに最適です。

 

 

多孔質ポリウレタン防水コーティング素材を

使用した、ナンガのシュラフです。

 

2レイヤーで高レベルの防水透湿性能を可能に

し、雨の粒子を防ぎながらも水蒸気は放出させ

るという優れた特性があります。

 

 

春から夏のテント泊にぴったりの保温性を

持ったイスカのシュラフです。

 

保温性と軽量性のバランスが優れているので、

初めてのテント泊の方にもオススメです。

 

《特徴》

効果的に保温性を高めるために、寒さに敏感

な足元と胸側はボックス構造に、体重がかかる

背中側はシングル構造で仕上げています。

 

 

こちらは、アイスランド極寒地域遠征軍も

使用している、チェコのアウトドアメーカー

Huskyのマミー型シュラフです。

 

適温温度は-12度、極限温度はなんと-28

!!ふかふかのお布団のような寝心地を追

求したダブルレイヤー構造は、外気をシャッ

トダウンして、より高いレベルで保温状態を

キープします。

 

また、極上の肌触りを追求したDupont社製

ソフトナイロンは、屋外でも心地よい眠り

を誘います。

 

ヨーロッパの厳しい審査をクリアし、世界の

さまざまな極寒地域で愛用されている確かな

品質と暖かさです。本格的な冬キャンプにチ

ャレンジしてみたい方にオススメの一品です。

 

 

ミニバン車中泊にぴったりな、コールマンの

スリーピングバッグです。

 

出し入れ簡単で、車内にもフィットする

クッション型ケース付きです。

 

別売りのアドベンチャークイックベッドと

組み合わせれば、さらに快適な空間を作る

ことができます。

 

 

ミニバン車中泊をさらに快適に過ごせる、

コールマンのアドベンチャークイックベッドです。

 

エアーベッドの厚みにより、段差のある床でも

凹凸を吸収し、フラットな状態で快適に眠る

ことができます。

 

バルブの開閉で簡単に空気を注入することが

でき、空気漏れを防ぐダブルロックバルブ付き

です。

 

 

子供の身長に合わせてサイズ調節が可能

コールマンのシュラフです。

 

余分なスペースをなくして暖かさをよりキープ

できる、アジャスタブルスリーピングバッグです。

 

アジャスタブルファスナーにより、身長に合わせ

2段階調節が可能です。

 

 

大人二人でも余裕のゆったりサイズ!!洗濯

機で丸洗い可能な封筒型の冬用シュラフです。

 

寝袋は1人用サイズが主流ですが、こちらは

185cm×145cmとかなり大きめ。だけど付属

の収納袋に圧縮して収めれば35cm×28cm

とってもコンパクト!!押し入れに閉まって

おけば、急な来客時の臨時のお布団としても

活用できますね。

 

足元から両サイドに開閉できますので、まだ

暑さが残る秋口の使用でも通気が出来て涼し

く快適な寝心地を実感できます。

耐寒温度は、厚手の服を着用でのご使用なら

-5度まで可能。季節に応じて調節すれば、

-5度~15度の環境で幅広くご利用いただけ

ます。

 

ファスナーを全て外して分離すれば、ふたつ

の独立した寝袋として使えるのも嬉しい工夫

ですね。

 

寒い冬キャンプでも親子や恋人と一緒に入れ

ばポカポカと暖かくなって、二人の仲もより

一層深まることでしょう。

 

-キャンプ, 旅行・おでかけ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.