ニット帽をかぶる時期はいつからいつまで?かぶるとまずい季節があるのかを紹介!!

投稿日:

 

ニット帽といえば、

秋冬にかぶるイメージですよね。

でも、

秋冬以外にも、ニット帽をかぶっている人

も街中では見かけることがあります。

 

  • ニット帽には、かぶる季節ってあると思いますか?
  • かぶってはいけない時期もあるのでしょうか?

ニット帽は、いつからいつまでかぶっても

いいものなのか、疑問にお答えします!

SPONSORED LINK

 

ニット帽って、いつからいつまでがいいのかあるの?

ニット帽は、秋冬にかぶるのが一般的ですよね。

9月から秋だと言われているので、暦で言う

と9月にかぶっていても良いのですが地域に

もよりますが、

 

9月は、まだ夏が終わったばかりで、少し暑

い日もあったりして、まだかぶっている人が

少ないので、9月は夏と言っても、ニット帽

をかぶるには少し早いかもしれませんね。

 

一般的には、11月から3月まで、かぶると

いう方が多いようです。

 

ですが、最近は秋冬など寒い季節だけに限ら

ず、春はもちろん、夏にもニット帽をかぶっ

ている人を見かけることがありませんか?

 

夏なのに暑くないの?と思ってしまいますが、

実はニット帽の素材に秘密があります!

たくさんの毛糸

 

 

ニット帽って春夏にもかぶっていいの?

秋冬にかぶるニット帽は、保温性が良いもの

がおすすめなので保温保湿に優れている動物

性の素材で作られているウールがおすすめで

すが、

 

敏感肌だから、オーガニックの素材が良いと

いう方など以外には、秋冬にかぶるニット帽

の素材まで気にして選んでいる方は少ないの

でしょうか。

 

ですが、春や夏にかぶるニット帽の場合は、

秋冬と同じ素材のニット帽をかぶると見た目

にも違和感がありますし、暑くて、ずっとか

ぶれたものではないですよね。

 

そこで

大事なのが、ニット帽の素材選びになります。

素材を季節に合わせて選べば、春夏にニット

帽をかぶっていても、暑くて仕方ないなんて

こともないので、素材を気にしてニット帽を

選んでみてくださいね。

 ニット帽子をかぶった女性

 

 

春夏におすすめのニット帽の素材は?

春夏には、

コットンリネンという素材がおすすめです。

 

コットンは、肌触りもよく耐久性もある綿です。

汗をよく吸う特徴がありますが、速乾性はあ

まりないので、すぐ乾かない分、ジトジトし

て逆に暑く感じてしまうこともあります。

 

そこで、おすすめなのが、コットンリネン

いう素材です。

 

コットンリネンとは

リネンは、何かと言うと、麻のことです。

コットンとリネンでコットンリネンと呼ばれ

ていて、コットンとリネンを織り混ぜた素材

なので、コットンの特徴である肌触りや耐久

性、吸水性の良さが、速乾性のあるリネン

混ざって良いとこ取りの素材です。

 

リネン(麻)には、チクチクする印象を持って

いる方も多いと思いますが、コットンと織り

混ぜることで、チクチクした感触はありません。

 

コットンもリネンも、もともとは植物の繊維

ということもあり、通気性も良いため、汗ば

む季節には、とても良い素材なのでおすすめ

です。

 

もうひとつ、夏におすすめの素材は、

サマーウールという素材です。

別名クールウールとも呼ばれています。

 

サマーウールとは

羊毛を細く撚って織られているもので、コットンやコットンリネンと同じく、天然素材

が持つ特有の通気性の良さが特徴で、汗をかく

夏には、とても重宝される素材として知られて

います。

 

薄手なのに、丈夫な素材なので、夏には汗を

かいて着るのが楽ではない、着物やスーツな

どにも、よく使用されています。

 

春夏にかぶるニット帽は、蒸れたりしないよ

うに通気性が一番大事です。

 

コットン、コットンリネン、サマーウールが

使われているニット帽は、そんな心配がいら

ないので、素材をきちんと選べば、

ニット帽は、秋冬だけに限らず、1年中かぶる

ことが出来ますよ。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-帽子, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.