キャンプに便利なランタンは?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

キャンプの必須アイテムのランタンは種類

豊富なので、選び方に迷ってしまいますよね。

 

ランタンはただ明るければいいものではなく、

使う用途によって選び方が変わります。

 

配置する場所ランタンの明るさでキャンプ

の雰囲気が変わりますので、ランタンの選び方

はとても重要です。

 

それでは、ナイトキャンプのムードを変える、

オススメのランタンを紹介します。

SPONSORED LINK

ランタンの選び方

ランタン

メインランタン

全体を明るく照らす役割のメインランタン

は、高い位置に吊るして使用します。

 

キャンプスペース全体を照らすものなので、

光量が多い”ガソリンランタン”や”ガスラン

タン”がオススメです。

 

200W前後の明るさのランタンを選べば、

十分明るさを確保することができます。

 

メインランタンを一番明るくすることで、

虫をテーブル周りに寄せ付けない効果も

あります。

 

テーブルランタン

テーブルの中心に置いて身の回りを照らす

役割のテーブルランタンは、明るさが重要

です。

 

明るすぎると虫がランタンの周りに集まって

しまうので、少し暗めの50〜150Wの

ランタンを選ぶと良いです。

 

また人との距離が近いので、柔らかい光の

方が落ち着いた雰囲気を演出できます。

”キャンドルランタン”や”ガスランタン”で

照らすのがオススメです。

 

テント用ランタン

テントの中を照らすランタンは、閉じた空間

で使用するのでガソリンやガスを使用した

ランタンでは危険です。

 

一酸化炭素中毒や引火の危険もありますので、

”LEDランタン”がオススメです。

 

テント内も明るすぎない柔らかい光の方が

落ち着いた雰囲気になり、ゆったりとした

時間を過ごすことができます。

 

 

ランタンの特徴とオススメを紹介

ランタン

ランタンには、ガソリンや灯油、ガス、LED

から選ぶことができます。

 

ガソリン・灯油

ガソリン・灯油のメリットは、光量が大きく

燃料コストが安いことです。

気温にも左右されにくいので、雪山など寒い

場所でも使用することができます。

 

デメリットは、使用時に手間がかかること

です。ポンピングといって、ガソリンを気化

する作業を行う必要があります。

 

 

点火装置がついたガソリン使用のランタンです。

従来の電圧式ではなく、電池式なのでスムーズ

で確実な着火が可能です。

 

ポンピングの目安となる、

プレッシャーインジケーターがついています。

 

ガス

ガスのメリットは、ポンピングなど使用時の

手間がないことです。キャンプ初心者の方

でも扱いやすく光量も大きめです。

 

デメリットは、燃料コストが高いことと、

寒い場所に向いていないことです。

 

 

プロパンガスをミックスし、安定的な高火力

と大光量なランタンです。

 

点火装置がついているので、着火がスムーズ

に行えます。ダイヤル式の燃料パルプは、火力

調整が簡単に行えます。

 

ベンチレーター、グローブ、グローブガード、

ベイルの一体構造でマントルの装着も簡単です。

 

LED

LEDのメリットは、スイッチをON・OFFする

だけで簡単に使用することができることです。

 

光量が小さいので、

テント内や車内での使用に向いています。

 

デメリットは、光量が小さいため広い空間

での使用には向いていないことです。

近年では”大光量LEDランタン”を使用して

いる方も増えています。

 

 

目に優しい暖色系のLEDを使用したランタンです。

ハンガーフックとビルトインフックがついて

いるので、テーブルに置いても、タープのポール

に吊るすこともできます。

 

電源をOFFにしている時でも、本体の場所が

わかる本体認識表示灯付きです。

アウトドアだけでなく、停電や災害時にもある

と便利です。

 

ランタンの灯りは、自然の中で快適な光を

提供してくれるだけではなく、ランタン特有

の柔らかな灯りがキャンプの雰囲気を演出して

くれます。

 

ランタンの光が作り出す、日常では味わえない

空間を楽しんでください。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-キャンプ, 旅行・おでかけ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.